1.京都府 2.山城国

石田神社 (京都府八幡市上津屋里垣内)

社号 石田神社
読み いしだ
通称
旧呼称 牛頭天王社 等
鎮座地 京都府八幡市上津屋里垣内
旧国郡 山城国久世郡上津屋村
御祭神 素盞嗚神
社格
例祭

 

石田神社の概要

京都府八幡市上津屋里垣内に鎮座する神社です。木津川右岸側の城陽市上津屋を含め、上津屋地区の産土神です。

社伝によれば大宝二年(702年)に南西に隣接する内里地区の山中に神が顕れ、上津屋の地に祀ったと伝えられています。

また、治承四年(1180年)源頼政の兵乱により社殿が焼失、文治四年(1188年)に源頼朝により復興されたとされたと言われ、その後元弘の乱で楠木正成が当社に願文を奉納したと伝えられています。史実かは不明ながら、伝承上では皮肉にも鎌倉幕府を開いた人物が復興した神社に、鎌倉幕府を倒そうとする人物が祈願した格好になっています。

近隣の石田地区に鎮座する二社の石田神社(茶屋ノ前の石田神社・里の石田神社/いずれも読みは「いわた」)は久世郡の式内社「石田神社」の論社を主張してる一方で、当社は特に式内社を主張していないようです。ただ、近世には「牛頭天王社」と称していた当社は明治年間に「石田神社」と改称しており、その経緯は不明です。

かつての社名が示すように当初は「牛頭天王」を祀っており、すぐ近くを流れる木津川の水害が度々あったため、この災害、そしてそれに伴う疫病の流行に対する守護を願って信仰されたようです。

また、小さな神社ながら棟札や算額、古文書などが豊富に残っており、南北朝時代の十三重の石塔もあることから、水害に遭いながらもこの地で長い間大切にされてきた神社であることが伺えます。

 

境内の様子

境内入口。東向きに鳥居が建っています。

現在はこぢんまりとした神社ですが、かつてはもっと広い境内を有し、戦後すぐ頃の航空写真を見ると現在の交流館や北方の宅地、そして東は木津川の堤防手前までもが当社の敷地だったことがわかります。境内敷地を売却したのでしょうか。

 

鳥居の手前左側(南側)に手水舎があります。

 

鳥居をくぐった様子。石畳の参道が社殿まで一直線に伸びています。途中に水路が横切っており幅広な橋(というより暗渠に近い)を渡ります。

 

正面に社殿が東向きに並んでいます。拝殿は銅板葺・平入切妻造で正面に切妻破風が付いています。

以前は切妻破風が付いておらず、扉はシャッターのような内部の見えない閉鎖的なものだったのですが、近年改修を受けたようです。

 

拝殿前の狛犬。花崗岩製です。

 

本殿は銅板葺で大型の一間社流造。嘉永四年(1851年)に造営されたものです。

 

本殿の左奥(南西)に鎮座する「若宮神社」。多くの神が合祀されており、「天之忍穂耳尊」「活津日子根命」「天之菩日命」「熊野久須日命」「天津日子根命」「市寸嶋毘賣命」「田露毘古命」「於岐津毘根命」が祀られています。

 

参道へ戻ります。参道途中の右側(北側)に「大神宮社」が鎮座。御祭神は「天照皇大御神」。

一般に天照大神を祀る神社や祠は素木であることが多いのですが、この祠はベンガラか何かで赤く塗装されておりやや珍しいように思います。

 

大神宮社の向かい側、参道の右側(南側)に鳥居と「天照皇大神伏拝」とある遥拝所があります。伊勢神宮への遥拝所と思われますが、南を向いて拝む形になり、伊勢神宮の鎮座する南東とは方角が異なっています。

 

鳥居をくぐって左側(南側)のところに「香取神宮」が鎮座。御祭神は「健甕槌命」。こちらの祠も大神宮社と同様、ベンガラか何かで赤の塗色が施されています。

 

境内入口の手前側に石造三重塔が建っています。特に文化財指定を受けていないようですが、南北朝時代に建立されたと考えられる貴重なものです。

相輪でなく宝珠が付いているのが特徴(後補かも?)。初層の軸部には四方仏が刻まれています。

かつてここも当社の境内地で、史実かは不明ながら楠木正成が願文を奉納したと伝えられていることから、南北朝時代には厚い崇敬を集めた神社だったことが偲ばれます。

 

当社にすぐ隣接する上津屋浜垣内地区に国指定重要文化財の「伊佐家住宅」があります。

伊佐家は当地の庄屋を務めた家で、江戸時代中期の山城地方の民家の代表例として貴重なものです。母屋は厚い茅葺の入母屋造で、その他の建物や文書等も同時に文化財指定されています。

洪水の多かった当地でこのような家屋が残っているのは奇跡的と言えるかもしれません。

またこの家の伊佐政徽が明和二年(1765年)に当社へ奉納した算額が残っており、これは京都で二番目、全国で九番目に古い算額であり、この地における文化教養の高さが偲ばれます。

案内板「重要文化財 伊佐家住宅」

+ 開く

重要文化財 伊佐家住宅

伊佐家住宅は、江戸時代中期の山城地方の代表的民家として、昭和五十年(一九七五)に、先ず主屋と棟札が国の重要文化財に指定され、昭和五十五年(一九八〇)に主屋以外の建物と普請文書、古図、宅地などが追加指定された。

