1.奈良県 2.大和国

売太神社 (奈良県大和郡山市稗田町)

社号 賣太神社
読み めた
通称
旧呼称 三社明神 等
鎮座地 奈良県大和郡山市稗田町
旧国郡 大和国添上郡稗田村
御祭神 稗田阿礼、天鈿女命、猿田彦命
社格 式内社、旧県社
例祭 10月19日

 

賣太神社の概要

奈良県大和郡山市稗田町に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、当地に居住した「稗田氏」が祖神を祀ったのが当社の創建と考えられています。

稗田氏は優れた記憶力により『古事記』の編纂に携わった人物「稗田阿礼」を輩出した氏族として知られていますが、記紀や『新撰姓氏録』等には見えず謎の多い氏族です。

稗田氏は『弘仁私記』などの記録に「天鈿女(あめのうずめ)命」の子孫であると見えています。

アメノウズメは記紀において天岩戸の段で滑稽かつ性的な動作で踊って神々を笑わせ、天岩戸に籠った天照大神の興味を引いて脱出させることに成功した様子が描かれており、極めて有名な局面となっています。

この記述からアメノウズメは踊りや舞によって神々に奉仕し和ませる巫女を神格化したものと考えられています。

また記紀にアメノウズメの子孫は「猿女君」であると記載されており、大嘗祭はじめ朝廷における祭祀において舞などの芸能を行う人々だったとされています。

猿女君もまた『新撰姓氏録』に記載がなく謎の多い氏族で、実態は血縁的な氏族でなく神事や芸能に奉仕した女性の集団だったとする説もあり、稗田氏も生まれた女子をこの集団に属させる資格を持つ氏族の一つだった可能性があります。

稗田氏にしろ猿女君も不明な部分が多いので推測の域を出るものではありませんが、猿女君は本来伊勢を拠点として活動していた一方で、朝廷に奉仕するため都に近い添上郡の稗田を拠点とした集団が稗田氏だったと見ることもできるかもしれません。

一方で当社についても謎が多く、近世以前は「三社明神」と称し、御祭神も不明だったようで、特に稗田阿礼や天鈿女命など稗田氏に関係する神や人物を祀ったものと考えられていなかったようです。

また式内社「賣太神社」も『大和志』では当社に比定するものの『神社覈録』『大和志料』などの資料では所在不明としているように、当社が式内社であると積極的に比定されるものでもなかったようです。

当社が式内社「賣太神社」とされた根拠は不明ですが、猿女君が天皇より賜ったを猿女田と呼び、後に「猿」を省略して「メタ」と称したとする説があります。案内板によれば現在も「猿女田」と呼ばれる土地があるようで、調査により古墳時代の環濠跡や土器等が発掘されています。

現在の当社は「稗田阿礼」を主祭神とし「天鈿女命」「猿田彦命」を配祀しています。稗田阿礼は古事記編纂に携わった舎人であること以外ほどんとの事蹟が不明で、当初からの御祭神とは考えにくいですが、稗田の象徴的な存在として主祭神に選ばれたのでしょう。

上述のように当地は古くから稗田氏の居住した地とされ、稗田阿礼もこの地の出身である可能性が考えられる一方、中世以来の環濠集落の様子が現在にまで非常に良好な状態で残っており、古代と中世の錯綜する歴史ある地であると言えましょう。

 

境内の様子

売太神社

当社境内は環濠集落となっている稗田の集落の南東部にあり、こんもりとした森になっています。

入口は境内の南東側にあり、南向きの鳥居が建っています。

 

鳥居をくぐると社務所につきあたり、参道は左(西)へ直角に折れ曲がります。

 

参道途中、左側(南側)に手水舎があります。

 

売太神社

売太神社

参道をまっすぐ進むと正面に社殿が東向きに並んでいます。

基壇の上に建つ拝殿は銅板葺の平入切妻造で朱が施されています。正面と側面の前半分は壁の無い開放的な造りで、左右両側に塀が接続しています。

 

拝殿後方に塀に囲われて銅板葺・一間社春日造の本殿が建っています。こちらも朱が施されています。

 

