1.京都府 2.山城国

和伎坐天乃夫岐売神社 (京都府木津川市山城町平尾里屋敷)

社号 和伎坐天乃夫岐売神社
読み わきにますあめのふきめ
通称 涌出宮(わきでのみや) 等
旧呼称
鎮座地 京都府木津川市山城町平尾里屋敷
旧国郡 山城国相楽郡平尾村
御祭神 天乃夫岐売命、田凝姫命、市杵嶋姫命
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月16日

 

和伎坐天乃夫岐売神社の概要

京都府木津川市山城町平尾里屋敷に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳では大社に列せられ、古くは有力な神社だったようです。

社伝によれば、天平神護二年(766年)に伊勢国度会郡から「天乃夫岐売命」を当地に遷座し、その際に一夜にして森が涌き出したので「涌出宮」と称するようになったと伝えられています。また、後に同じく伊勢国から「田凝姫命」「市杵嶋姫命」を相殿に遷座したと言われています。

また別伝では、伊勢国から遷ってきた神は当地に鎮まる前に北方の綺田の地に祀られたとも言われています。

御祭神の「天乃夫岐売命」は記紀に見えない神で、当社では天照大神の御魂のことであると伝えられています。一方で「天之葺根神」とする説、「天之吹男神」と対になる神であるとする説、宗像三神の内相殿に祀られていない「湍津姫命」であるとする説などもありますが、いずれも証拠は無く、どのような神であるか明らかにするのは難しそうです。

一方で『三代実録』貞観元年正月廿七日の条にはどういうわけか「和攴神」と「天野夫攴賣神」が別々に神階を授与された旨が記されています。いずれかが当社なのか、それとも誤記なのか。合祀されたのならば『延喜式』神名帳には二座とあるはずなので、全く謎としか言いようがありません。

和伎(和攴)は当地の古い地名であり、天乃夫岐売(天野夫攴賣)は神名です。先述の通り社伝によれば天乃夫岐売命は伊勢から遷座し、当初は北方に祀られたとも言われています。貞観元年の時点では天乃夫岐売命はまだ当地に遷座されておらず、当地にはこれとは別に和攴神が祀られていた、とするのが穏当な解釈かもしれません。天乃夫岐売命はどういう縁があってか伊勢から遷ってきた神であり、和攴神は当地在来の人々が祀ってきた神といったところでしょうか。ただそう考えるとなると、現在は和攴神にあたる神は祀られていなさそうです。

さて、長い歴史を有する当社では古風な神事が行われており、中でも「居籠(いごもり)祭」は有名です。毎年2月中旬に行われ、与力座、古川座、尾崎座、歩射座の四つの宮座によって執り行われる一連の神事で、中世以来の農耕儀礼を温存していると言われています。一部の神事は見てはいけないとされており、珍しいものです。

居籠祭は木津川の対岸の祝園神社でも正月の申の日に行われています。居籠祭の起源については様々な伝承があり、

  • 崇神天皇の御代、武埴安彦命が反乱を起こして祝園の地で鎮圧された際、多くの戦死者の霊によって悪疫が流行したので村人は忌み籠って祈祷をしたことに因む。
  • 東方の三上山から当社南方を流れる鳴子川へ大蛇が出てきて村人を困らせたので、義勇の士がこれを退治したところ首は祝園へ飛び、胴体は当地に残ったことに因む。

などの伝承が伝えられています。恐らく非常に古い時代に木津川の両岸で密接な関係があったのでしょう。

なお、居籠祭を含む当社の宮座行事は重要無形民俗文化財に指定されています。

 

境内の様子

 

境内入口。JR奈良線の棚倉駅のすぐ側にあります。参道はこんもりとした森になっており、一の鳥居は西向きに建っています。

 

一の鳥居前の狛犬。花崗岩製の新しいものです。

 

一の鳥居をくぐると参道が伸び、鬱蒼とした森に覆われています。社伝では神がこの地に鎮まった時一夜にして森が涌いたので当社を「涌出宮」と称するようになったと言われています。

この森はイチイガシの見られる貴重な暖地性の森となっており、環境保全地区に指定されています。社伝が物語るように非常に古い森なのでしょう。

 

参道は突き当りで左に折れ、そこに真っ赤な二の鳥居が南向きに建っています。

 

二の鳥居をくぐるとその先には神門が建っています。瓦葺・平入切妻造の四脚門で朱が施されています。室町時代の建築と考えられ、木津川市指定文化財となっています。

 

神門をくぐって左側(西側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が並んでいます。拝殿は瓦葺の平入切妻造。正面六間・奥行四間と拝殿としては比較的奥行の長い建築。

新しい建築との印象を受けますが実は江戸時代の建立のようで木津川市指定文化財となっています。改修工事が行われたのでしょう。

 

本殿は銅板葺の三間社流造。元禄五年(1692年)の造営で内陣と外陣に分かれており彩色が施されています。京都府登録有形文化財

本殿と拝殿の間には瓦葺・妻入切妻造の幣殿があります。幣殿には床が張られて壁が無く、山城国北部でよく見られる舞殿風拝殿を彷彿させるものです。

 

