1.奈良県 2.大和国

忍坂坐生根神社 (奈良県桜井市忍阪)

社号忍坂坐生根神社
読みおしさかにますいくね
通称
旧呼称
鎮座地奈良県桜井市忍阪
旧国郡大和国式上郡忍阪村
御祭神少彦名神
社格式内社、旧村社
例祭10月17日

 

忍坂坐生根神社の概要

奈良県桜井市忍阪に鎮座する式内社です。

当地の地名「忍阪(おっさか)」は『倭名類聚抄』大和国城上郡の「忍坂郷」の遺称であるのみならず、和歌山県橋本市隅田の「隅田八幡宮」が所蔵する国宝「人物画像鏡」(五~六世紀頃の製作)に男弟王なる人物が「意柴沙加宮」にいた旨の銘文があり、銘文の解釈は定まっていないものの極めて古い地名であることは間違いありません。

允恭天皇の皇后である「忍坂大中姫」など、古代には忍坂を名に持つ人物も数多く見られ、当地と関連のある人物だったことが推測されます。

 

当社の創建・由緒は詳らかでありません。天平二年(730年)の正倉院文書『大倭国正税帳』に記載されている「生根神」は当社とされており、少なくともこの頃には当社は存在していたようです。

当社は本殿を持たず、背後の「忍坂山(外鎌山)」を神体山とし、拝殿後方には自然石数十個を並べて磐座としています(未確認)。

大阪府大阪市住吉区住吉に「生根神社」が鎮座しており当社と関係のある可能性もありますが、当社の祭祀状況を見ればやはり背後の山を神の宿る神奈備、神体山として祭祀した素朴で古い自然信仰に始まると考えるのが妥当でしょう。

『万葉集』にも忍坂山について「隠国(こもりく)の 泊瀬の山 青幡の 忍坂の山は 走り出の 宜しき山の 出で立ちの くわしき山ぞ あたらしき 山の 荒れまく惜しも」と歌われています。「宜しき山」と言わしめるほど印象的な山だったのでしょう。

なお、これは挽歌(人の死を悲しみ悼む歌)であり、「荒れまく惜しも(荒れるのは惜しい)」と歌われているのは忍坂山が葬送の地とされたからとも言われています。それを証するようにこの山には100以上もの古墳が存在していることが知られています。

 

一方、大同三年(808年)に成立した日本最古の医学書である『大同類聚方』には「以久禰(イクネ)薬」なる薬が登載されており、これによれば当社に伝わるものであり額田部連等の上奏したもので、妊娠した女性の不調に用いるものであるとあります。

また同書には「志紀乃加美(シキノカミ)薬」なる薬も登載されており、これも当社に伝わるもので、咳が激しく胸や肩が痛む際に用いるものであると記されています。

このように当社では複数の薬の製法が伝わっていたようで、現在の当社の御祭神が「少彦名神」であるのも医薬の神として祀られたものであると思われます。

一方で上記の「以久禰薬」が額田部連等の奏上したものである点から当社を額田部氏が奉斎したものとし、当社の祭神も額田部氏の祖神である「天津彦根命」であったとする説もあります。

『新撰姓氏録』の大和国を見れば神別氏族として天津彦根命の三世孫、意富伊我都命の後裔であるという「額田部河田連」が見えます。

ただし大和国の額田部氏は現在の奈良県郡山市額田部付近が本拠地と見られ、「河田」もその近隣の地名である天理市嘉幡町に関係があると思われ、この氏族が当社を奉斎したとするのはやや苦しいでしょう。

また額田部氏は複数の系統があり、天津彦根命を祖とする系統の他にも明日名門命を祖とする系統、神魂命系を祖とする系統もあります。

「以久禰薬」を額田部連等が奏上した点から当社と額田部氏に何らかの関わりがあったことは考えられるものの、その額田部氏を特定することは困難であり、またこれを以て当社を奉斎した証であるとも言えないため、何とも言えないところです。

 

ただ当地は上記「人物画像鏡」にも見える地名であり、雄略天皇の皇居「泊瀬朝倉宮」からもほど近い地で、五世紀頃には特に重要な地であったことが考えられます。

邪推するならば、当社の祭祀もその頃に印象的な山である忍坂山に都の守護神として神籬を設け祀ったのが始めだったのかもしれません。

 

境内の様子

当社は大和国中(奈良盆地)と宇陀とを結ぶ忍坂街道沿い、忍坂山(外鎌山)の西麓に鎮座しています。

当社境内の外縁は石垣が積まれており、鳥居等はありませんが南側にある石段が境内への入口となります。

 

