1.奈良県 2.大和国

添御県坐神社 (奈良県奈良市歌姫町)

社号 添御縣坐神社
読み そうのみあがたにいます
通称
旧呼称 牛頭天王社、八王子社 等
鎮座地 奈良県奈良市歌姫町
旧国郡 大和国添下郡歌姫村
御祭神 建速須佐之男命、櫛稲田姫命、武乳速命
社格 式内社
例祭 10月10日

 

添御縣坐神社の概要

奈良県奈良市歌姫町に鎮座する神社です。三碓地区に鎮座する同名の「添御縣坐神社」と共に式内社「添御縣坐神社」の論社となっています。『延喜式』神名帳には大社に列せられ、古くは有力な神社だったようです。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。当社が式内社「添御縣坐神社」であるならば、かつて大和国にあった六ヶ所の朝廷の直轄地「倭の六県」(高市県、葛木県、十市県、志貴県、山辺県、曽布県)の一つ「曽布(添)県」の守護神として祀られたものと考えられます。

これら「倭の六県」は『延喜式』祝詞に見え、蔬菜類を栽培し献上するための農園のような地だったことがわかります。

『新撰姓氏録』には津速魂命の子、武乳遣命を出自とする「添県主」が登載されており、中臣系のこの氏族が式内社「添御縣坐神社」を奉斎したと考えられます。

当社の現在の御祭神は「建速須佐之男命」「櫛稲田姫命」「武乳速命」です。この内、建速須佐之男命と櫛稲田姫命については、当社は近世以前に「牛頭天王社」と称し牛頭天王を祀っていたため、明治の神仏分離により仏教色の強い牛頭天王に代わって祀られるようになったものでしょう。

「武乳速命」は添県主の祖である「武乳遣命」と同一と思われ、恐らく式内社の論社とされて以降に祭神に加えられたものと思われますが、式内社「添御縣坐神社」は本来は専らこの神が祀られていたと考えられます。

『大和志』はじめ多くの江戸時代以前の資料では三碓地区の「添御縣坐神社」を式内社としている一方、『大和志料』では、添上郡と添下郡の境界の地であり、また「御県山」の字が存在することを指摘し、当社に比定しています。

添上郡と添下郡の境界の地ということは逆説的に(添上郡と添下郡を併せた)「曽布(添)」地域の中心とも言える地でもあります。

そしてこの地は平城京の真北にあたり、平城京から当社の脇を通る歌姫越えはかつて山城国へと通じる主要な街道だったとされています(後に大和国と山城国を結ぶ主要な街道は東の奈良坂越えに移る)。

さらに当地は山城国との境界にも近い峠道であり、サイノカミ的な境界の神として災厄や疫病、悪霊などを防ぎ往来する人々の安全を守護する神格があったことも想像されます。

当社がかつて疫病除けの神だった牛頭天王を祀っていたのもこうした立地によるところが大きいのかもしれません。

このように見ると当地は式内社の鎮座地として相応しく、朝廷の直轄地たる曽布県の守護神としてのみならず、境界の神としての神格も付与され朝廷にとって重要な神と見做されていたことも考えられます。

現在は小さな神社ですが、その歴史は雄大なものがあったのかもしれません。

なお、当社は元々は東向きに建っていたものの、郡山藩主の参勤交代の際に神前を通るのは畏れ多いとして南向きに変えたと伝えられています。

 

境内の様子

添御県坐神社 歌姫町

境内入口。平城京から北に伸びる県道751号に沿って鎮座しており、入口には鳥居が南向きに建っています。

 

鳥居をくぐった様子。参道沿いに灯籠がズラッと並んでいます。

参道の社叢は杉などの針葉樹が多め。疎らで巨樹は乏しく、恐らく近年に植樹されたものでしょう。

 

参道途中の狛犬。花崗岩製でしょうか。

 

さらに参道を進み石段を数段ほど昇った先、右側(東側)に手水舎があります。

 

添御県坐神社 歌姫町

添御県坐神社 歌姫町

参道の正面に社殿が南向きに並んでいます。伝承ではかつて東向きだったと伝えられています。

拝殿は桟瓦葺・妻入入母屋造で、京都に多い舞殿風拝殿に近い形式。京都府との境界に近いので京都府の神社の様式の影響を受けていることが考えられます。

拝殿後方は参道と異なり鬱蒼とした社叢となっています。

 

拝殿前の狛犬。こちらは砂岩製です。

 

拝殿後方に立ち入ることができないので拝殿から辛うじて覗き見ることしかできませんが、拝殿後方に石段があり、その上に朱鳥居が建ち、その奥に本殿が建っています。

本殿は檜皮葺の春日見世棚造で朱の施されたもの。

 

境内の西側には金網で蓋のされた池があります。

池の脇には祠はありませんが「辨財天」と刻まれた石碑が建っていました。

 

タマヨリ姫
歌姫って地名すごくいいね!歌の神様が祀られてるのかな?
多分関係無いんじゃないかしら。御県、つまり朝廷の直轄地の守護神だったと考えられるわ。それと共に境界の神としても信仰されていたかもしれないわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「式内 添御県坐神社」

+ 開く

式内 添御県坐神社

祭神

速須佐之男命
櫛稲田姫命
武乳速命

祭神・速須佐之男命は皇祖・天照大神の弟神、櫛稲田姫命は、須佐之男命によって八岐大蛇の難をのがれ、命の妃となった姫神。武乳速命は添の御縣の地の祖神です。

一月一日 元旦祭
三月十一日 春の大祭
八月二十一日 雨喜祭
十月十日 秋祭
十一月二十八日 秋の大祭
各月一日 月次祭

延喜式の祈年祭の祝詞によると、御縣の神は代々天皇の御膳に野菜を献上したと記されています。また祭神・櫛稲田姫の神名は「奇(く)し稲田」が原義でその神格は農の神であります。

当神社は、大和平野中央を貫く古代の下つ道の北端に位置します。そして、大和から歌姫越えて諸国へ旅をする際に、国境に鎮座する手向けの神として尊崇されていました。万葉集に左大臣・長屋王の詠んだ次の歌があります。

佐保すぎて 寧楽の手向けに 置く幣は 妹を目離れず 相見しめとぞ

この歌は、大和と山城の国境の神、添御縣坐神社を拝し、旅の安全を祈念したものと考えられます。

当神社は、格のある式内社・御縣社の一つとしてだけでなく、農の神、旅の神として崇敬されてきました。江戸時代には「午頭天王社」「八王子社」として除災・治病の神としても信仰されてきました。

 

地図

奈良県奈良市歌姫町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

添御県坐神社 (奈良県奈良市三碓)

社号 添御縣坐神社 読み そうのみあがたにます 通称 旧呼称 牛頭天王社 等 鎮座地 奈良県奈良市三碓3丁目 旧国郡 大和国添下郡三碓村 御祭神 建速須佐之男命、武乳速之命、櫛稲田姫之命 社格 式内社 ...

続きを見る

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.