1.大阪府 2.河内国

誉田八幡宮 (大阪府羽曳野市誉田)

更新日:

社号 誉田八幡宮
読み こんだはちまんぐう
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府羽曳野市誉田
旧国郡 河内国古市郡誉田村
御祭神 応神天皇
社格 旧府社
例祭 9月15日

 

誉田八幡宮の概要

大阪府羽曳野市誉田に鎮座する神社です。古市古墳群で最大、全国でも二番目の規模の古墳である誉田御廟山古墳のすぐ南にあります。誉田御廟山古墳は応神天皇の陵であり、当社は応神天皇の廟所とされています。

社伝によれば、欽明天皇の御代に応神天皇陵の前に社を営み、後冷泉天皇によって南に一町(約109m)ほど離れた現在地へと遷され社殿が造り替えられたとされています。このことに因み「最古の八幡宮」と称されることもありますが、『延喜式』神名帳には記載されておらず国史にも見えません。

中世以降は源氏の氏神である八幡神を祀ることから保護を受け、多くの武士からも武神として厚く崇敬を受けたようです。源頼朝の寄進と伝えられる神輿が現存し国宝に指定されている他、鎌倉時代の剣や太刀、鞍、能楽面、室町時代に作成された「誉田宗廟縁起」や「神功皇后縁起」といった絵巻など、数多くの文化財が伝えられており多くが国指定重要文化財となっています。これらの文化財から中世の人々がいかに当社を厚く崇敬していたかが窺われます。

戦国時代には度々戦火に罹りましたが、豊臣秀頼によって拝殿が造営され、途中で中断するも江戸幕府により保護を受け社殿が整備されました。

当社は式内社でないとはいえ、古墳の被葬者と神社の祭神が一体となって古くから信仰された数少ない神社です。中世の武士に広く信仰された八幡神の一翼である応神天皇だからこそ、その陵墓が聖地と見なされ廟として整備されたのでしょう。

 

當宗神社

誉田八幡宮の境内に式内社の「當宗(まさむね)神社」が遷座されています。御祭神は「素盞鳴命」。『延喜式』神名帳に大社とあり、今では考えにくいですが古くは有力な神社だったようです。

創建・由緒は詳らかでありませんが、『新撰姓氏録』左京諸蕃及び河内国諸蕃に漢献帝の四世孫、山陽公を出自とする「当宗忌寸」が登載されており、河内国の当宗忌寸が祖神を祀ったと考えられます。

当社に関しては不明な部分が多いですが、一説に当社が大社に列せられたのは宇多天皇の母方の祖母が当宗氏の出身だからだとも言われています。

いずれにしても後には衰退したようで、誉田八幡宮の近くのほんの一画に鎮座していたのを明治四十年に同社境内に遷座されました。

 

境内の様子

当社は東高野街道という河内国の東部を南北に結ぶ街道に面して鎮座しています。入口は東向きで、街道に沿って塀が並んでいます。

 

境内はとても広く、入り口から社殿まで真っすぐに参道が伸び、その途中に鳥居が建っています。

 

鳥居をくぐると左側(南側)に手水舎があります。

 

正面に東向きの社殿が建っており、拝殿は平入の入母屋造に唐破風の向拝の付いた割拝殿で、極めて大規模なものとなっています。

この拝殿は特に文化財に指定されていませんが、豊臣秀頼の命で造営されたもので、途中で大坂の陣が発生したため放置されたものの、後に徳川家光によって工事が再開され寛永年間に竣工したと言われています。

案内板「誉田八幡宮拝殿」

+ 開く

誉田八幡宮拝殿

東面する入母屋本瓦葺で間口十一間、奥行三間の組長い木造建築で、いわゆる割拝殿の形式であって正面中央部を拝所とし向拝(ごはい)部分は、唐破風造りで蛇腹天井となっている。

この建物は、慶長十一年(一六〇六)に豊臣秀頼が普請奉行に片桐且元を任じて再建させたものであるが、完成直前に大阪の役(冬の陣、夏の陣)が勃発したため八割方でき上がったまま放置されていた。その後、徳川家光が再建工事を続行して寛永年間の初期に竣工したものと考えられている。

この拝殿は、天井が張られていないので木組のありさまが観察することができる。徳川家によって最後の仕上げがなされたので、三ツ葉葵の定紋が付けられている。

 

拝殿前の狛犬は真新しいもの。

 

