1.京都府 2.山城国

福王子神社 (京都府京都市右京区宇多野福王子町)

投稿日:

社号 福王子神社
読み ふくおうじ
通称
旧呼称
鎮座地 京都府京都市右京区宇多野福王子町
旧国郡 山城国葛野郡福王子村
御祭神 班子皇后
社格 式内論社、村社
例祭 10月第3日曜日

 

福王子神社の概要

京都府京都市右京区宇多野福王子町に鎮座する神社です。当社及び当社境内社の「夫荒社」それぞれが式内社「深川神社」の論社となっています。

当社は「仁和寺」の鎮守社として信仰されています。御祭神の「班子皇后」は仁和寺の開基である宇多天皇の母君で、班子皇后の陵墓がこの近くにあったと言われています。

当社の創建がいつなのか、創建当初から班子皇后を祀っていたのかは不明で、一説に言われるように式内社「深川神社」が当社だった可能性もあります。元々深川神社だったのが仁和寺の鎮守社となったのか、それとも最初から仁和寺の鎮守社として創建されたのか、残念ながら資料に乏しく不明としか言いようがありません。

当社の境内社「夫荒社」は「松尾大明神」とも呼ばれました。夫荒社は、平安時代に洛北の氷室から宮中へ氷を献上する際、氷を運ぶ役夫が疲労の為に当地で倒れ命を落としたので、その霊を慰めるために祀ったと伝えられています。

氷の運搬者が行き倒れになったという事件を当社の創建とするのはやや疑問です。一方で当地は周山街道沿いにあり、北山や丹波の周山方面とを結ぶ交通の要衝でした。当地は平地の都と山間の北山との境界の地であると言え、交通安全と除災を願って境界の神として祀られたというのは夫荒社の創建として近いのかもしれません。

先述の通り当社「福王子神社」及び境内社の「夫荒社」が式内社「深川神社」の論社となっていますが、いずれも音韻の類似性以上の論拠はありません。当社の西方に御室川が流れていますが、小さな川でありこれを深川と称したとするのも考えにくいでしょう。

しかし他に「深川神社」の論社となりそうな神社が見当たらず、当社や夫荒社が式内社でないと言い切れるものでもありません。多くの神社で見られるように、元々祀られていた神が新しい神の勧請により隅に追いやられることはままあり、当社もそうした歴史があったのかもしれません。

さて当社は鳥居、拝殿、本殿が国指定重要文化財となっています。応仁の乱の際に仁和寺と共に焼失したと伝えられ、その後長い年月を経て寛永二十一年(1644年)になって徳川家光と仁和寺の僧・覚深法親王が仁和寺と共に社殿を造営したものが現在も残っています。小さな神社ながら貴重な文化財の多い神社と言えましょう。

 

境内の様子

境内入口。石垣の上に朱の玉垣で囲われており、色鮮やかで印象的です。

 

石段の上に鳥居が建っています。この鳥居は仁和寺と共に寛永二十一年(1644年)に徳川家光と仁和寺の僧・覚深法親王によって造営されたもので、貴重な建築として国指定重要文化財となっています。

 

鳥居の正面に南向きの社殿が所狭しと並んでいます。拝殿は京都府に多い舞殿風拝殿に分類されますが、屋根が入母屋造の平入で、正面が三間なのに対して奥行きが二間で長方形になっているのが特徴です。(一般的には舞殿風拝殿は妻入の正方形が多い)

こちらの拝殿も鳥居と同様、寛永二十一年(1644年)に造営された貴重な建築で国指定重要文化財となっています。

 

拝殿の後方は瑞垣と二ヶ所の中門(拝所)があり、右側(東側)の大きな中門が本社、左側(西側)の中門が境内社の「夫荒社」です。

 

本社の中門と本殿。本殿は朱の施された美しい一間社春日造です。大きく反った海老虹梁が特徴的でしょうか。本殿も鳥居・拝殿と同じく、寛永二十一年(1644年)に造営された貴重な建築で国指定重要文化財となっています。

 

本殿の左側(西側)に隣接して「夫荒社」が鎮座しています。

 

夫荒社の狛犬は花崗岩製。狛犬は一般に身体を横に向けますが、こちらの狛犬は正面に向けており、やや珍しいです。

 

手水舎は社殿の左側(西側)にありました。

 

タマヨリ姫
福王子神社と境内社の夫荒社の両方が式内社の「深川神社」の論社ってどういうこと?
どちらも音韻が似ているからよ。正直、根拠としてはかなり薄いわね。でも昔から仁和寺と関係が深くて、北山方面への道に沿った交通の要衝でもあるから古い歴史があると思うわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「福王子神社由来」

+ 開く

福王子神社由来

御本殿

本社 福王子大明神 班子皇后一座
末社 松尾大明神 夫荒神

右京區宇多野に鎮まります福王子神社は第五十八代光孝天皇の皇后斑子皇后がおまつりしてあります。

班子皇后は仁和寺の開山祖宇多天皇の御母君であらせらるゝところから、古くより仁和寺の鎮守神であります。

この御神殿は寛永二十一年今から三百三十年前三代将軍徳川家光公と仁和寺法主覚深親王が仁和寺大伽藍と共に新たに御造営された社殿で、それ以前は深川神社(本社末社共)と申上げ平安朝時代からあった神社で延喜式の社号がございました、が應仁の戰乱で惜くもすっかり焼失してしまいました。現在の福王子神社はこの深川神社の後身であり、御再建以来、仁和寺歴代親王の崇敬あつく今日も尚お祭には奉幣の儀が行はれて居ます。

又、御祭神班子皇后は至極お氣輕なお気持ちのお方でその御神德をお慕ひ申上げ、古くより東紙屋川西廣沢大沢池畔、嵯峨野、南三条辺まで產土の大神として厚く尊崇せられて居ます。

因みにこの地は一説によれば御祭神班子皇后の御陵墓かと言い傳へられてゐます。

末社夫荒神は平安朝時代毎夏洛北氷室より御所宮中へ氷を献上する習はしあり、氷を運ぶ役夫がこの辺で疲労の為力つき息絶ゆ、その霊をまつり、人々の安全を祈願致しました。

昭和四十八年三月この社殿の技法が何れも古式豊かで、よく神社建築の正しい手法が守られて居るところから、此度文部省より重要文化財に指定せられました。以上

昭和四十九年六月吉日

 

地図

京都府京都市右京区宇多野福王子町

 


-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.