1.奈良県 2.大和国

春日神社 (奈良県桜井市戒重)

社号 春日神社
読み かすが
通称
旧呼称 長田宮(?) 等
鎮座地 奈良県桜井市戒重
旧国郡 大和国式上郡戒重村
御祭神 天児屋根命、天太玉命、武甕槌命、比売大神
社格 式内論社、旧村社
例祭 9月10日

 

春日神社の概要

奈良県桜井市戒重に鎮座する神社です。太田地区に鎮座する「他田坐天照御魂神社」と共に式内社「他田坐天照御魂神社」の論社となっています。

式内社「他田坐天照御魂神社」は『延喜式』神名帳には大社に列せられ、古くは有力な神社だったようです。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。

他田はオサダと読み、敏達天皇の皇居「訳語田幸玉宮(おさだのさきたまのみや)」にも見られるように古い地名だったようですが、現在は地名としては消滅しています。

当地はかつて他田庄と呼ばれたといい、戒重地区の小字「和佐田(ワサダ)」は明治以前は「他田」だったとも言われています。

また当社は「長田宮」「他田宮」とも呼ばれたとも伝えられ、当社が式内社である論拠となっています。

ただし現在の当社は式内社を名乗っておらず旧来の「春日神社」のままで、「他田坐天照御魂神社」の社名は太田地区の神社が名乗っています。

当社の御祭神も春日神である「天児屋根命」「天太玉命」「武甕槌命」「比売大神」の四柱です。

「『延喜式』神名帳に見える○○天照御魂神社は日読みの地である」旨の主張も太田地区の「他田坐天照御魂神社」を元に論じられることが多く、当社は式内論社としては有力と見られていない傾向となっています。

とはいえ、当地が「他田庄」と呼ばれ、当社が「長田宮」「他田宮」と呼ばれていたのならば式内論社を主張するに十分であり、検討を重ねていく必要がありましょう。

なお、「訳語田幸玉宮」と式内社「他田坐天照御魂神社」の比定は連動しており、訳語田幸玉宮も当地あるいは「他田坐天照御魂神社」の鎮座する太田地区が候補地とされています。

当社境内には当地が訳語田幸玉宮の推定地である旨の桜井市教育委員会建立の看板があり、同委員会は当地にあった説を推しているようです。

 

境内の様子

当社は戒重地区を南北に貫く国道169号に沿って鎮座しています。

境内は玉垣で囲われており、入口には鳥居が西向きに建っています。

 

鳥居をくぐってすぐ右側(南側)に手水舎が建っています。

 

境内は狭く、鳥居をくぐってすぐ正面奥に社殿が西向きに並んでいます。

拝殿は銅板葺の平入切妻造。

 

拝殿前に配置されている砂岩製の狛犬。基壇には「大正四年」(1915年)の紀年銘が刻まれています。

 

拝殿後方には塀に囲まれて銅板葺・一間社春日造の本殿が建っています。

本殿には朱などの彩色が施されており、本殿前には鳥居が建っています。

 

拝殿前の左側(北側)に三社の境内社が南向きに鎮座しており、その前に鳥居も建っています。

なお三社の境内社の間にそれぞれ石碑が建っていますが、状況からするとどうやら左側に建つ神社の社号標のようです。

しかしこれらの石碑は「大権現」号が使用されていることから江戸時代以前に建立されたものと思われ、推測するならば本来はこの石碑を祭祀の対象としていたところ、後世にその横に社殿を造営したのではないでしょうか。

 

この境内社群の最も左側(西側)に「瑜加社」が鎮座しています。社殿は銅板葺の春日見世棚造で、狐の置物が配置されています。

瑜伽大権現の総本宮ともされる岡山県倉敷市の「由加神社」は稲荷神とは無関係ですが、奈良市高畑町に鎮座する「瑜伽神社」はまた別系統で「宇迦御魂大神」を祀っており、当社も恐らくそこからの勧請でしょう。

右側に「瑜加大権現」と刻まれた石碑が建っており、本来はこれを祭祀の対象としたと推測されます。

 

境内社群の中央に「琴平社」が、最も右側(東側)に「稲荷社」が鎮座しています。

社殿はいずれも銅板葺の春日見世棚造で、稲荷社には狐の置物が配置されています。

両社の間に「金比羅大権現」と刻まれた石碑があり、琴平社は本来はこの石碑を祭祀の対象としていたことが推測されます。

 

本社拝殿の右側(北側)には木の根元に「繁森社」が西向きに鎮座しています。

社殿は銅板葺の春日見世棚造。

 

境内の北側には蝋燭を立てる建物が建っています。

蝋燭が数本残っており、現代の神社には珍しく現在も蝋燭を立てる風習があるようです。

 

境内の北東隅にある石造物群。左側は割れてしまっていますが元々は手水鉢だったのでしょう。

右側の棒状の石造物は謎です。男根のようにも見え、少なくとも春日系の神社ではあまり見ないものです。

或いはこれら二つの石造物を合わせて陰陽を表しているのかもしれません。

 

タマヨリ姫
他田坐天照御魂神社っていうムズカシイ名前の式内社、論社が二つあるけどこっちは式内社を名乗ってないんだね。
そうみたいね。とはいえかつて「長田宮」「他田宮」と呼ばれていたとも言われてるみたいだから、もしそうなら式内社である可能性は十分あると思うわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「敏達天皇訳語田・幸玉宮推定地」

+ 開く

敏達天皇訳語田・幸玉宮推定地

敏達天皇の訳語田幸玉宮について、『扶桑略記』『帝王編年記』はともに磐余訳語田宮とし、磐余の範囲内にあったことが確認できる。訳語田幸玉宮の所在地については、従来、桜井市太田とする説と桜井市戒重とする二説があった。しかし、戒重村はかつて他田庄と呼ばれ、また戒重村の小字「和佐田」(わさだ)は明治以前「他田」(おさだ)であった。そしてこの春日神社は古くは他田宮(長田宮)と称したことなどからこの地域が考えられる。

桜井市教育委員会

 

地図

奈良県桜井市戒重

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

他田坐天照御魂神社 (奈良県桜井市太田)

社号 他田坐天照御魂神社 読み おさだにますあまてるみたま 通称 旧呼称 春日社 等 鎮座地 奈良県桜井市太田 旧国郡 大和国式上郡太田村 御祭神 天照御魂命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月11日 ...

続きを見る

-1.奈良県, 2.大和国
-,

© 2021 神社巡遊録 Powered by STINGER