1.大阪府 2.河内国

栗原神社 (大阪府東大阪市吉原)

更新日:

社号 栗原神社
読み くりはら
通称
旧呼称 梶原宮
鎮座地 大阪府東大阪市吉原
旧国郡 河内国河内郡吉原村
御祭神 中臣雷大臣命、水分神、天児屋根命、品陀別命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月第三日曜日

 

栗原神社の概要

大阪府東大阪市吉原に鎮座する式内社です。

当社に関する創建・由緒は詳らかでありません。梶原宮と称された当社が式内社「吉原神社」とされた理由もはっきりしないようです。

『新撰姓氏録』の右京未定雑姓に天児屋根命の十一世孫、雷大臣の後裔である「中臣栗原連」が記載されており、現在の御祭神はこの氏族の祖神となっています。果たして当地に中臣氏の一族と思われる栗原連が居住していたのでしょうか。

周囲には「新開」など新たに開発されたことを示す地名も見られますが、当地は旧大和川洲の新開池の西南隅岸に位置にあったようで、低湿ながらも古くから陸地となっていたところのようです。御祭神の中に水分神が祀られており、水神として当地における水流の安定が祈られたのかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。住宅と倉庫ばかりの地に唐突に鬱蒼とした森が現れます。

 

境内には二基の鳥居があります。二の鳥居の手前右側(東側)に手水舎。

 

二の鳥居をくぐったところに南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬は新しいもの。目と口が彩色され迫力があります。

 

後方に平入の入母屋造の覆屋があり、この中に本殿が納められてると思われます。

 

社殿の右側(東側)に「白菊稲荷大明神」の祠があります。

 

境内の左側(西側)に「粟玉大神」の石碑が建っています。当社のクスノキに白い蛇が現れて、神のお告げによって祀られたとされています。当サイトでは大阪市内ではクスノキに龍蛇がおられるという信仰が根強いという旨を指摘してきていますが、こちらはその延長にあると言えるかもしれません。

案内板「栗原神社境内 栗玉神社略記」

+ 開く

栗原神社境内 栗玉神社略記

御祭神 地主神(栗玉大神)

地主神とは土地の守り神のことです。

また先祖信仰と深く関わりがあり各家々の土地の守り神としても広く祀られてきました。

栗玉神社の始まりはいつものように本殿にお参りしていると突然、古大楠木の横から白い蛇が現れ、神の声が聞こえ、そこに祀れと申された。

それが栗玉大神の誕生とされています。

それ以来、氏子の守り神、土地の守り神として大切に村人たちに信仰厚く祀られています。

平成十三年五月吉日

栗玉大神の前の狛犬は古式が感じられます。拝殿前の前代の狛犬だったのでしょうか。

 

本社社殿の左側に「栗玉大神 元鎮座地」と刻まれた石碑と積み石のある一画があります。かつて栗玉大神はここにあったようですが、何故移動したのでしょう。白蛇が出てきそうなクスノキも見当たらず、枯れてしまったのかもしれません。

 

当社は素朴な神社ながら、宅地と倉庫で埋め尽くされた当地においてこれからも憩い場として重要な役割を担い続けていくことでしょう。

 

由緒

案内板「式内 栗原神社略記」

+ 開く

式内 栗原神社略記

社名

栗原は「久里波良」と訓むべしとあり
明治以前一時期「梶原宮」と称された。(昭和五十四年十一月式内社調査報告より)

鎮座地

大阪府東大阪市吉原二丁目二九三番地(旧堺縣河内國河内郡吉原村字北ノ宮)

御祭神

中臣雷大臣命・水分神・天児屋根命・品陀別命

御由緒

当社の創建年代は不詳であるが、延喜五年(九二七)に完成した延喜式神名帳の河内郡十座の一に名を連ね、その社叢は旧新開池の西南隅岸に位置し、以来実に千百十余年栗原連の氏神として歴史を重ねる古社である。境内地約六百坪には本殿、幣殿、拝殿、手水舎、社務所に地車収納庫を有し、松杉檜を始め諸木繁茂し、深厳なる社の中に末社白菊稲荷神社、栗玉神社が祀られている。

現在執行の年中神事祭礼行事は次のとおり

歳旦祭 一月二日

節分祭 二月初旬

稲荷祭 四月中旬

秋例祭 十月第三日曜日

以上

平成二十六年一月記

『河内名所図会』

+ 開く

栗原神社

延喜式出。吉原村にあり。今梶原宮と称す。

 

地図

大阪府東大阪市吉原

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.