1.大阪府 2.和泉国

高石神社 (大阪府高石市高師浜)

更新日:

社号 高石神社
読み たかいし/たかし
通称
旧呼称 天神社 等
鎮座地 大阪府高石市高師浜
旧国郡 和泉国大鳥郡高石北村
御祭神 少名彦名命、天照大神、熊野坐神
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月6日

 

高石神社の概要

大阪府高石市高師浜に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、一説に白雉元年(650年)の創建とも伝えられています。

一説に当社は高志の祖である王仁を祀ると言われています。王仁は応神天皇の御代に百済から渡来したとされる人物で、日本に千字文や論語など様々な文物を伝えた優秀な学者だったとされています。『続日本紀』天平神護二年(766年)の条に和泉国の人である高志毘登若子麻呂らに高志連の姓を賜るとある他、『新撰姓氏録』和泉国諸蕃に王仁の後裔であるという「古志連」が記載されています。

こうした資料から和泉国に王仁の後裔である高志連/古志連が存在したことは明らかですが、当地の地名「高石/高脚(タカシ)」が「高志/古志(コシ)」と同じと見て良いかという点はやや疑問です。

『和泉名所図会』の記事から、江戸時代には王仁を祀るとしつつも当社は天神と呼ばれていたことがわかりますが、現在の祭神は少名彦名命天照大神熊野坐神で、王仁は祀られていません。また天神ならば菅原道真公を祀っていそうですがこれも祀られていません。天神と名乗りつつ少名彦名命を祀る神社は京都の五條天神社などいくつかの例があります。当社も天神というのは天津神の意で、少名彦名命か天照大神を祀っていたのが元々の信仰だったのかもしれなせん。

 

境内の様子

境内入口。大阪と和歌山を結ぶ紀州街道に沿って東向きに鎮座しています。境内は海浜の神社らしく松が生い茂り、白砂青松の名所として古くから知られていました。

 

鳥居前の左側(南側)に吹き放ちの建物があり、手水舎兼絵馬殿になっています。手水鉢は水が流れておらず、手水としては今は使われていないようです。

 

 

参道を進んでいくと二の鳥居と注連柱が建っています。

 

注連柱の側に配置されている狛犬。花崗岩製で、ソース顔の狛犬です。

 

注連柱と社殿の間に松の植えられた区画があり、蕃塀のように社殿が隠れるような形になっています。参拝客の動線はこれを迂回するようになっています。

 

松の区画を右側へ迂回したところに手水舎があります。こちらの手水舎は現役で稼働しています。

 

松の区画の先に東向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに唐破風の向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。細見ながらなかなか険しい表情をしています。

 

本殿はちょっと複雑な形式です。背面が入母屋造となった春日造を基本として、屋根の前方が延長されて幣殿と一体化したもののようです。

 

境内の南側に境内社が鎮座しています。こちらは「船富神社」「八坂神社」「八幡神社」「春日神社」「彌栄神社」で、近隣に鎮座していた神社を明治四十一年に神社合祀政策によりここに合祀したものです。

 

隣接して稲荷系の神社が鎮座しています。

 

境内には木の幹の前に祠があります。木は松と棕櫚でしょうか?

大阪市内ではクスノキに龍蛇がおられるとして祠に祀る信仰がよく見られますが、こうした木はやや珍しいように思います。

 

境内の隅には小さな祠と石祠が忘れられたように祀られていました。右側の祠の方は狛狐が置かれていることから稲荷系と思われます。

 

当社の近くにある南海電鉄の高師浜駅。駅舎は大正八年(1919年)の開業当初のもので、美しいステンドグラスのある貴重な近代建築です。

 

タマヨリ姫
高石って地名は王仁って人の子孫の古志連に因むんだって!この辺りに渡来系の人がいたのかな。
昔からそのように言われてるみたいね。でも「古志(コシ)」が「高石(タカシ)」になったかってのは微妙なところでもあるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「高石神社」

+ 開く

高石神社

高石神社は、古くは天神の社として知られ、古い歴史があることは、「延喜式」の神名帳に高石神社として記されており、大阪湾を西に望む松林に建っています。近くには筆屋という宿屋かあって、多くの旅人かここで休息しています。その中には、有名な歌人や江戸末期の測量学者伊能忠敬もいます。

境内は昔の高師浜の風景を良く残しています。

逍遥院殿 三条西実隆公の高野紀行より
高石の松原のした天神の社のまへにこしをたてゝ
袖の上に松ふく風やあた波のたかしの浜の名をもたつらん

案内板「由緒略記 式内社高石神社」

+ 開く

由緒略記 式内社高石神社

高石市高師浜四丁目一番一九号鎮座(元、和泉国大鳥郡高石村と云う)

祭神

少彦名神
天照皇大御神
熊野坐三社

創祀の歳月確かならず。或は云う、白雉元年なりと。(平成四年を隔る千三百五十年前也)。

醍醐天皇延喜の御代、制式の小社に列し、堀河天皇の御代、寛治年間(平成四年を隔る九百年前也)社殿の再建あり。国内神名帳に云う、従五位上高石大歳社、高石倉立社と見ゆ、今天神と稱す。(式内考に載る)。

今の社殿は、寛永十二年(平成四年を隔る三百五十年前也)の再建なり。和泉名所図絵には、高志の祖、王仁を祀ると記せり。或は、往古境内に王仁を祀る一社ありしにやあらん。

昭和九年九月二十一日関西地方を襲える稀世の風水害に遭遇し、被害甚大、巨木倒壊し、社殿を損い、昭和十年十月十二日改築復旧造営起工をなし、昭和十一年五月十五日竣工遷座祭を斎行す。

昔、逍遥院三條実隆高野参詣の途次、この社に立寄り、高師浜の松原の下、天神社の前に輿を立て、「袖の上に松吹く風やあだ浪の高師の浜の名をも立つらん」実隆(逍遥院高野紀行に云う)。

境内には、小倉百人一首、祐子内親王家紀伊の詠まれたる、
「音に聞く高師の浜の仇浪は かけしや袖のぬれもこそすれ」
の碑あり。高さ七尺、巾四尺の自然石にて苔蒸せり、従三位富小路貞直の筆なり。

老樟の下に石玉垣を周らしたる碑あり。

白河鳳凰熊野権現御拝所と記せり、紀州熊野詣の途次ならん。

末社五社あり。
八幡神社 八坂神社 春日神社 船富神社 彌栄神社
新井神社は相殿として合祀す。

例祭 十月六日

氏子は、一区から九区までなり。

平成四年十月吉日 高石神社社務所誌

『和泉名所図会』

+ 開く

高石神社

高石荘海道の西側にあり。延喜式内にして高志の祖王仁を祭る。今天神と称す。

逍遙院殿高野紀行に云
高師の松原のした天神のやしろのまへにこしをたてゝ
袖のうへに松ふく風やあた波のたかしの浜の名をもたつらん   実隆

 

地図

大阪府高石市高師浜

 


-1.大阪府, 2.和泉国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.