本殿前の狛犬。砂岩製の古めかしいものです。

 

社殿の左右に多くの境内社が配置されています。

拝殿の左側(西側)には「春日神社」が鎮座。

 

春日神社の右側(北側)には三社の相殿が鎮座しています。

祀られているのは左から「熱田神社」「日枝神社」「八幡宮」。

 

本殿の右側(東側)へ。こちらにも三社の相殿が鎮座しています。

祀られているのは左から「熊野神社」「市杵島神社」「大国主神社」。

 

三社相殿の右側(東側)に「天神社」が鎮座。牛の置物が置かれていることから菅原道真公が祀られているのでしょう。

境内社の中でこの神社だけが春日見世棚造です。

 

天神社の右側(東側)に森の中へ奥まった空間があり、そこにも境内社が鎮座しています。社名は書かれていませんが、狛狐や狐の置物からして稲荷系の神社のようです。

 

本殿の後方の石垣の上には三基の石祠(?)があり紙垂付きの榊が納められています。これは何なのでしょう。

 

タマヨリ姫
一夜にしてこの森が涌き出てきたの!?すごい!
そのように伝えられてるわね。もちろん事実じゃないとしても、とても古くからある森なのは間違いなさそうね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「涌出宮」

+ 開く

涌出宮

正式には和伎坐天乃岐支売神社と称す。御祭神を称徳天皇天平神護二年(七六六年)に伊勢の国からこの地に御遷しした。

涌出宮の通称は、「この時一夜にして森が涌き出し、四町八反(一七八五一㎡)余りの神域と化したので、世人は御神徳を称えてこのように呼称した」との伝説による。延喜式神名帳に名を列ねる古社である。

一、御祭神

天乃夫岐売尊、田凝比咩尊、市杵嶋比咩尊

二、宮座行事(昭和六十一年一月二十三日 国の重要無形民俗文化財指定)

○いごもり祭(二月十五、十六、十七日)与力、古川、歩射、尾崎の四座

十五日 門の饗応 松明の儀
十六日 勧請縄奉納
十七日 饗応の儀 御田の式

○女座の祭(三月二十一日)仲村、岡之の二座

二つの宮座の女衆が各座の当屋に集まり、大根で作った擬え物の前で会食し、後擬え物を持って涌出宮に奉納、神楽をあげてもらう。

○あえの相撲(九月三十日)大、殿屋、仲村、岡之の四座

四つの宮座が二組に分かれ子供相撲を涌出宮に奉納する。

○百味の御食(十月十六、十七日)大、殿屋、仲村、岡之の四座

四座が出て、山や田畑の収穫物を各戸から集めて、涌出宮供物として奉納する。

三、涌出森(昭和五十八年四月十日 府文化財環境保全地区決定)

境内一帯は弥生時代中期の住居跡で、弥生式土器片が出土する。涌出宮遺跡と言う。

四、本殿(昭和五十八年四月十五日 府登録有形文化財決定)

社蔵の文書「堂舎氏子僧遷宮記」によれば「広本殿は元禄五年(一六九二年)の建造であり、三間社、流造で屋根には千木、勝男木を置く」とある。昭和五十年に銅板葺の屋根に改められた。本殿の棟札十二枚も府の文化財に決定されている。

山城町教育委員会

貼紙「涌出宮」

+ 開く

涌出宮

一、神社名

和伎座天乃夫岐賣神社(通称 涌出宮)

二、御祭神

天乃夫岐賣命
田凝姫命
市杵島姫命
瑞津姫命

三、涌出宮縁起

1

古来より天下の奇祭「いごもり祭」で世に知られる涌出宮は、JR奈良線棚倉駅前の鎮守の森に鎮座する古社である。(旧社格は「延喜式内社・郷社」)

2

創建は、今より千二百年余り前の、称徳天皇の天平神護二年(七六六年)に、伊勢国度会郡五十鈴川の畔より、御祭神として此の地に勧請申し上げたと伝えられている。

社蔵の文書(和伎座天乃夫岐賣大明神源緑録)によれば、御祭神天乃夫岐賣命とは、天照大神の御魂であると記されている。恐れ多く、神秘なるが故にかく称し上げたとある。後に田凝姫命、市杵島姫命、瑞津姫命を同じく伊勢より勧請して併祀したとある。

尚、この三女神は、大神と素戔嗚命との誓約によってお生れになった御子である。(涌出宮大明神社記に拠る)

大神を、この地に奉遷した処、此の辺は一夜にして森が涌き出し四町八反余りが、神域と化したので、世人は恐くし、御神徳を称えて、「涌出の森」と、呼称したと言い伝えられている。

山城の国祈雨神十一社の一社として、昔から朝野の崇敬を集めてきた。清和天皇(八五九年)や、宇多天皇(八八九年)が奉幣使を立て、雨乞祈願をされたところ、霊験により降雨があったと記されている。

