1.奈良県 2.大和国

荒木神社 (奈良県五條市今井町)

社号 荒木神社
読み あらき
通称
旧呼称 天神 等
鎮座地 奈良県五條市今井町
旧国郡 大和国宇智郡今井村
御祭神 荒木神
社格 式内社
例祭 10月22日、23日

 

荒木神社の概要

奈良県五條市今井町に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。

当社の御祭神は「荒木神」ですが、これは記紀などの史料に登場する神でなく社名をそのまま神名としたものであり、当社の神格がどのようなものであったかは全くの不明です。

『新撰姓氏録』摂津国神別に津速魂命の三世孫、天児屋根命の後裔であるという「荒城朝臣」が登載されており、この中臣系の氏族が当地にも居住し祖神を祀ったとする説もあります。

 

一方、『万葉集』に詠まれた「浮田の杜」とは当社の社叢のことであるとする説が契沖によって唱えられて以来、これが通説となっています。

『万葉集』

かくしてや なほや守らむ 大荒木の 浮田の杜の 標ならなくに

(意味:こうしてやはり見守っているだけだろうか。大荒木の浮田の杜の注連縄でもないというのに)

注連縄に寄せて女性への思いを綴った歌ですが、この歌からは「浮田の杜」なるところには注連縄が張られ神の地として禁足地となっていたことがわかります。そしてその「浮田の杜」は「大荒木」、つまり当地にあったとするのが通説です。

当社の北西に「荒坂」と呼ばれる坂があり、また当社の裏山に「荒木山」の小字があるようで、当地が荒木と呼ばれていたことはほぼ確実と見て良いでしょう。

とはいえ現在の社叢は疎林といった趣であり、また背後の山はゴルフコースになっているため、禁足地といった雰囲気はありません。ただ、古くは極めて厳しく立入を制限していたものが時代と共に緩和されていった可能性はあります。

当地付近は藤原武智麻呂により創建された真言宗豊山派の古刹「学晶山栄山寺」や奈良時代にまで遡る金石文である「宇智川磨崖碑」があり、極めて古くから仏教文化が栄えたところです。

奈良時代の貴族らにとって当地付近はまさしく聖地と認識されたことを示すものであり、神道的な視点からも当地が注連縄を張らねばならぬほど厳かな神域だったことは十分に考えられることでしょう。

 

境内の様子

当社境内の200mほど南方に狛犬と灯籠が配置されている空間があり、ここが当社への参拝口であることを示しています。

 

ここに配置されている狛犬は花崗岩製でやや古めかしいもの。

 

狛犬・灯籠の配置されている空間から道を北へ進むと、丘の下に鎮座する当社の境内が見えてきます。朱に塗られた一の鳥居が目印。

 

荒木神社

一の鳥居は境内入口に南向きに建ち、鮮やかな朱塗りが施された両部鳥居となっています。

 

荒木神社

鳥居をくぐった様子。まっすぐ進んだ石段の上に社殿が建っているのが見えます。

 

荒木神社

石段の途中、踊り場になっているところに二の鳥居が南向きに建っています。

 

鳥居をくぐってすぐ左側(西側)に手水舎が建っています。

手水鉢は中央構造線の外帯に接する三波川変成帯に多く分布する結晶片岩を石材としています。まさしく中央構造線にある当地の地質をよく表したものでしょう。

 

二の鳥居の奥の石段途中に拝殿が建っており、桟瓦葺・平入切妻造(?)の割拝殿で、通路部分が石段となっています。

当社のように通路部分が石段となっている割拝殿は和歌山県で比較的よく見かけるものです。

 

通路は扉で閉ざされており、拝殿の背後の空間へは立ち入れませんので、背後の様子は扉の格子から覗き見ることしかできません。

拝殿後方には舞殿状の建築が建っており、「祝詞殿」との看板が添えられています。祝詞殿は近隣ではすぐ南方に鎮座する「宇智神社」にもあります。

祝詞殿の後方に石段があり、その上に本殿が建っているようですが全く見えません。手持ちの資料によれば一間社春日造のようです。

 

