1.大阪府 2.河内国

咸古神社 (大阪府富田林市龍泉)

投稿日:

社号 咸古神社
読み かんこ
通称
旧呼称 牛頭天王 等
鎮座地 大阪府富田林市龍泉
旧国郡 河内国石川郡龍泉村
御祭神 神八井耳尊
社格 式内社、旧村社
例祭 10月17日

 

咸古神社の概要

大阪府富田林市龍泉に鎮座する式内社です。隣接する龍泉寺と境内を共有しています。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、龍泉寺の縁起では当社の創建を弘仁十四年(823年)としています。

当地付近は「紺口県(こむくのあがた)」と呼ばれていました。『新撰姓氏録』河内国皇別に神八井耳命の後裔であるという「紺口県主」が登載されており、この氏族が紺口県を支配したようです。当社についてもこの氏族が祖神である「神八井耳尊」を祀ったのが創建とする説が有力です。

なお、『倭名類聚抄』河内国石川郡に「紺口郷」が記載されており、紺口県は郷として引き継がれたようです。

さて当社は隣接する高野山真言宗の寺院「龍泉寺」の鎮守でもありました。龍泉寺は推古天皇二年(594年)に蘇我馬子が創建したと伝えられています。龍泉寺には次のような縁起が伝えられています。

この地の池に悪龍が住み、人々に害をなしていたので、蘇我馬子が呪を誦して法を修すると龍は仏法の威により飛び去った。しかしその後は水が涸れて寺も里も衰退してしまった。その後、弘仁十四年(823年)に弘法大師が当地を訪れ加持祈祷したところ、仏法によって改心した龍が戻り水も再び豊かに湧いた。そこで池の三島に聖天・弁財天・叱天を祀り、牛頭天王を鎮守とした。

この牛頭天王を当社としています。龍泉寺は薬師如来を本尊とする一方、山号を「牛頭山」と称し、牛頭天王もまた極めて重要な地位にあったことが偲ばれます。

龍泉寺は天長五年(828年)に本格的に伽藍が整備され、23もの僧房もあったようですが、南北朝時代に楠木正成が当地に城を築き兵火に罹ったため、殆どが消失したと伝えられています。しかし鎌倉時代の仁王門(国指定重要文化財)および金剛力士立像(府指定有形文化財)が残っている他、同じく鎌倉時代頃の庭園(国指定名勝)も残っており、歴史ある名刹としての風情を今に伝えています。

 

咸古佐備神社

咸古神社に合祀されている式内社です。

元は甘南備村(現・甘南備地区)に鎮座していましたが、明治四十二年に神社合祀政策により咸古神社に合祀されました。旧地は痕跡が残っておらず、どこに鎮座していたのかすらもはっきりしないようです。

御祭神は「天太玉命」。当社の創建・由緒は詳らかでありません。「佐備神社」と同様に天太玉命が祀られていますが、奉斎氏族は忌部氏なのか、佐味朝臣なのか、それとも紺口県主なのか、はっきりしません。勿論いずれでもない可能性もあります。

旧地の地名「甘南備(かんなび)」とは「神奈備」の意で、神の宿る依代、神域のことを指します。当社の鎮座地が「神奈備」として古くから神聖視されてきたのでしょうか。当社は古い素朴な信仰から始まったのかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。五月にはツツジが咲き誇りとても綺麗です。

当社は龍泉寺の境内にあるため、参拝するには龍泉寺の拝観料として300円を納める必要がります。

 

寺務所で拝観料を納め、まっすぐに進んでいくと朱の施された美しい八脚門の仁王門が建っています。鎌倉時代に建立されたもので、大阪府内でも特に古い建築であり、国指定重要文化財となっています。

 

また仁王門に納められている金剛力士像も鎌倉時代の彫像で、大阪府指定有形文化財となっています。非常に迫力あり躍動感あふれる像です。

案内板

+ 開く

龍泉寺仁王門

重要文化財

装飾も少く斗ぐみも三つ斗の簡素な門で中の柱間を広く構え妻の方には親柱筋の肘木を突出してある等奈良時代の様式が取り入れられて堂々とした風格を備え細部手法から見て鎌倉時代中期の建立で府下唯一の古い八脚門であるばかりでなくこの種の遺構は全国的に見て十指のうちに数えられる貴重な存在である。

