1.大阪府 2.河内国

樟本神社 (大阪府八尾市南木の本)

投稿日:

社号 樟本神社
読み くすもと
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府八尾市南木の本
旧国郡 河内国志紀郡南木本村
御祭神 布都大神
社格 式内社
例祭 10月9日

 

樟本神社の概要

大阪府八尾市木の本に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。社伝によれば、当地付近を拠点とした物部守屋が稲村城の守護神として布都大神を祀ったとしています。『日本書紀』において蘇我氏と物部氏の戦い(丁未の乱)の際、物部守屋は「稲城」を造ったとあり、また守屋は衣摺の朴の木に昇って雨の如く矢を射たと記されています。社伝はこの記述を元にしていると思われ、物部氏、特に守屋ゆかりの神社であるとしています。

式内社「樟本神社」の論社は木の本地区、南木の本地区(当社)、北木の本地区の三社があります。『延喜式』神名帳には三座とありますが、社伝では村を三つに分けた際に一座ずつ分祀し、現在の三社となったとしています。三社の内のいずれかが元々の「樟本神社」ということになるのでしょうか。

とはいえ、現在の御祭神は三社とも「布都大神」となっています。布都大神とは石上神宮に祀られる霊剣に宿る神霊を指すと思われ、物部氏と極めて関係の深い神です。石上神宮では「布都御魂大神(布都御魂剣に宿る神霊)」「布留御魂大神(十種神宝に宿る神霊)」「布都斯魂大神(天羽々斬剣に宿る神霊)」を祀っており、樟本神社でもこの三神を祀っていたと思われます。一柱ずつ分祀してそれぞれを「布都大神」と呼んでいるのでしょう。

周辺には「物部守屋の墓」「鏑矢塚」等、物部守屋に関わる史跡が数多くあります。今でこそ小さな神社ですが、祭祀氏族である物部氏の拠点の地に祀られた重要な神社だったことが窺われます。

 

境内の様子

境内入口。木の本地区の樟本神社のすぐ近く、南木の本地区の住宅地にあります。鳥居は境内の南西の角に建っています。小さな神社で、境内に手水舎等の設備はありません。

 

鳥居から参道をやや左に折れた先に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造。拝殿前にある屋根付きの構造物は提灯掛けでしょうか?

 

拝殿前の狛犬。

 

本殿は一間社流造に千鳥破風と唐破風が付いています。

 

拝殿前に「日羅寺」という黄檗宗の寺院のお堂が西向きに建っています。本堂は薬師如来日羅は6世紀頃に百済の王に仕えた日本人で、敏達天皇の要請で帰朝した際に朝鮮半島の政情について奏上したところ、百済に不利な内容だったために同伴していた百済人に暗殺されました。日羅が帰朝した時に与えられた阿斗桑市の館は当地であるとも渋川郡だったとも言われ、いずれにせよ物部氏との交流が想像されます。当社に日羅ゆかりの寺院があるのもその縁でしょうか。

 

神社と寺院が同じ境内を共有し、かつ両者の向きが直交する場合、当サイトでは「直交型」の配置と分類しています。多くは寺院が南向きで神社が西向きか東向きですが、ここでは神社が南向きで寺院が西向きという珍しいパターンです。

 

タマヨリ姫
仏教の排除を唱えてた物部氏ゆかりの神社で神社とお寺が共存してるのも不思議な感じがするね。
物部守屋が討死して物部氏の本家が滅亡した後、残された物部氏の奴婢は四天王寺建立のために仕えたとされているわ。それにその後表舞台に出てきた僧・道鏡も物部氏の子孫だと言われているから、守屋以降の物部関係者は意外と仏教と関わりが深いのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「樟本神社(日羅寺)」

+ 開く

樟本神社(日羅寺)

この地は、物部氏の住地であり、この社はその祖神を祭ったものである。北木本と木本に同名の二社があり、延喜式神名帳には樟本神社三座と記されている。

守屋が聖徳太子の軍を防ぐためこのあたりに「稲城」を設けたとき、城中に榎木があったので、これを「榎木城」といい、村の名も「榎木村」といったが、のち「木本村」となったと伝える。

境内には黄檗宗日羅寺がある。薬師如来を本尊とする。日羅は百済へ渡り重く用いられた。敏達天皇は任那滅亡後、日羅を呼びもどし、百済の政情をたずねたところ、「兵事よりも、百姓保護に努め、国力を充実して、百済を討つべし」と説いた。このため同行して来朝していた百済使臣のために暗殺された。

厨子は、延宝八年(一六八〇)平野の豪族末吉勘兵衛利長の寄進によるという。

八尾市教育委員会

案内板「樟本神社縁起」

+ 開く

樟本神社縁起

一、御祭神

布都大神

一、例祭日

七月十五日
十月九日

一、由緒

当社は延喜式に記載されてゐる樟本三座の一にして創建の年代は詳かでないが用明天皇の御代(約一四〇〇年前)物部守屋公が本據地である稲村城(現光蓮寺敷地)の守護神として一族の祖神を崇めてゐた布都大神を奉祀されたものと傳えられる。

紀、記、古傳によると悪疫邪霊を拂ひ又鍬靫を司る農耕、武の神として広く村民の崇敬を受け現在に至ってゐる。

『河内名所図会』

+ 開く

樟本神社

鍬靫延喜式に志紀郡に載す。南木本村にあり。布都明神と称して物部守屋の例を祭るとぞ。同村に日羅寺あり。本尊薬師如来は聖徳太子御作なり。

 

地図

大阪府八尾市南木の本

 

関係する寺社等

樟本神社 (大阪府八尾市木の本)

社号 樟本神社 読み くすもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府八尾市木の本 旧国郡 河内国丹北郡木本村 御祭神 布都大神 社格 式内社 例祭 10月9日 式内社 河内國志紀郡 樟本神社 三座【鍬靫。】 ...

続きを見る

樟本神社 (大阪府八尾市北木の本)

社号 樟本神社 読み くすもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府八尾市北木の本 旧国郡 河内国志紀郡北木本村 御祭神 布都大神 社格 式内社 例祭 式内社 河内國志紀郡 樟本神社 三座【鍬靫。】 &nbs ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.