1.大阪府 2.河内国

樟本神社 (大阪府八尾市木の本)

投稿日:

社号 樟本神社
読み くすもと
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府八尾市木の本
旧国郡 河内国丹北郡木本村
御祭神 布都大神
社格 式内社
例祭 10月9日

 

樟本神社の概要

大阪府八尾市木の本に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。社伝によれば、当地付近を拠点とした物部守屋が稲村城の守護神として布都大神を祀ったとしています。『日本書紀』において蘇我氏と物部氏の戦い(丁未の乱)の際、物部守屋は「稲城」を造ったとあり、また守屋は衣摺の朴の木に昇って雨の如く矢を射たと記されています。社伝はこの記述を元にしていると思われ、物部氏、特に守屋ゆかりの神社であるとしています。

式内社「樟本神社」の論社は木の本地区(当社)、南木の本地区北木の本地区の三社があります。『延喜式』神名帳には三座とありますが、社伝では村を三つに分けた際に一座ずつ分祀し、現在の三社となったとしています。三社の内のいずれかが元々の「樟本神社」ということになるのでしょうか。

とはいえ、現在の御祭神は三社とも「布都大神」となっています。布都大神とは石上神宮に祀られる霊剣に宿る神霊を指すと思われ、物部氏と極めて関係の深い神です。石上神宮では「布都御魂大神(布都御魂剣に宿る神霊)」「布留御魂大神(十種神宝に宿る神霊)」「布都斯魂大神(天羽々斬剣に宿る神霊)」を祀っており、樟本神社でもこの三神を祀っていたと思われます。一柱ずつ分祀してそれぞれを「布都大神」と呼んでいるのでしょう。

周辺には「物部守屋の墓」「鏑矢塚」等、物部守屋に関わる史跡が数多くあります。今でこそ小さな神社ですが、祭祀氏族である物部氏の拠点の地に祀られた重要な神社だったことが窺われます。

 

境内の様子

境内入口。真っ赤な両部鳥居が建っています。小さな神社で、境内に手水舎等の設備はありません。

 

鳥居をくぐって正面に東向きの社殿が建っています。拝殿は平入の切妻造。

 

拝殿前の狛犬。

 

本殿は一間社流造に千鳥破風と唐破風が付いています。唐破風は本殿の規模に比べて大きなものとなっています。

 

社殿の右側(北側)に「戎神社」が鎮座。「事代主命」を祀っています。

 

拝殿の前方右側に大きなクスノキがあり、八尾市指定保全樹木となっています。「樟本神社」の名を負うだけに立派なクスノキです。

 

当社付近は古めかしい町並みも残っています。

 

タマヨリ姫
「樟本神社」って三社あるけど、ここだけ郡が違ってたんだよね。
他の二社が志紀郡なのに対して、こちらは丹北郡ね。樟本神社が三社に分かれたのは、郡の境界が変わったからってのもあったかもしれないわ。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「樟本神社縁起」

+ 開く

樟本神社縁起

御祭神

布都大神

例祭日

七月十五日
十月九日

由緒

当社は式内社である。延喜式に記載されている樟本神社三座の一にして他の二座は南木の本、北木の本に分祀されている。

創建の年代は詳かではないが用明天皇の御代(約千四百年前)物部守屋公が本據地である稲村城(現光蓮寺敷地)の守護神として崇めていた布都大神を奉祀されたものと伝えられる。

記・紀古伝によると悪疫邪霊を祓い病気平癒又鍬靱を司る農耕・武の神として広く村民の崇敬を受け現在に至っている。

樟本神社の社名は往古境内に樟の巨木が茂っていたところからと謂われている。

 

地図

大阪府八尾市木の本

 

関係する寺社等

樟本神社 (大阪府八尾市南木の本)

社号 樟本神社 読み くすもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府八尾市南木の本 旧国郡 河内国志紀郡南木本村 御祭神 布都大神 社格 式内社 例祭 10月9日 式内社 河内國志紀郡 樟本神社 三座【鍬靫。 ...

続きを見る

樟本神社 (大阪府八尾市北木の本)

社号 樟本神社 読み くすもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府八尾市北木の本 旧国郡 河内国志紀郡北木本村 御祭神 布都大神 社格 式内社 例祭 式内社 河内國志紀郡 樟本神社 三座【鍬靫。】 &nbs ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.