金剛力士立像 二躯

府指定文化財

阿形吽形とも一丈二尺(三六四糎)前後桧材寄木造の像である。玉眼両腕脚の一部などは欅材の後補になるが頭部体躯はほぼ鎌倉当初材を留めそれらは各々頸の付根躰の前後さらに前躯を左右に矧ぐ阿吽の表情や体躯の彫技には本格的な造形手法がみられ写実的表現には看過せないものがある。

 

普通ならば仁王門をくぐり龍泉寺へ参拝という流れですが、ここでは先に咸古神社へ参拝します。仁王門の右側(東側)に鳥居が建っており、こちらが当社の一の鳥居となります。

 

龍泉寺の東に伸びる参道を進んでいくと二の鳥居が建っています。周囲も木々が剪定され綺麗に整備された空間だったのが、鬱蒼とした社叢の広がる空間へと変わってきます。

 

二の鳥居をくぐると左側(西側)に手水舎があります。

 

正面の石段・石垣の上に瑞垣が廻らされ、その奥に南向きの社殿が建っています。赤い銅板屋根が印象的です。

この地は龍泉寺が主で当社が従といった構成で、当社は奥へ追いやられたようにひっそりと鎮座しています。龍泉寺への参拝客もここまで足を運ぶことは殆ど無いようです。

 

社殿前の狛犬。花崗岩製で整った顔つきです。

 

瑞垣との間が非常に狭いので写真が難しいのですが、瑞垣の中門をくぐると拝殿が建っています。平入の入母屋造で小さな向拝の付いた簡素な建築です。

 

本殿は大型の一間社春日造です。本殿と拝殿は屋根付きの廊下で接続しています。

 

本殿両脇の狛犬。和泉砂岩製で、こちらの方がやや古そうです。

 

本殿の左側(西側)に鎮座する境内社。社名・祭神等は不明です。

 

そして本殿の右側(東側)にある謎の石積み。これは一体何なのでしょう。非常に気になるところです。

 

牛頭山龍泉寺

さて仁王門に戻り、龍泉寺の方も見ていきます。

 

仁王門をくぐってすぐ右側(東側)のところにある鐘堂と礎石。礎石はどうも奈良時代のものらしく、当寺の歴史の古さが窺われます。

 

仁王門から真っすぐ正面に南向きの本堂が建っています。本堂は平入の入母屋造に向拝の付いたもの。本尊として「薬師如来」が安置されています。

咸古神社と龍泉寺のように、境内を共有する神社と寺院が同じ向きで建つ場合、当サイトでは「並行型」と分類しています。ただし横に並んでいるわけでなく咸古神社は奥に鎮座するので「前後型」とするのが良いのかもしれません。

 

本堂手前の左側(西側)にあるお堂。「大日如来」が安置されていますが、案内板には「聖天堂」とあります。

 

当寺の特徴はやはり何と言っても境内西側にある池です。「龍泉寺」の号の由来にもなりました。池の前に鳥居が建ち、池の中には三つの島があってそれぞれに祠が建っています。鎌倉時代の庭園として貴重なもので、国指定名勝となっています。

この池の由来については上記「概要」もしくは下記「由緒」をご覧ください。

 

池の中央の島には石橋が架かり、「弁財天」を祀る春日造の祠が建っています。この建築は桃山時代のもののようですが、建造物としては特に文化財指定はされていないようです。

 

池の左側の島には「叱天」、右側の島には「聖天」を祀っています。

案内板「龍泉庭園 国指定名勝」

+ 開く

龍泉庭園 国指定名勝

園地は南北60m、東西45mあり、南北一列に3島を配している。中央中島には春日造(桃山時代)の祠に弁財天を祀り、左島には(口乇)天、右島には聖天を祀る。その形態は寛文9年(1669年)の当寺所蔵の古図とほとんど同じである。また池水は伽藍北西隅から湧出する豊富な水を湛えたもので、信仰と鑑賞を兼ね合わせたものと思われる。寺域を囲む樹林、北面にそびえる嶽山を含めて、静寂幽すいな景観を作り出しており、この地方にまれな鎌倉時代頃の庭園として貴重である。

 

池の北側には「雨井戸」があります。「龍王井戸」とも呼ばれているようです。

 

雨井戸とは別に池の西側に「閼伽」がありました。

 

花の季節はやはりなかなか美しいものです。

 

当寺は嶽山の中腹にあり、西側の墓地からは葛城山や金剛山が見渡せます。

 

また当社・当寺の入口付近からも果樹園や棚田の広がる美しい丘陵地帯の風景を眺めることができます。

 