伊佐家は代々天領の庄屋を勤めた家で、敷地は約二六〇〇平方メートルあり住宅周囲に石垣を築き、正面の南側道路沿いには壕跡が残っている。屋敷の裏三方は竹藪で囲み、竹藪と屋敷とを区切る堀をめぐらせている。屋敷のほぼ中央に享保十九年(一七三四)に上棟の茅葺き主屋があり、表側に長蔵を構え、主屋と長蔵の間に中仕切の高塀を築き、堀中門がある。主屋の裏側には内蔵が隣接して建ち、さらにその裏に東蔵、木小屋、二階蔵、乾蔵が頑丈な石垣の上に建ち並んでいる。

特徴としては、主屋の軒の厚い茅葺き、玄関から座敷への「桃山」という赤壁、祭礼用の大きなくど(かまど)、主屋と裏側の蔵を結ぶ高縁などがあげられる。

平成二十三年秋
八幡市教育委員会
八幡市郷土史会

 

当社の東方の木津川には「上津屋橋(こうづやばし)」が架けられています。一般的には「流れ橋」の名でよく知られています。

木津川の右岸側にも上津屋(現・城陽市)の地名があり、かつてはこちら左岸側の上津屋と一体の村で、両地の間に渡し船がありましたが、これでは不便だったので昭和二十八年(1953年)に橋が掛けられました。

その際、少ない予算で架橋できること、水害に遭っても修復が容易であることから、橋桁と橋脚を固定しない「流れ橋」の構造が採用されました。水害の際は敢えて橋桁が外れるようになっており(ワイヤーが張られているので流失はしない)、壊滅的な破壊を防ぐ構造になっています。

ただし、流される頻度が高いこと、修復費用が決して安くないこと、修復の工事が比較的長期に亘ることから、あまり合理的であるとは言えないのが現状です。とはいえ堤外に電柱や家屋等の人工物が無く、風情があることから観光地として人気があり、また時代劇の撮影ロケ地としても使われており、地元内外で大変親しまれている橋であると言えます。

 

上津屋橋から眺める木津川の様子。

木津川は風化しやすい花崗岩地帯を流れるため、淀川に流入する主要三川の中で最も土砂が多いのが特徴です。このため水害の際は土砂交じりの大量の水が押し寄せ猶更のこと被害が甚だしかったようです。

 

タマヨリ姫
ここは石田神社って社名だけど、式内社じゃないのかな。
地名が違うからか、ここが式内社であるとは主張されていないみたいね。ただ702年の創建と古い由緒を伝えているわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「石田神社」

+ 開く

石田神社

上津屋里垣内にある当社は、里・浜・東(木津川対岸城陽市)の三集落の氏神で牛頭天王社と称し、明治になって石田神社と改称した。

祭神は素盞嗚神で牛頭天王と同体で、当地が度々木津川の水害に見舞われたためか、疫病に対する守護神として信仰された。

当社に伝わる「天王神社記」によると、起源は大宝二年(七〇二)隣村内里の山中に現れた素戔嗚神を上津屋の地に祠(まつ)ったことに始まるという。治承四年(一一八〇)源三位頼政の兵乱で社殿は焼失、復興のために文治四年(一一八八)源頼朝により神事料を寄進された。その後元弘の乱で笠置山参陣の際に楠正成が当社に立ち寄り願文を奉納したと記されている。

鳥居東の神輿蔵横に立つ十三重石塔は、その形状から南北朝時代のものという。

近年社殿から発見された棟札によると、永禄元年(一五五八)社殿造営の後定期的に檜皮の葺替え修理が行われていた。現在の本殿は嘉永四年(一八五一)の造営になり、神社に残る古文書や浜上津屋の伊佐家文書からも社殿普請や遷宮等の様子がうかがえる。

他には庄屋伊佐政徽が明和二年(一七六五)奉納した算額(和算問題を図入りで示す)があり、京都府で八坂神社に次ぐ古さをもつ。

氏子中の努力で古文書や棟札等の貴重な資料を豊富に伝える神社である。

一九九五年三月
八幡市教育委員会

案内板「石田神社」

+ 開く

石田神社

「山城綴喜郡誌」によれば、大宝二年(七〇二)当地に鎮座し、文治四年(一一八八)源頼朝により神事料をして土地の寄進をうけたとある。以前は牛頭天王社と称され、明治になり石田神社と改称された。現在、祭神は建速須佐之男命である。境内は堀状の水路が周囲をかこみ、木々が茂る鎮守の森の様子をよくとどめている。

本殿は、嘉永四年(一八五一)の造営で比較的大きな一間社の流造である。木津川の水害を意識してであろうか、一段高い石垣の上に建っている。現在の拝殿は平成七年に建てられたものであrが、享保二十年(一七三五)再建時に葺いた刻名入りの鬼瓦が拝殿に収められている。また、明和二年(一七六五)に書かれた算額がある。

同村庄屋の一人である伊佐政徽によるもので五問の和算問題が示されている。京都では八坂神社のものに次いで、全国で九番目の古さといわれている。

江戸中期の八幡地域で文化教養に関心が強かったことを示すよい証拠といえる。また、鳥居と向い合って社の東側に高サ三㍍ほどの十三重石塔がある。南北朝のもので重要美術品級である。

平成二十年 秋
八幡市郷土史会

 

地図

京都府八幡市上津屋里垣内

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.