本殿はよく見えませんが、平入の入母屋造でしょうか。拝殿と対照的にピカピカの新しい建築となっています。

 

参道の左側(南側)に「安産社」が鎮座しています。

社伝によれば、神功皇后が出産の際、槐(エンジュ)の木で産屋を造ったところ安産で応神天皇が誕生したとされ、当社の槐は「安産木」と呼ばれ出産の難を除くものとして信仰されています。

 

参道の右側(北側)に「恵比須社」が鎮座しています。エビス神を祀る神社にしては珍しく神明造となっています。

 

同じく参道の北側、恵比須社の左側に「姫待稲荷社」が鎮座しています。

 

姫待稲荷社に隣接して石碑に「多宝塔」とある石造物がありますが、見たところ層塔の残欠のように思えます。かなり古いもののようで、状態はお世辞にも良いと言えません。

 

本社社殿の北側の空間は応神天皇陵とを繋ぐ通路となっています。

 

式内社「當宗神社」の祠はこの通路に沿って鎮座しています。かつては大社に列していましたが現在はこのように小さな祠となっています。

 

この通路の最奥部に「放生橋」と呼ばれる石橋が放生川に架かっており、その向こうに応神天皇陵の後円部が見えます。放生橋の手前で柵が設けられており、ここまでしか立ち入ることができません。

 

放生橋は鎌倉時代に造られたと伝えられています。毎年秋祭りには神輿が橋を渡って応神天皇陵の周濠の畔まで運ばれて神事が行われます。現在は応神天皇陵は宮内庁が管理しており、いかなる者であっても一切立入できませんが、江戸時代においては自由に立入が可能で、かつては神輿も陵の墳頂まで運ばれたと言われています。

とはいえこの橋の存在は、古墳のある空間と社殿の建つ空間が異なる世界であるということの象徴と言えるものでしょう。近世以前の人々が古墳をどのように認識していたかを知る手がかりにもなるかもしれません。

案内板「放生橋」

+ 開く

放生橋

鎌倉時代に造られたと伝えられる、放生川に架かる花崗岩製の反橋。長さ4m、幅3mの橋を、高さ3.5mの3本の橋脚で支えている。

毎年9月15日の秋の大祭の夜には、神輿がこの橋を渡って応神天皇陵の濠のほとりまで運ばれ、祝詞の奏上や神楽の奉納などの神事が行われる。

かつては陵の頂上まで渡御していたといい、誉田別命(応神天皇)を祭神とする誉田八幡宮と応神陵古墳との、古くからの付会つながりがうかがわれる。

 

放生橋の先に塀があり、その向こうに応神天皇陵の周濠があります。

前述の通り今は陵に立入できませんが、江戸時代には立入自由で、墳頂には六角堂のような六角形の建物のあったことが『河内名所図会』の挿絵からもわかります。

 

当社の境内はかなり開放的ですが、色とりどりの花が参拝者の目を楽しませてくれます。

 

境内の南側には四脚門の南大門があり、これは当社の神宮寺だった「長野山護国寺」の山門でした。護国寺は真言宗の寺院で、行基によって創建されたと伝えられています。

『河内名所図会』の挿絵に現在恵比須社等のあるところに護国寺の本堂が描かれています。本堂は南向きで、東向きの社殿と直交する形となります。このように神社と寺院が境内を共有し、互いの向きが直交する配置を「直交型」と当サイトでは分類しています。

護国寺は明治の廃仏毀釈で廃寺となりましたが、山門の存在が往時の様子を想像させてくれます。

 

南大門付近では古い屋敷が並んでおり、貴重な街並みが残っています。

 

境内の東側を南北に伸びる東高野街道も古い街道であるだけに歴史を感じる光景となっています。

 

当社入口から東高野街道を北へ100mほど、放生川を渡ったところに小さな空き地があり、ここにかつて當宗神社が鎮座していたとも言われています。

 

応神天皇陵こと古市古墳群の「誉田御廟山古墳」。言わずと知れた、仁徳天皇陵(大仙陵古墳)に次ぐ全国第二位の規模の巨大古墳です。墳丘長425m、五世紀初頭に築造されたと考えられる前方後円墳です。南側の後円部にある誉田八幡宮とは別に、他の宮内庁管理の古墳と同様、北側の前方部に拝所があります。

 

タマヨリ姫
ここのように神社と古墳が一体となって信仰されるのってかなり珍しいよね!
そうね。古墳の側や墳丘の上に神社があるって例は多いけれど、古墳の被葬者と密接に関連して信仰されるという意味では、古い神社としては珍しいわね。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