忍坂坐生根神社

石段を上った様子。広く開放的な空間となっており、奥には再び石垣が積まれています。

 

入口の石段を上ってすぐ正面に大きな手水鉢が配置されています。

 

忍坂坐生根神社

境内奥の石垣の前には多くの石灯籠がズラッと並んでいます。

石垣の上には瑞垣を設けて社殿の建つ空間を区画しており、石垣の中央に伸びる石段から社殿へ至ります。

 

忍坂坐生根神社

石段の上には鳥居が西向きに建ち、そのすぐ奥に社殿が西向きに建っています。

 

鳥居前に配置されている狛犬。砂岩製で縦に長い印象。赤い涎掛けもアクセントになっています。

 

当社の社殿は拝殿があるのみで、本殿はありません。

拝殿は簡素な銅板葺・妻入切妻造の建築。千木と鰹木も前後に設けられています。

確認していませんが、背後に石を並べた磐座らしきものもあるようです。

 

石垣の左端(北側)にも石段があり、その上に鳥居が西向きに建っています。

その鳥居をくぐったところに「天満神社」が西向きに鎮座。御祭神は「菅原道真公

銅板葺の春日見世棚造で、全体が朱に塗られています。

その他、中央の石段の左右にそれぞれ境内社「神女神社」(御祭神「大宮女命」)および「愛宕神社」(御祭神「火産霊神」)が鎮座していますが記録を失念していました。

 

境内の隅にこのような岩石があり、注連縄が掛けられています。

案内板には「陰陽石が一基あり」とあり、恐らくこれを指すのでしょう。

 

境内の北側の一帯は遊具が設置されており、子供たちの遊び場となっています。

 

一旦境内の外へ。境内外縁の石垣には入口の石段とは別に、その北側にも狭い石段が設けられています。この石段は本社社殿の真正面にあたるところです。

この石段には縄が掛けられ、そこから杉の枝を添えた縄が三本垂れ下がった特殊なものです。小型の勧請縄と言うべきもので、注目すべきものです。

 

当社近隣から見る「忍坂山(外鎌山)」。左側がその山頂ですが、当社は右側の峰の麓に鎮座しています。

いずれにせよこれらの山々が当社の神体山であると考えられます。

 

タマヨリ姫
この神社は本殿が無いんだね!大神神社みたい!
ここは常設の社殿を設けないで祭祀した古い形態が今でもそのまま残ってるみたいね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「忍坂坐生根神社」

+ 開く

忍坂坐生根神社

祭神

一、少彦名命(少彦名の皇子と)
一、天津彦根命(あまつひこねのみこと)

境内社

一、神女神社(しんにょじんじゃ)大宮女を祀る
一、愛宕神社(あたごじんじゃ)火産霊神を祀る
一、天満神社(てんまじんじゃ)菅原道真公を祀る

当社は天平二年(七三〇年)の「大倭国正税帳」に、また延長五年(九二七年)の「延喜式内社」にも名前がみえる古社で、本殿を持たず宮山をご神体とし拝殿の北側に神が鎮座する「石神」と称する自然石十数個を並べた「磐座」があります。

ここ忍阪の地は隅田八幡宮所蔵の国宝人物画像鏡に刻まれた「意柴沙加宮」の地ともされ、第二十六代継体天皇が磐余玉穂宮に即位される以前におられた処とされています。

また忍坂大中姫命や衣通姫が居られたとも伝わり、「大和志料」では額田部氏の祖天津彦根命を祀るとも記され、平安時代の医書「大同類聚方」に当社相伝の「以久禰薬」(額田部連の上奏)のあることを伝えています。その薬の製法は昭和の初期まで伝わり、また額田部氏が居住したとするこの地で額田王と鏡女王姉妹との繋がりや息長足日広額天皇(第三十四代舒明天皇)の陵墓があることから息長氏の大和での拠点の一つであったとされています。

拝殿への石段の左右には境内社の「神女神社」と「愛宕神社」を、北側には「天満神社」を祀ります。石燈籠二十四基の最古のものは拝殿下左右の延宝二年(一六七四年)、正面登り口の石橋は正徳五年(一七一五年)の刻銘があります。また年代不詳の陰陽石が一基あり、静かに村の安全と繁栄を見守っています。

境内には万葉集巻一三-三三三一(作者不詳 洋画家・有島生馬氏の揮毫)による万葉歌碑があります。

「こもりくの泊瀬の山 青幡の忍坂の山は走出の よろしき山の 出で立ちのくわしき山ぞ あたらしき山の荒れまく惜しも

平成二十三年九月

桜井市忍阪区

 

地図

奈良県桜井市忍阪

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

© 2021 神社巡遊録 Powered by STINGER