1.京都府 2.山城国

岩戸落葉神社 (京都府京都市北区小野下ノ町)

投稿日:

社号 岩戸落葉神社
読み いわとおちば
通称
旧呼称 落葉宮 等
鎮座地 京都府京都市北区小野下ノ町
旧国郡 山城国葛野郡上村・下村
御祭神 稚日女神、彌都波能賣神、瀬織津比咩神、落葉姫命
社格 式内論社
例祭 10月15日

 

岩戸落葉神社の概要

京都府京都市北区小野下ノ町に鎮座する神社です。小野郷の産土神であり、山城国葛野郡の式内社「墮川神社」および愛宕郡の式内社「大柴神社」の論社となっています。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。また、当社が式内社の論社となった理由も不明です。

一説に当社の社前で清滝川・岩谷川・笠谷川が合流する(落ち合う)ことから「墮川(おちかわ)神社」と称したと言われています。また、「墮川(おちかわ)」もしくは「大柴(おおしば)」が「落葉(おちば)」に訛ったとも言われていますが確証はありません。

当地は葛野郡でしたが、かつては愛宕郡だったという説があります。一般的には『倭名類聚抄』に記載される愛宕郡小野郷は左京区の上高野付近だとされていますが、一方の説によればかつて愛宕郡は北山の広くを占めており、当地もまた愛宕郡で、小野の地名の残るこちらこそが小野郷だったとしています。葛野郡にあたる北山の西部に愛宕山および「愛宕神社」のあることが、かつてその地が愛宕郡だった一つの傍証でしょう。ただし到底根拠と言えるものではなく、少数説に過ぎないようです。

当社がどこに属したのか、どういった経緯で祀られたのか、果たして式内社なのか。謎多き神社です。しかし当社にあるイチョウは秋に美しく黄葉し、社名の通りその落葉は非常に惹かれるものです。『源氏物語』に登場する落葉の宮を祀るともされ、山間にひっそり佇む神社ながら神秘あふれるところと言えましょう。

 

境内の様子

境内入口。境内には大きなイチョウが聳え立っており、秋には黄に染まった葉と朱の鳥居とのコントラストが非常に美しい光景となります。落ち葉によって地面が彩られるのも美しく、当社の社名がふと思い起こされます。

 

鳥居をくぐると左側(北側)に手水鉢があり、苔むした様子がこれまた絵になるものです。

 

鳥居の正面に西向きの社殿が建っています。拝殿は京都府で一般的な舞殿風拝殿。

 

拝殿後方には二棟の本殿が建っており、それぞれ独立した覆屋に納められています。

 

左側(北側)の大きい方の本殿は「岩戸神社」。こちらの御祭神は「稚日女神」「彌都波能賣神」「瀬織津比咩神」。

 

右側(南側)の小さい方の本殿は「落葉神社」。こちらの御祭神は「落葉姫命」。『源氏物語』に登場する朱雀帝の第二皇女、「落葉の宮」であるとされています。架空の物語の登場人物が神社の御祭神として祀られるのは珍しい例です。

 

本殿前の狛犬。こちらも苔むしており、年季の入っていることが偲ばれます。

 

本殿の右側(南側)に鎮座する小さな祠は「山神社」。

 

社殿の左側(北側)にも多くの境内社が鎮座しています。

 

手前側(西側)の朱の鳥居の建つ祠は「太田命(猿田彦命)」を祀っています。太田命は猿田彦命の別名とも子孫とも言われていますがここでは前者のようです。この祠には狛狐や狐の置物があり、稲荷系の形式となっています。

 

太田命の祠の右側(東側)には「靖國社」が鎮座しています。

 

靖國社の右側(東側)に鎮座する祠。こちらは札の墨書が薄れて読めず、あいにくながら社名や祭神は不明。

 

岩場の傍らに二基の祠が覆屋に納められていました。両方とも社名・祭神は不明。

 

黄葉と苔に覆われた境内はとても美しい空間を作り出しています。岩場の側にあることもまた当社の幽玄さを醸し出す要素となっています。

当社の由緒は不明ながら、神秘性は存分に感じられるところです。

 

当社付近の様子。清滝川の上流、都からは近いようで遠い山間の地です。古くから畿内の建築を支えた北山杉の産地で、周囲の山々は枝打ちされた杉で埋め尽くされており、独特の景観を成しています。

 

タマヨリ姫
岩戸落葉神社、珍しい名前だね。境内のイチョウもすごく綺麗!イチョウの落葉に関係あるのかな。
確かに綺麗な神社ね。落葉というのは式内社の「墮川神社」「大柴神社」が訛ったって説もあるけど、地元の間では『源氏物語』に登場する落葉の宮という人物のこととされたみたいよ。
トヨタマ姫

 

 

地図

京都府京都市北区小野下ノ町

 


-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.