案内板1「誉田八幡宮」

+ 開く

誉田八幡宮

誉田別命(応神天皇)を祭神とし、永享5年(1433)につくられた『誉田宗廟縁起』には、欽明天皇が命じて応神陵の前に営んだ社を、後冷泉天皇の頃(1045~68)になって、南へ1町(約109メートル)離れた現在の場所へと造り替えたことが伝えられている。

鎌倉時代から室町時代にかけては、源氏の氏神である八幡神を祀る社として、幕府の保護を受けて大いに興隆したが、戦国期にはたびたび合戦場となって兵火にかかることもあった。その後、豊臣氏からの社領の寄進や江戸幕府の庇護のもとに、社殿の再建と整備が進められた。『河内名所図会』や天保9年(1838)の『河内国誉田八幡根本社内之図』を見ると、本社や摂社、神宮寺の塔頭など、多くの建物が並び、参詣の人々で賑わうようすがしのばれる。

源頼朝の寄進と伝えられる神輿や、丸山古墳で出土した鞍金具などの国宝、重要文化財の『誉田宗廟縁起』た『神功皇后縁起』など、多数の貴重な文化財が社宝となっている。

案内板2「誉田八幡宮」

+ 開く

誉田八幡宮

羽曳野市誉田三丁目、応神陵(誉田山)古墳の南側に位置する誉田八幡宮は、本来応神陵古墳の後円部墳頂に所在したと伝えられ、平安時代中頃の永承六(一〇五一)年に現在地に移されたと記されている。

旧社殿は、天正年間の織田信長による兵火によって焼失したが、慶長一一(一六〇六)年、豊臣秀頼によって再建されたのが現在の社殿である。

祭神は、応神天皇・仲哀天皇・神功皇后そして住吉三神である。

境内は、江戸時代末まで長野山護国寺が併存していたが、明治時代の廃仏毀釈によって廃寺となった。

江戸時代の享和元(一八〇一)年に刊行された『河内名所図会』には、例祭(旧暦四月八日)として車祭(だんじり)に作り花を飾り、笛・太鼓・鉦を囃しているようすが描かれている。

『河内名所図会』

+ 開く

長野山誉田八幡宮

誉田村にあり。僧院十五宇、祝家十三宇、神子五人、勅願所。毎歳、正月十九日、社僧参内、御祈祷の巻数を捧奉る。

本社 祭神、中央、応神天皇。左、仲哀天皇、住吉大神。右、神功皇后、一座神秘。以上五座を併て誉田八幡宮と称し奉る。

権殿 北の方にあり。

末社 南の方、武内臣、白山権現、熊野権現、瑞籬の外側に、下ノ高良社あり。これは武内宿祢を祭る。東の方に、天神七代ノ社。其外、幣殿、拝殿、舞台。南の方に、絵馬殿、神楽所、御供所等あり。

本地堂 護国寺と号す。真言宗。本尊、阿弥陀仏を安置す。定朝作、長座像五尺。開基、弘法大師。

観音堂 聖徳太子御作の十一音観音を安置す。長三尺五寸。

十三層石塔婆 弘法大師造立也。其外、薬師堂ノ址、多宝塔ノ址、大師堂ノ址、護摩堂ノ址、輪蔵ノ址、神馬舎ノ址等あり。

奥院 宝蓮華寺と号す。伽藍、こと〲く弘法大師の開基。

阿弥陀堂 定朝ノ作の阿弥陀仏を安置す。

弁財天祠 東の方、池の中嶋にあり。弘法大師勧請。

蛇文字石 諺云、むかし、菅公、社参まし〱給ふ時、宝殿にて神剣を感得し給ふ。其剣の光に恐れて、蛇迯去る。其跡の石上に地しほを染て、□此文字のこる故に、此名あり。土人、訛って三ヶ月石と云。

閼伽井 奥院にあり。大師、祈雨修法の時、香水とし給ふ。今に至って、病者、これを服すれば、忽、効験いちじるし。

綾杉 閼伽井の傍にあり。

龍池 大師、祈雨の時、此池に善女龍王を勧請し給ふ。今も、旱天には、こゝに雨を祈れば、かならず、霊応あり。

石反橋 奥院にあり。其外、塔の址、護摩堂ノ趾、求聞持堂ノ址、籠堂ノ址等の廃跡多し。

 

地図

大阪府羽曳野市誉田

 


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.