四、社殿・建造物など

1

本殿は社蔵の「堂社氏子僧遷宮記」によれば、現本殿は元禄五年(一六九二年)の造営で、「三間社・流造り」で屋根には、「千木・勝男木」を置くとある。

2

それ以前には中世の戦火で度々焼失し、源頼朝や、後小松朝、後柏原朝の御代にも再建された。

3

昭和五十年には、本殿の屋根が槍皮葺から銅板葺に変わり、現在の形となった。

4

平成三年には、氏子、崇敬者の浄財処出により、神楽殿・社務所が全面改築新装された。

5

涌出森境内一帯は、弥生期の住居跡として、弥生式土器・石器等が出土した。また、社務所改築前の発堀調査では、堅穴式住居跡も確認された。-昭和五八年京都府指定・涌出宮遺跡-

五、主な神事

1

涌出宮の宮座行事-国指定・重要無形民俗文化財(昭和六十年)

◎近畿地方で行われる宮座行事の中でも、当神社のそれは、氏神祭祀の古風な儀礼をよく保存する典型的な例として重要である。(指定基準の辞)

○いごもり祭

与力座の運営により、古川座・歩射座・尾崎座が参画して祭祀が行われる。
室町期の農耕儀礼と古代神事をよく温存していると言われる祈年祭である。
二月十五日 午後八時頃 門の儀・大松明の儀
二月十六日 午後二時頃 勧請縄奉納の儀
二月十七日 午後二時~四時 饗応の儀・御田の式
☒(備)-他見をはばかる神事-
二月十五日 午前一時~十八日 午前五時 森廻り神事・野塚神事・御供炊き神事・四ツ塚神事

○女座の祭

岡之座・中村座の女衆が大根で作った擬物の前で会食をし、後それを神前に供え、神楽を奉納する。
春の彼岸中日 午後三時頃

○アーエーの相撲

大座・殿屋座と岡之座・中村座から夫々男児二名を出し、子供相撲を奉納する。
九月三十日 午後二時頃

○百味御食(秋祭)

大座・殿屋座・岡之座・中村座が各戸から、集めた野山の収穫物を供物として神に奉納する。
十月十七日 午前九時

2

月次祭 毎月一日 午前十時より ※正月は七日(七草祭)

3

元旦祭 一月一日 午前零時より

4

新嘗祭 十一月二十三日

六、いごもり祭(居籠祭・齋居祭)起源など

1

天下の奇祭「いごもり祭」の起源については諸説の伝承がある。

崇神天皇の御代に、天皇の庶兄で、当地山城地方を任せられていた、武埴安彦命の軍が、大和朝廷軍と戦い敗北して安彦は非業の最期を遂げた。その後、数多くの戦死者の霊が崇り、この辺りに悪疫が大流行して人々を悩ませた。村人達は齋みこもって悪疫退散の祈祷をし、かくして悪霊が鎮まった。

これが、いごもり祭の起りと言われている。(日本書紀)

因に、木津川対岸の祝園神社でも、いごもり祭を齋行されている。伝説では、安彦が斬首されたとき、首は川を越えて祝園まで飛び、胴体は棚倉に残ったと言われている。

祝園神社では、安彦の首を型どった竹輪を祭に用い、涌出宮では胴体を型どった大松明を燃すのだ、との言い伝えもある。

2

昔、鳴子川へ三上山から大蛇が出てきて、村人を困らせたので義勇の士がこれを退治したところ、首は祝園に飛び胴体は棚倉に残ったとの言い伝えもある。

3

「いごもり祭」は、昔は「音無しの祭」と言われ、村中の人達は、家の中に居ごもって年乞の祈りが成就されるまで一切音を立てなかったという。

4

現今では、「いごもり祭」は、室町期の農耕儀礼を伝える豊作祈願の祭と言われ、更に春を呼び幸せを招く、除厄招福諸願成就の祭として、大いに世人の注目と信仰を集めている。

七、宝物・遺文・その他

1

本殿。拝殿(元禄期)-京都府登録有形文化財

2

四脚門(室町期)-山城町登録有形文化財

3

本殿棟札十二枚-京都府登録有形文化財

4

石造燈籠(南北朝一基・室町期一基)

5

古文書
・涌出宮大明神祝詞(室町期祈年祭祝詞)
・和伎座天乃夫支賣大明神源緑録-年代不詳
・涌出宮大明神神社記-年代不詳

6

出土品
・境内地出土弥生期の石器・土器並に縄文土器
・神社周辺の古墳時代の出土品

7

参考文献
・京都民俗志(井上頼寿著)
・日本の古代文化(林屋辰三郎著)
・京都の田遊び調査報告書(京都府教育編)
・探訪神々のふる里「平安京の神々」

八、涌出の森とイチイガシ

鎮守の杜を中心に涌出森の境内地全体が「環境保全地区」に指定されています。

この鎮守の杜に多く見られる大木・イチイガシは、日当り・風通しが良く、水も豊富な清しき環境の中で育つといわれ、そのイチイガシの群生は、涌出の森そのものを物語っていると言えるでしょう。「学者の談より」

 

地図

京都府木津川市山城町平尾里屋敷

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.