1.大阪府 2.河内国

丹比神社 (大阪府堺市美原区多治井)

更新日:

社号 丹比神社
読み たんぴ
通称
旧呼称 若松天神 等
鎮座地 大阪府堺市美原区多治井
旧国郡 河内国丹南郡多治井村
御祭神 火明命、瑞歯別命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月9日

 

丹比神社の概要

大阪府堺市美原区多治井に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、当地に居住した丹比氏が祖神を祀ったと考えられています。『新撰姓氏録』に次の氏族が登載されています。

  1. 左京神別 丹比須布(火明命の三世孫、天忍男命の後)
  2. 右京神別 丹比宿祢(火明命の三世孫、天忍男命の後)
  3. 河内国神別 丹比連(火明命の後)
  4. 和泉国神別 丹比連(同神(=火明命)の子、天香山命の後)
  5. 和泉国皇別 丹比部(豊城入彦命の後)

1~4が同族で、河内国に居住した3の氏族が当社を奉斎したと考えられます。

当社の社名や旧郡名にある「丹比」は元は「タヂヒ」と読みました。タヂヒとは本来マムシのことを指す一方、イタドリという植物のことも指しました。これが地名となったのは反正天皇が関係しています。反正天皇は誕生の際、産湯にイタドリの花があったことから、美しい歯を持つことと併せて「多遅比瑞歯別尊」と名付けられました。反正天皇の都である丹比柴籬宮は現在の松原市の柴籬神社の地とされており、その地を中心に丹比と呼ばれたようです。

『新撰姓氏録』の上記2には、丹治部を諸国に定めて湯沐邑(ゆのむら)とし、色鳴という人物を宰として丹治部の戸を領したために丹比連と名付けて氏姓とした、という旨が記されています。湯沐邑とは一部の皇族のための領地ですが、反正天皇の時代に湯沐邑があったとは考えにくく、当時の制度を律令制に照らし合わせて湯沐邑と表現したものと考えられます。反正天皇の名代である丹治部を管理したのが丹比氏だったのでしょう。

丹比柴籬宮の伝承地である柴籬神社から見ると南の地ですが、当社のすぐ西に五世紀中頃の前方後円墳である黒姫山古墳があり、この地を基盤として力を付けた豪族が反正天皇と深く関わったことが考えられます。その子孫が丹比氏を名乗り、当社を奉斎したと言えるのかもしれません。

反正天皇は淡路宮(不詳ながら淡路島にあったとされることが多い)で生まれたとされていますが、当社の境内に反正天皇の産湯に使ったと伝えられる井戸があり、当社と反正天皇の関係の深さが窺われます。現在も祭神に丹比氏の祖神の火明命とともに、瑞歯別命(反正天皇)が祀られています。

また当社は真福寺地区に鎮座していた式内社「櫟本神社」を合祀しています。

 

境内の様子

一の鳥居は境内から300mほど東方に建っています。

 

境内入口に二の鳥居が建っています。一の鳥居、二の鳥居、そして社殿と真っすぐに参道が続いています。

 

鳥居をくぐり、参道途中の右側(北側)に手水舎があります。手水鉢は文化七年(1810年)に奉納されたものです。

 

正面に東向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに千鳥破風の付いたもの。拝殿前の八重桜が美しいです。

 

拝殿前の狛犬。

 

拝殿の後方に幣殿、本殿と並んでいます。本殿は平入の切妻造となっていますが、これは覆屋のようにも思えます。

 

社殿の後方に大きなクスノキがあり、御神木となっています。社伝では樹齢千年とも。

 

境内の北側の空間に反正天皇が産湯に使ったと伝わる井戸があります。反正天皇は淡路宮で生まれたとされており、当地は特に淡路宮であるという伝承があるわけでありませんが、反正天皇との結びつきを示すものとなっています。

石碑「多遅比瑞歯別の命 産湯の井戸」

+ 開く

多遅比瑞歯別の命 産湯の井戸

仁徳天皇と磐の媛の間にお産れになった皇子で若松宮と称し、この井戸の水で産湯を使わしめられたと云う事が今の世まで語り傳えられている。この人は後の十八代反正天皇のことである。

昭和六十三年八月吉日

 

また境内には「五輪塔」と呼ばれる石造物が置かれています。仏塔の五輪塔とは全く非なるもののようで、社伝では仁徳天皇が亡くなった際、悲しんだ反正天皇が建立したとされ、そのために仁徳天皇陵のある西側を向いているのだと伝えられています。

また、この石を漬物石として使用したところ夜になると石が泣いたために神社に返却したとも伝えられ、このために「夜泣き石」とも呼ばれています。この石に祈れば赤ん坊の夜泣きが改善するという言い伝えもあるようです。

 

境内北側の入口には両脇に二本の木が生えており、注連縄が掛けられています。木が注連柱のような役割を果たしており、なかなか珍しいものです。

 

春の当社は桜が咲き乱れ、美しい光景を見せてくれます。

 

当社の西約400mほどの地に「黒姫山古墳」があります。墳丘長114m、五世紀中頃に築造されたと考えられる前方後円墳です。当社を奉斎してきた丹比氏が築いたものとも考えられ、古市古墳群と百舌鳥古墳群に挟まれた当地で独自の勢力を持っていたようです。

 

黒姫山古墳の周辺は史跡公園として整備されており、当古墳の前方部の竪穴式石室と埴輪列が復元されています。この竪穴式石室からは何と24領もの甲冑が出土しており、これは単一の古墳から出土した甲冑の量としては全国最多となっています。この竪穴式石室は埋葬施設でなく、甲冑等の副葬品を納めるためのものだったと考えられています。

 

タマヨリ姫
黒姫山古墳から出てきた甲冑の数がすごい!ものすごく有力だった人の古墳なんだろうなぁ。
この豪族は古市古墳群と百舌鳥古墳群に挟まれた絶妙な地で力を持ってたみたいね。この豪族の子孫が丹比神社を奉斎したとも考えられているわ。
トヨタマ姫

 

由緒

『河内名所図会』

+ 開く

丹比神社

鍬靫延喜式出。丹治井村の西にあり。今若松天神と称してこの所の生土神とす。例祭八月廿日。文徳実録曰 承和十四年十二月授従五位下。嘉祥三年十月授従五位上。又三代実録云 貞観元年七月遣使於諸社奉神宝幣帛丹墀真人縄主為丹墀社使。

 

地図

大阪府堺市美原区多治井

 

関係する寺社等

柴籬神社 (大阪府松原市上田)

社号 柴籬神社 読み しばがき 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府松原市上田 旧国郡 河内国丹北郡上田村 御祭神 反正天皇、菅原道真、依羅宿禰 社格 旧村社 例祭   柴籬神社の概要 大阪府松原市 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.