1.大阪府 2.河内国

阪合神社 (大阪府八尾市小阪合町)

更新日:

社号 阪合神社
読み さかあい
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府八尾市小阪合町
旧国郡 河内国若江郡小坂合村
御祭神 瓊瓊杵尊、彦火火出見尊
社格 式内社、旧村社
例祭 10月12日

 

阪合神社の概要

大阪府八尾市小阪合町に鎮座する式内社です。明治四十年に矢作神社に合祀されましたが、昭和三十二年(1957年)に再び独立し旧地に復興しました。

当社の創建、由緒は詳らかでありませんが、社名や地名から推して当地に居住した坂合部氏が祖神を祀ったと考えられます。『古事記』には神八井耳命を祖とする数多くの氏族の中に坂合部連を記しています。また『新撰姓氏録』に次の五氏が登載されています。

  • 大和国皇別 坂合部首(大彦命の後)
  • 摂津国皇別 坂合部(大彦命の後。允恭天皇の御世、国境の標を造立したことにより坂合部連の姓を賜る)
  • 左京神別 坂合部宿祢(火明命の八世孫、迩倍足尼の後)
  • 右京神別 坂合部宿祢(火闌降命八世孫、迩倍足尼の後)
  • 和泉国神別 坂合部(火闌降命七世孫、夜麻等古命の後)

皇別氏族の前二氏と神別氏族の後三氏の二系統に分かれています。摂津国皇別の坂合部に記されているように国境の標を立てたとあり、境界の裁定・管理等を担った氏族と思われます。いくつかの系統がこの職掌に携わったようで、『新撰姓氏録』には河内国に登載されていませんが、当地にもいずれかの系統の坂合部氏が居住していたのでしょう。ただ当地が特に何らかの境界だったようには思えませんが、古くはまた事情が違っていたのでしょうか。

坂合部氏の祖神を祀るなら御祭神は神八井耳命、大彦命、火明・火闌降命等となるように思いますが、実際はどういうわけか瓊瓊杵尊彦火火出見尊を祀っています。火闌降命の父が瓊瓊杵尊、弟が彦火火出見尊となるわけで、神別の坂合部氏と関係があるとはいえ微妙なズレがあります。当地の坂合部氏の伝承なのか、長い歴史の中で錯綜があったのか、それとも全く別のところに由来があるのか。気になるところです。

 

境内の様子

境内入口。周囲は完全に住宅に囲まれており、住宅地の一画の公園といった雰囲気があります。

 

鳥居をくぐって正面に西向きの真新しい社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに向拝が付いています。境内に手水舎等の設備は無く、簡素を極めています。

 

本殿は流造。千木が内削ぎになってるのが非常に気になります。

 

社殿の左側(北側)にけいだいしゃの「鳴戸神社」が鎮座。「豊玉姫命」を祀っているようです。豊玉姫命は本社祭神の彦火火出見尊の妻ですが関係あるのでしょうか。雨乞いの神が豊玉姫命とされることもあるのでそちらの可能性もあるかもしれません。

 

境内は方形の区画に社殿と境内社が建つのみで、やや物寂しい印象があります。しかし一旦合祀されながらも復旧し、旧地での祭祀が再開されただけでも素晴らしいことと感じます。

 

タマヨリ姫
阪合とはつまり境。この神社を祀った坂合部氏は境界を守った人たちだったんだよね!ここも昔は境界だったのかな?
さあ、それはわからないわ。でもここの「小阪合」という地名は古くからあったみたいね。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「式内社 阪合神社 二座」

+ 開く

式内社 阪合神社 二座

延喜式では小社に列せられており、現在、瓊々杵命と彦火火出見命を祀っている。「三大実録」に元慶七年(八八三)「河内国正六位上堺神ニ従五位下ヲ授ク」とあり、古代は坂合部連の祖神を祀つていたと考えられる。坂合部連の祖は、「旧事本紀」に「火明命十六世孫」とある。

近世には、小阪合村の氏神として崇拝されていたが、明治四十年八月二十日矢作神社に合祀された後、昭和三十二年旧社地に復興した。楠根川を挟んだ南西側には、古墳時代の集落跡である小阪合遺跡がある。

八尾市教育委員会

『河内名所図会』

+ 開く

坂合神社

小坂合村にあり。延喜式出。三代実録云 元慶七年十二月授従五位下。この所の生土神とす。

 

地図

大阪府八尾市小阪合町

 

関係する寺社等

矢作神社 (大阪府八尾市南本町)

社号 矢作神社 読み やはぎ 通称 旧呼称 掃部別宮、別宮八幡宮 等 鎮座地 大阪府八尾市南本町 旧国郡 河内国若江郡別宮村 御祭神 経津主神、住吉三神、品陀和気命、八重事代主命 社格 式内社 例祭 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.