本社拝殿の右側(北側)に謎の正方形の基壇があり注連縄が掛けられています。

さらに基壇の両脇に砂岩製の古めかしい狛犬が配置されてあり、ただならぬ一画であることが窺えます。

何らかの神社の跡でしょうか。気になるものの詳細不明。

 

謎の基壇の左側(西側)に石仏を安置したお堂が建っています。

 

本社社殿の左側(南側)には池があり、「鏡池」と呼ばれています。

池の中に「稗田橋」と刻まれた石碑がありますが橋らしきものは見当たりません。

 

境内の隅には「かたりべの碑」と刻まれた石碑が建っています。稗田阿礼は優れた記憶力により『帝紀』『旧辞』といった古い歴史書を「誦習」、つまり声に出して読み上げることで『古事記』の編纂に携わりました。これを記念したものでしょう。

当社では8月16日に稗田阿礼の威徳を偲ぶ「阿礼祭」が行われます。これは昭和五年(1930年)に児童文学者の久留島武彦が各地の童話作家の協力を得て始めたものです。

そもそも中世以前は『古事記』はあまり注目されず、近世中期から国学が盛んになるにつれてようやく注目を浴びるようになっていきます。稗田阿礼の功績に目が向けられるのもこれ以降であり、昭和に至って一気に高まったものなのでしょう。

こうした評価の移り変わりもまた一つの歴史であると考えるべきです。

 

当社の鎮座する稗田地区は環濠集落となっています。環濠集落とは農民が集落を守るために集落の周りに堀(水路)を廻らせたもので、現在見られるものは戦乱の多発した中世以来のものです。

奈良盆地では各地に環濠集落が残っていますが、稗田地区の環濠集落はとりわけ良好な状態で残っており、教科書にも代表例として取り上げられるほどです。

整備が行われているとはいえ堀が昔のままに残っており、集落内も古い家屋が多く、さながらタイムスリップしたような感覚すら味わえます。

当社参拝の際は環濠集落の様子も見学してみるとより当地の歴史の理解が深まるのではないでしょうか。

 

タマヨリ姫
へー、古事記を作るのに携わった人の出身地なんだ。
稗田阿礼を輩出した稗田氏は天鈿女命の子孫でここに住んでいたとも言われてるけど、わからないことも多いみたいよ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

案内板「賣太神社御由緒」

+ 開く

賣太神社御由緒

社格

延喜式官幣社
旧県社

御祭神

主斎神 稗田阿礼命
副斎神 猿田彦命
副斎神 天鈿女命

稗田阿礼命

この稗田の地は太古の昔より朝廷に奉仕した猿女君稗田氏一族の居住地であって天武天皇の舎人稗田阿礼はこの一族として出仕したのである。

天皇は阿礼が記憶力理解力共に抜群で、学芸諸術の才にも秀でていたのをお褒めになって御自ら御精選になった歴代天皇のご事績と建国以来の歴史・神話・伝説・歌謠を直接お授けになった。

この誦習った事柄を三十有余年後の元明天皇が太朝臣安萬侶に記録させられた書物が古事記である。之はわが国最古の文学書であり、古代人の生活・習慣・思想が書かれており、祖先の考え方や生き方を偲ぶのに貴重な書物である。

今日阿礼様の宏大無辺のご霊徳を偲び学問の神・知恵の神として信仰が厚い。

猿田彦の神

天孫降臨の際、道案内され、後に天鈿女命の彦神となられた神様で、土地・方位の神として全ての物事の初め、即ち新築・移転・旅立ち・結婚等に災難や悪魔を祓い良い方に導き給うご霊験あらたかな神様である。

天鈿女命

猿女君稗田氏の太祖で天岩戸隠れの神事にたらいを伏せて舞を舞われた女神でオタフク又はオカメの愛称を持つ福の神・芸能の始祖神として親しみを持って信仰されている。

案内板「賣太神社御由緒」

+ 開く

賣太神社御由緒

御祭神

主斎神 稗田阿礼命
副斎神 天宇受賣命
副斎神 猿田彦神

<御由緒>

太古より稗田の地は天宇受賣命を祖遷都する猿女君稗田氏の居住地であった。(氏は天皇より多くのご養田をたまわり、その田を猿女田と称され、現在もなお猿女田と呼ばれている土地がある。令和元年十一月地元平和幼稚園跡地の猿女田の地の発掘により、千六百年前(四・五世紀 古墳時代)の環濠跡や祭祀土器、二千年前の弥生土器やお米等が発見された。)