当社の社叢は『万葉集』に詠まれた「浮田の杜」とされ、古くからの禁足地だったと考えられますが、現在の当社の社叢は見える範囲では若い針葉樹ばかりの疎林となっており、全く禁足地の雰囲気はありません。

ただ案内板にはシイ、クロバイなどの常緑広葉樹林もあると記されており、特に社殿背後は比較的まとまった暖帯森となっているようです。

 

タマヨリ姫
万葉集にも注連縄があるって詠まれてるんだ!古くから神様の地だったってことかな?
「浮田の杜」がこの地ならそういうことね。でも今はあまり禁足地って雰囲気じゃなくなってるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「式内社『荒木神社』」

+ 開く

式内社『荒木神社』

奈良県管化大和国宇智郡宇智村大字今井字浮田杜荒木山鎮座式内村社・荒木神社(奈良県文化財指定)

「浮田の杜」(史跡伝説地)

称浮田杜天神ト云々、延喜式交渉ニ曰、大荒木浮田杜是ナリ 世ニ天神ノ森ト称ス云々、鎮座ノ地ハ宇智神社ト相向ヒテ天照皇大神ヲ奉祀ス

<万葉集・巻一一-二八三九>

如是為哉 猶八成牛鳴 大荒木之 浮田之杜之 標爾不有爾

かくしてやなおや守らむ大荒木の浮田の杜の標ならなくに

今井地区氏子総代

案内板「浮田の杜傳承地」

+ 開く

浮田の杜傳承地

奈良朝の頃「浮田の杜」といふのは名勝として歌にも詠まれたが萬葉集第十一に

如是為哉 猶八戌牛鳴 大荒木之 浮田之杜之 標爾不有爾「二八三九」

とあるのがそれである。平安時代に書かれた栄山文書には、宇智郡に「荒木坂」の名が見えるが、これはこの神社の西北にある荒坂の事であると考へられ、又この山も古来荒木山と呼ばれたことは今でもこの神社の裏山付近に「荒木山」の小字の名が残っているのでも知られる。従つて延喜式神名帳の大和国宇智郡下の荒木神社とあるのはこの神社である事は確かである。萬葉集では「大荒木の浮田の杜」と詠まれているので僧契沖は、勝地吐懐編や萬葉代匠記でそれは大和宇智郡の荒木神社の杜であると主張した。それ以来、大和志や神名帳考証や萬葉集古義等皆この説を採つている。

萬葉集でも詠んでいる様に古くこの杜は神威の厳しかつた為みだりに立入る事が自然に禁ぜられていたようである。その事を「標」といつたのである、そういふ特別な神域であった為、吉野川、紀の川、又その沿道を往来する旅人には目に著しく写つて崇敬の念と共に色々な点で目標となる景勝地であつたようだ。

「昭和三十二年六月十三日史蹟浮田の杜傳承地として奈良県の指定を受けた。」

案内板「史跡 浮田杜伝承地」

+ 開く

史跡 浮田杜伝承地

昭和三十二年六月十三日指定

浮田杜は万葉集に詠まれた古代の社叢であるが、このあたり一帯の荒木神社の杜が相当すると考えられている。

かくしてや なおや守らむ 大荒木の 浮田の杜の 標ならなくに(作者不詳 巻十一-二八三九)

歌の内容は、標縄に寄せて女性の想いをのべた恋歌であるが、その背景には、この杜が、古来より神威厳しく、みだりに人の立入を禁じていた事によるとみられる。

荒木神社は、今井集落の北端に荒木山を背にし、旧伊勢街道に面して鎮座している。祭神は不明であるが、「延喜式」神名帳記載の式内社に比定されている。

植物相は、シイ、クロバイを主とした常緑広葉樹林、ヒノキを主とした針葉樹林によって構成され、暖帯要素を混えた樹叢となっている。特にクロバイの巨樹の群生は、五條市内では唯一のもので、植物学上貴重な存在である。

平成四年三月

奈良県教育委員会

 

地図

奈良県五條市今井町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.