1.大阪府 2.河内国

忍陵神社 (大阪府四條畷市岡山)

更新日:

社号 忍陵神社
読み しのぶがおか
通称
旧呼称 新宮大権現 等
鎮座地 大阪府四條畷市岡山
旧国郡 河内国讃良郡岡山村
御祭神 熊野皇大神、藤原鎌足公、馬守大神、大将軍神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月10日

 

忍陵神社の概要

大阪府四條畷市岡山に鎮座する神社です。古墳時代前期の前方後円墳である忍岡古墳の上に鎮座し、当地に鎮座していた式内社である津桙社大将軍社馬守社が明治四十四年に合祀され、忍陵神社と改称しました。

津桙社もまた江戸時代の初め頃に当地に遷座されたようで、元の鎮座地は当地の東方にある赤山という地にあったと言われています。社伝では津桙社には熊野の神を祀るとされ、天武天皇の御宇に役行者が開基したと伝えています。熊野への参詣の街道筋となっていたために勧請されたと思われ、実際に熊野の神が祀られるようになったのはもっと時代が下ると考えられます。

一方で当地の豪族の津鉾氏が祖神を祀ったという説がありますが、この氏族は記紀や新撰姓氏録等には見えません。当地が古代河内湖の港湾となっており、そこに鉾を依代として祀った等も想像されますが詳細は不明です。

馬守社については、社伝では当地が娑羅羅馬飼部・菟野馬飼部の居住地であったことから祀られたとしています。伝承に過ぎないようですが、多く西国における民衆の暮らしにおいて牛が重宝された中で敢えて馬の守り神を祀ることは、古い歴史が伝えられてきたことによるものでしょうか。

恐らく現在の鎮座地において最も古くから祀られていたのは藤原鎌足公と思われます。寛永十一年(1634年)に祀られたと伝えられますが、何故藤原鎌足公が祀られたのかは不明です。

古代に築かれた古墳の上に、近世から近代にかけて神社が遷座・合祀されたのが当社と言えます。ある意味で当地における祈りの場として原点回帰した形になったと言えるのかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。丘(古墳)の上に鎮座するため長い石段が続いています。

 

石段は三段に分かれており、どんどん上っていきます。最上部は忍岡古墳の前方古墳の後円部となります。

 

石段の途中に狛犬が一対。しかめっ面な顔立ちです。

 

石段を上り切った右側(東側)に手水舎があります。

 

最上部となる空間、すなわち古墳の後円部の墳頂に南向きの真新しい社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに千鳥破風と向拝が付いています。

 

本殿は覆屋でしょうか。

 

当社の鎮座地である忍岡古墳は墳丘長87mの古墳時代前期に築造された前方後円墳で、社殿の右側(東側)に竪穴式石室が保存されています。わかりにくいですが格子の隙間から石室が確認できます。昭和九年の室戸台風で社殿が倒壊し、その再建中にこの石室が発見されました。盗掘を受けていたようですが、数多くの鉄製品等が検出されています。

案内板「忍岡古墳(大阪府指定史跡)」

+ 開く

忍岡古墳(大阪府指定史跡)

この古墳は、古墳時代前期(四世紀中ごろ)に築造された全長87mの前方後円墳です。標高36m、河内平野を一望できるこの場所に豪族が豪華な副葬品とともに葬られていたのです。

古墳の発見は、昭和9年の室戸台風によって忍陵神社が倒壊し、その再建工事中に石室が発見されたことにはじまります。

翌年、京都大学によって発掘調査されました。石室は、長さ6m・幅1mで、板状の石を丁寧に積み上げた立派な竪穴式石室でした。近年の研究で兵庫県猪名川産の石が使われていることがわかりました。副葬品は、紡錘車・鍬形石・石釧や小札・剣・鉾・刀子・矢じり・鎌などが見つかりました(京都大学総合博物館蔵)。同年、地域の方々の熱意で覆屋が建てられ保存されました。

長い間石室を保護した覆屋ですが、平成7年(1995年)の震災によって傾いたのを機に覆屋再建が計画されました。地域の方々の寄付を基盤に、平成14(2002)年12月、覆屋が完成しました。このような貴重な竪穴式石室が保存され見学できるのは郷土の誇りです。

大阪府教育委員会
四條畷市教育委員会
畷古文化研究保存会

 

境内の隅に「光龍大神」と刻まれた石碑が祀られています。

 

由緒

案内板「忍陵神社」

+ 開く

忍陵神社

鎮座地

四条畷市岡山2丁目7番12号 旧地名河内国讃良郡甲可村大字岡山忍ヶ丘349番地

御祭神

熊野皇大神 藤原鎌足公 馬守大神 大将軍神

由緒沿革

岡山村鎮座津鉾神社・砂東村鎮座馬守社・砂西村鎮座大將軍社を明治44年12月8日国の合祀指令により津鉾神社に合祀し地名に因んで忍陵神社と改称し現在に至る。

津鉾神社

旧鎮座地 甲可村大字岡山字八幡山1260番地

河内国讃良郡6座の1つである延喜式内社

創建時は当地の豪族津鉾氏の氏神であったが江戸期の神社縁起によると人王40代天武朝に熊野三山より熊野大神を勧請しお祀りしたと記され鎌足社は武運長久を祈って寛永11年に忍陵の古墳上にお祀りされた。

馬守神社

旧鎮座地 甲可村大字砂字宮田162番地

創建時代は不詳であるが当地域は娑羅羅馬飼部・菟野馬飼部の居住地であった事により馬の生育を祈って建立されたと語り伝えられている。又斉明天皇行幸地、神功皇后軍馬の安全祈願所とも云われている。

大将軍神社

旧鎮座地 甲可村大字砂字中道231番地

創建時代不詳 方位の神として日本最古の方除守護神である大将軍神を祀る。

史跡忍岡古墳

社殿東側覆屋内に古墳時代前期の前方後円墳があり堅穴式石室が保存されている。
埋葬者については不詳であるが江戸時代の古書には玉子の墓と記されている。

(※案内板にはここにURLが記してありますが現在無効なリンクとなっています)

案内板「式内社 忍陵神社」

+ 開く

式内社 忍陵神社

当神社は今から一二〇〇余年前より当地域(岡山・岡山東・砂地区)の守護神 熊野皇大神(諸願成就・災難消除)、藤原鎌足公・大将軍神(日本最古の方除の神)・馬守大神(交通安全・家業反映)をおまつりしています。古くは津鉾社・大将軍社・馬守社と別々におまつりしていましたが明治・大正時代に三社が合祀され現在の社名に改称されました。又、醍醐天皇の延長五年に定められた延喜式神名帳に記載された全国三一三二社ある延喜式内社(津鉾神社)の一社でもある立派な鎮守様です。この歴史ある伝統文化にささえられてきた鎮守の森には、古墳時代前期(四世紀)の前方後円墳の石積石室が現存され、府下でも貴重な文化財であり戦国時代には当地が軍事上大へん重要な地に選ばれ、歴史上何度となく登場する処でありますが特に大阪夏の陣では徳川方の本陣が設営され、徳川幕府に大きな役割を成した場所でもあり縁起の良い処として、御勝山と称された由緒ある鎮守の森でもあります。

年間の主行事

一月一日 歳旦祭
一月十五日 左義長
二月三日 節分祭
六月三十日 大祓
十月十日 秋祭り
十一月十五日 七五三
十二月三十一日 大祓
毎月一日・十五日は月次祭

『河内名所図会』

+ 開く

津鉾神社

岡山の属村坪井にあり。延喜式出。この所の生土神とす。

 

地図

大阪府四條畷市岡山

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.