この地に鎮座する賣太神社の創建は未詳であるが、千四百年前の推古帳に稗田町より聖徳太子ゆかりの地兵庫県揖保郡太子町に移住された人々により稗田氏の祖神をまつる賣田神社(現在稗田神社)が分祀されている。『日本書紀』天武元年(七六二)の条によると、大和平野を縦走する幹線道路「下つ道」沿いに位置していた稗田は、壬申の乱のおり、攻防を決する重要な地点とみなされていた。その後奈良時代には下つ道は、平城京の大極殿へと通じる水陸両用の幹線道路で都に近い稗田は大変な賑わいをみせていたと考えられる。古来より神域広大であった賣太神社は平安時代前期の『延喜式』に「大和国添上郡賣太神社」と記載され、朝廷から官社と認められ「式内社」に列せられた。

<主斎神 稗田阿礼命と『古事記』>

稗田阿礼命は七世紀天武天皇に舎人としてお仕え申し上げていた。『古事記』の序に「時に舎人あり。姓は稗田、名は阿礼、年はこれに十八、人となり聡明にして、目に度れ口に誦み、耳にふるれば心に勒しき。」とある。天皇がご精選された歴代の神々や天皇の御事跡、神代以来の各氏族の歴史など数多くの手柄を勅語で誦習わしお授けになった。これを三十有余年後、時の天皇元明天皇が奈良に都を遷された翌年、太安万侶命に「稗田阿礼の誦み習った事柄を記録せよ」とお命じになられた。このようにして、和銅五年(七一二)正月二十八日に天皇に撰上申し上げたのが『古事記』である。

『古事記』は天地創造から七世紀の推古天皇の時代に至るわが国最古の国文の歴史・文学の書であり、古代の人々の生活習慣・思想などが多方面にわたって映し出されたものである。私たちの祖先がいかなることを考えいかに生きてきたのかを偲ぶこよない手がかりとなる貴重な書物であると同時に日本の文化・伝統の根底に息づく「日本人としての心」を宿しているのが『古事記』である。

<副斎神 天宇受賣命>

猿女君の祖先に当たる女神で稗田阿礼命はその子孫である。天の岩屋の神事に天宇受賣命は天照大御神を岩屋からお出し申し上げた神である。又、天と地の分岐点で猿田彦神と出会い問答などの神事の後に猿田彦神とご結婚された。これらの功績により天皇から猿女君の姓を賜う。宮中に仕えられ、この家族が稗田の地に定住された。天宇受賣命は後世「おたふくさん」と言われ、福の神・芸能の始祖神である。

<副斎神 猿田彦神>

天宇受賣命の彦神で天孫迩迩芸命を天と地の分岐点に立って道案内をされた神である。そのことから物事を初めたり、人生の岐路に立った時良いほうに導き道を切り開いていく力を授けていただける神である。

<社名の由来>

猿女君は天皇より養田を賜りその田を猿女田、持ち主を猿女田主と呼んだ。のち猿の字を略して女田主と呼ぶようになりその祖神をまつる社を賣太神社と称することとなった。

<現社殿>

古書によると当時は社域規模が広壮であったことが記されており現在も残された地名により往時が偲ばれる。現社殿は昭和十七年古事記撰上千二百三十年を契機に「古事記纂録功臣顕彰会」が結成され総裁に元総理大臣平沼騏一郎氏、会長には歴代知事があたられた。全国各地から錠剤の寄進が寄せられ、のべ五千名に及ぶご奉仕と地元の物心両面のご支援により四年の歳月をかけ神域が拡張整備されて盛大な竣工式が執り行なわれた。この時にあたり、宮内庁春日大社両楽頭振り付の「稗田の舞」が草案され披露された。地元の方々により今日まで継承され、今年は七十六代目の舞が奉納された。

 

地図

奈良県大和郡山市稗田町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.