1.大阪府 2.河内国

黒田神社 (大阪府藤井寺市北條町)

更新日:

社号 黒田神社
読み くろだ
通称
旧呼称 北條天神、天王 等
鎮座地 大阪府藤井寺市北條町
旧国郡 河内国志紀郡北條村
御祭神 天御中主大神、天照皇大神、武甕槌命、経津主神、天児屋根命、比咩大神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月8日

 

黒田神社の概要

大阪府藤井寺市北條町に鎮座する式内社です。

社伝によれば、「仁徳天皇の御代に瑞垣を建立し祭祀された」とされ、「現在の御祭神は称徳天皇神護景雲二年に祭祀され」たと伝えられています。

社伝の通り神護景雲二年(768年)から現在の御祭神が祀られていたとしたら驚くべきことです。天御中主大神は日本神話の天地開闢の際に登場する観念的な神で、江戸時代に妙見宮や水天宮だった神社が明治の神仏分離で祭神を天御中主大神に変えた例は多くありますが、妙見宮や水天宮でもなかったのに天御中主大神を祀る神社は非常に珍しいと言えます。畿内で同様に妙見宮でも水天宮でもないのに天御中主大神を祀る神社に大阪府守口市の高瀬神社や兵庫県西宮市の岡太神社などがあります。

江戸時代には当社は北條天神、もしくは天王と呼ばれていたようで、天王とは牛頭天王、天神とは菅原道真公を祀ることが多いのですが、当社の場合は両神を祀った形跡が見当たりません。天神とは「テンジン」でなく「アマツカミ」の意で、それこそ天御中主大神を祀る神社であることを示したものだったのかもしれません。

また社伝には「神武天皇の御子神八井耳命のかくし廟所といわれ」とありますが、当社の祭神と関係のなさそうな一文です。そのような伝承があったのでしょうか。河内国志紀郡に居住した志紀氏が神八井耳命を祖とすることに因むと思われるものの、志紀氏が当社を奉斎したかどうかは不明です。ただ、当社のすぐ近くに志紀県主が祖神を祀ったとされる志紀県主神社が鎮座しており、志紀氏が当地付近に居住していた可能性は十分に考えられます。

前述のように社伝では志紀氏の存在を匂わせているものの、当社の奉斎氏族は不明です。一説に当地に呉からの渡来系氏族が居住していたので呉田が訛って黒田になったとか、また一説に藤原氏系図に黒田大連の名が見えることから中臣系の氏族が奉斎したとも言われますが、いずれも推測の域を出ません。

当社の地形を見てみると、すぐ南に鎮座する志紀県主神社が台地の上に立地しているのに対し、当社は台地の下の低地に鎮座しています。開拓に適した肥沃な地だったと思われ、社名に「田」の字があることからしても稲作に関する祭祀が行われていたのかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。境内北東の注連柱から敷地に入り、東向きに建つ鳥居へと進みます。

 

鳥居をくぐると左手に手水舎があります。参道の左右には柵で囲まれた灯籠が並んでおり、江戸時代に奉納されたものが多いようです。

 

正面に東向きの社殿が建っています。拝殿は真新しいもので、平入の入母屋造りに千鳥破風と唐破風付きの向拝が付いています。

 

本殿は三間社流造で、幣殿と一体化した形になっています。

 

拝殿の左側(南側)に「恵美須神社」が鎮座しています。

 

社殿の左奥(南西)に「宇迦之魂神」が祀られています。

 

社殿の右奥(北西)には「天押雲根神」が祀られています。

 

拝殿の右側(北側)に「大鶴大明神」が鎮座。このように境内社が社殿の四隅に鎮座しています。

 

境内にはクスノキの巨樹もあり御神木となっています。古くからの神域だったことを示すものでしょうか。

 

タマヨリ姫
天御中主神って日本神話で最初に登場した神様だよね?
そうよ。江戸時代に妙見宮や水天宮だった神社は明治にこの神様に変わったところが多いけれど、そうじゃないのにこの神様を祀ってるのはとても珍しいのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「式内 黒田神社御縁起」

+ 開く

式内 黒田神社御縁起

鎮座地

藤井寺市北條町(河内国志紀郡北條村馬場)

御祭神

本社

天御中主大神 天照皇大神
武甕槌神   經津主神
天児屋根命  比咩大神

末社

天押雲根大神 稲荷大神
八幡大神   恵美須大神

祭日

七月十七日 十月九日

御由緒

古傳には神武天皇の御子神八井耳命のかくし廟所といわれ仁徳天皇の御代に瑞垣を建立し祭祀されたという。

現在の御祭神は称徳天皇神護景雲二年に祭祀され平安時代初期の延喜式神名帳に載る式内の古社である。

中世より北條天神或は天王と称しまた「神名帳考証」には稲霊を祭るとあり主たる御祭神天御中主大神を祭祀するお社は畿内にも少なく御神徳は極めて高い。

明治五年村社に列し柏原地区(旧柏原村・市村新田)北條地区林地区の産土神である。

かつて境内地は五千坪以上を擁し梅の名所として「河内鑑名所記」に俳句が残されている。また建徳三年寄進の石燈籠一基を蔵す。

昭和四十四年十月御分霊を柏原市今町塩殿神社に同市上市春日神社とともに合祀し当社の分社として柏原黒田神社を奉斎す。

『河内名所図会』

+ 開く

黒田神社

北條村にあり。延喜式に出。今天神と称す。この地の生土神なり。

 

地図

大阪府藤井寺市北條町

 

関係する寺社等

志疑神社 (大阪府藤井寺市大井)

社号 志疑神社 読み しぎ 通称 旧呼称 天王 等 鎮座地 大阪府藤井寺市大井 旧国郡 河内国志紀郡大井村 御祭神 素盞鳴命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月9日 式内社 河内國志紀郡 志疑神社 & ...

続きを見る

高瀬神社 (大阪府守口市馬場町)

社号 高瀬神社 読み たかせ 通称 旧呼称 八幡宮 等 鎮座地 大阪府守口市馬場町 旧国郡 河内国茨田郡世木村 御祭神 天之御中主命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月22日 式内社 河内國茨田郡 高 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.