タマヨリ姫
咸古神社は江戸時代以前は牛頭天王を祀ってたんだってね。龍泉寺の牛頭山って山号もこの牛頭天王のことなのかな?
その通りよ。咸古神社は元々は紺口県主が祖神を祀ったとも考えられるけれど、歴史と共に龍泉寺の鎮守社となってまた神格も変わっていったことと思うわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「龍泉寺」

+ 開く

龍泉寺

龍泉寺は、推古天皇2年(594年)、仏教興隆のため、蘇我馬子が創建した寺院と伝えられている。寺伝によると、この地に悪龍が住む池があり、里人に害を与えていたので、馬子が呪を誦し法を修すると、龍は仏法の威に勝てず飛び去った。しかし、その後付近一帯は水が枯れて寺も里も衰えてしまったが、弘仁14年(823年)正月8日、弘法大師が加持祈誓すると、法味に感じた龍が再来し、水も豊かになったので、これにちなんで池の3島には弁財天、聖天、(口乇)天をそれぞれ祠り、牛頭天王を鎮守薬師如来とした。天長5年(828年)、淳和天皇の命をうけた藤原冬緒が伽藍を再興し、本尊を薬師如来として牛頭山龍泉寺医王院の号を賜った。その当時は、堂塔をはじめ23の僧坊を周備していたが、南北朝時代、楠正成が龍泉寺山(嶽山)に城を設けたため兵火にかかり、ほとんど焼失した。
龍池と伝えられる池は古代庭園(国指定名勝)として貴重で、弘法大師が龍王を祠った井戸は「雨乞井戸」といわれ、現在も残っている。また奈良時代の塔の礎石、鎌倉時代の仁王門(重要文化財)、南北朝時代の聖徳太子二歳像、同納入品の印仏(府指定)などがあり、昔時を偲ぶ瓦も多数出土している。

『河内名所図会』

+ 開く

牛頭山龍泉寺医王院

龍泉村にあり。古義、真言宗。

本尊薬師仏 聖徳太子御作。長一尺五寸。日光、月光、十二神将を安す。

毘沙門天 本堂に安す。龍泉寺城守護の尊天なり。

鎮守咸古神社 鍬靫。今、牛頭天王と称す。本堂の後にあり。延喜式出。例祭、九月九日。当村と甘南備村との生土神なり。

不動尊 本堂に安す。弘法大師の作。長一尺五寸許。

韋駄天祠 本堂の後、西の方にあり。

弁財天祠 西の方池中に鎮座す。祈雨の時、応験あり。

それ、此寺は推古天皇二年、蘇我馬子大臣、勅を受く。こゝに仏宇を営んとす。然るに、悪龍、池中に棲んで、人民を悩す。馬子、神呪を誦しける事十七ヶ日、悪龍、威験に恐れて、此地を飛去る。此時、水涸るゝ事十余町、帝、こゝに梵刹を建て、十二願主を架して、郡類を利せんとす。厥后、次第に水脈乏しく、護する人なく、空く荒廃す。弘仁十四年正月八日、弘法大師こゝに来り、伽藍の荒蕪を歎き、善女龍王を祭、又、弁財天を勧請し、龍池を埋て精舎を再営し給ふ。於茲、淳和帝、勅して、正三位中納言冬緒卿を奉行とし、勅願寺となりぬ。自爾、密風域内に潤ふて、再び宗儀繁栄す。善女、弁天の橋の辺には、龍燈かゝやき、宝算万歳を祈り、日々に六種の供をまし、甲乙を二塔に告て、月々に両部の法を修す。瑞歯肥て甘露の味をまし、鳥は馴て密呪を誦す。堂塔、山門、鎮守神祠、宝庫には、大師書造の経疏、仏像多し。子院、廿五宇に逮べり。今に、大師の古蹟を御住坊といふ影堂あり。真如法親王、此室ををとづれ給ひしかば、
かくはかり達磨をしれる君なれば陀多謁当まてはいたる也けり   弘法大師
一盤石あり。霊水、常に其上に涌上る。其したに八角の井筒あり。大師、八龍に標して、手づからこれを作り給ふ。旱天に雨を祷るに験あり。ある時、当山の本尊に、黄門定家卿立願ありし時、
十あまり二つのちかひきよくしてみかける玉のひかりをそしる   定家卿
右、当山の寺記は、むかしより侍りて、其筆は正三位資順卿、画は中務権大輔康致朝臣とぞ云伝へ侍る。

咸古佐備神社

甘南備村にあり。この地の生土神とす。

 

地図

大阪府富田林市龍泉

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.