1.大阪府 2.河内国

阿麻美許曽神社 (大阪府大阪市東住吉区矢田)

更新日:

社号 阿麻美許曽神社
読み あまみこそ
通称
旧呼称 阿麻岐志の宮、牛頭天皇 等
鎮座地 大阪府大阪市東住吉区矢田
旧国郡 河内国丹北郡枯木村
御祭神 素盞嗚命、天児屋根命、事代主命
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月16日

 

阿麻美許曽神社の概要

大阪府大阪市東住吉区矢田に鎮座する式内社です。

社伝によれば大同年間(806年~809年)の創建と伝えられますが、その他の由緒については詳らかでありません。また、どのような氏族が奉斎したかについても全く不明です。

一説に当社を中臣氏の神社として、天児屋根命の後裔である大小橋命の子の阿摩比古命を祀るとも、また一説に当社を物部系の神社として物部氏の一族である依羅氏が祖神を祀るとも、また一説に天見丘に葬られたという河内国造、彦己曽保理命を祀るとも言われることがありますが、いずれも推測の域を出ません。ただ、近隣に中臣須牟地神社が鎮座していることから当地を中臣氏が支配していた可能性は考えられます。

社名の許曽(コソ)とは「社」「森」などを表す語で、朝鮮半島由来とも言われています。同じ例に比売許曽神社波牟許曽神社等があり、朝鮮半島と関わりの深い人々が居住していたのかもしれません。

当社鎮座地の旧村の枯木村は大和川の付け替えにより分断されましたが、それでも尚氏子だったようで、その名残か現代でも当社周辺は大和川の南にありながら大阪市に属しています。当社の南に伸びる道路は当社の参道で、この道が大阪市域として細長く伸びていることは地図マニアの人々によく知られています。

 

境内の様子

境内入口。鳥居の後方に神社としては珍しい薬医門が建っており、かつてあった神宮寺の山門だったと言われています。

 

門をくぐると参道途中にあるひときわ大きなクスノキが目に飛び込んできます。

 

参道の右側(東側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造に唐破風の付いたもので、割拝殿形式となっています。

 

拝殿前の狛犬。かつて当社にあった神宮寺の僧が文化四年(1807年)に奉納したものです。

 

本殿はよく見えませんが、流造に三つの千鳥破風(?)が付いているのでしょうか。

 

社殿の右側に「稲荷神社」が鎮座しています。

 

参道の右側(北側)に「天照皇大神社」が鎮座。

 

天照皇大神社に隣接して、何やら石が祀られています。鳥居の額束に「神武天皇□□所」と刻まれてありましたが、遥拝所でしょうか。

 

さらに隣接して「今刀比羅宮」が鎮座。

 

境内には三本の大きなクスノキがあり、御神木となっています。境内参道途中、東参道、境内南東隅にそれぞれ一本ずつあります。

 

境内南東隅のクスノキの傍らに「素釜三寶荒神社」が鎮座。何故か狛蛙が配置されています。

 

当地付近に行基が居住していたという伝承があり、境内には「行基菩薩安住之地」と刻まれた石碑があります。このことに因み、当社の北西にある大和川を渡る橋は「行基大橋」と名付けられています。

 

境内にはささやかながら梅の花が彩を添えていました。

 

さて、当社付近を地図で見てみると、大阪市が当社の南で異様に細長く突き出てることがわかります。

 

この細長く突き出た大阪市域はかつての当社の参道で、およそ600mも続いています。当社の鎮座した旧・枯木村が後に大阪市に編入され、その周辺が松原市に編入された結果、当社の参道だった道路が大阪市となり、松原市に挟まれた形になっています。珍しい境界として地図マニアの間ではよく知られています。

 

タマヨリ姫
神社南側の大阪市の境界が面白いね!松原市をブッ刺すように細長く突き出てる!
これは阿麻美許曽神社のかつての参道よ。元々の村は北側に広がっていたけれど、大和川の付け替えで分断されちゃったの。それでもやはり北側との結びつきが強くて、ここは大阪市になったみたいね。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「阿麻美許曽神社」

+ 開く

阿麻美許曽神社

開運松原六社参りのひとつ。素盞鳴尊・天児屋根命・事代主命を祭神とする。古くは阿麻岐志の宮ともいい、天美の地名の由来となった古社である。創建は平安時代初頭の大同年間(806~809)と伝えられる。10世紀前半に、当時、祈年祭にあたって国家から幣帛をうけることができた由緒深い延喜式内社にも定められた。

境内には、明治初年まで天見山の山号を持つ神宮寺があった。南および東に建つ門は同寺の山門である。拝殿前の一対の狛犬の台座に「天見山」「阿闍梨快道之代」「文化四年九月」の銘があり、社僧が文化4年(1807)に建立したことがわかる。

手水舎の東側には「行基菩薩安住之地」の石碑が建っている。江戸時代には、同地に奈良時代の高僧である行基が居住していたという伝承があった。神社北西の大和川に架かる橋を行基大橋と呼ぶのはこのためである。

拝殿前には、注連縄石が建っており、若宮春隆宮司が日露戦争後の明治40年(1907)に、天美や現大阪市東住吉区矢田より出征した氏子の人々を顕彰し、名も刻んでいる。

東門の「郷社阿麻美許曽神社」の社号標石(昭和10年)の揮毫は、春日大社(奈良市)の江見清風宮司によるが、これは、明治時代前半に若宮氏が春日大社禰宜職から出仕したためである。

『河内名所図会』

+ 開く

阿麻美許曽神社

鍬靫延喜式出。南枯木村の南の方天見丘にあり。土人云 祭神中牛頭天王 東は春日 西は蛭子。この近隣の七ヶ村の本居神なり。むかしこの地に行基大士住たまふとぞ。其旧記あり。

 

地図

大阪府大阪市東住吉区矢田

 


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.