1.大阪府 2.河内国

天神社 (大阪府東大阪市御厨)

更新日:

社号 天神社
読み てん
通称
旧呼称 御厨神社 等
鎮座地 大阪府東大阪市御厨
旧国郡 河内国若江郡御厨村
御祭神 大国主命、少名彦命
社格 式内論社
例祭 10月18日

 

天神社の概要

大阪府東大阪市御厨に鎮座する神社です。長田地区の長田神社と共に式内社「意支部神社」の論社となっています。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。当社の地名の「御厨」とは神前に供える神饌を調達する場所のことを指します。中世に河内平野を流れていた大和川の流域に「大江御厨」があり、当地付近を含んだと考えられています。『延喜式』内膳司に記載されている「河内国江厨」も当地だと言われ、魚類を調進したことが記録されています。

『新撰姓氏録』河内国皇別に彦八井耳命の七世孫、来目津彦命の後裔であるという「江首」が見え、一説にこの氏族がここを拠点にしたと言われています。当地に御厨が設定されたのは延喜五年(905年)とされていますが、それ以前からも魚類を獲るのに適した拠点だったと思われ、江氏もまた漁業を営んでいたか船舶の管理を行った等の職掌に携わっていたかもしれません。

一方、当社が式内社「意支部神社」とされたのは、当地の小字を「奥方」と呼び、これが「オキベ」に通じるからというもののようです。比定の根拠としてはかなり弱いものと感じざるを得ません。

しかしながら見てきたように当地は古くから御厨が設定されてきた地であり、早くから漁業基地として栄えたことと思われます。古い街道である暗越大和街道に面した地でもあり、街中にありながらも歴史の感じられる神社となっています。

 

境内の様子

境内入口。摂津~河内~大和を結ぶ古くからの街道である暗越奈良街道に面しています。

 

鳥居をくぐって左側(西側)に手水舎があります。

 

鳥居からやや折れ曲がった参道を経て南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに唐破風の向拝が付いています。拝殿前に注連柱や提灯掛けが設けられてるのが特徴的。

 

拝殿前に狛犬が二対配されています。奥側の黒っぽい狛犬のが古そうです。

 

本殿は流造に千鳥破風と唐破風が付いたもの。

 

社殿の左奥(北西側)に「旧本殿」と書かれた札のある瓦葺き春日造の建物があります。文字通りこちらがかつての本殿だったのでしょうか。それにしては小さすぎる気もします。

 

社殿右側(東側)に境内社が四社まとまって鎮座しています。

 

左から「愛宕社」。「迦具土神」を祀っています。

須賀社」。「素盞嗚命」を祀っています。

水神社」。「高龗」を祀っています。

最も右側に「稲荷社」。「宇賀御霊神」を祀っています。

 

境内の右側(東側)には非常に大きなクスノキが聳えています。樹齢は伝承で900年、実際はそれより若いと見られますが見事なクスノキで、東大阪市指定天然記念物となっています。

根元には石祠が祀られてあります。大阪市内ではクスノキに龍蛇がおられるという信仰がよく見られますが、こちらも同様の信仰があるのでしょうか。

案内板「天神社のくすの木」

+ 開く

天神社のくすの木

東大阪市の木であるクスノキは、関東以西の太平洋岸から台湾・東南アジアに分布する常緑高木で、多量の樟脳を含むため虫害を受けずに腐敗しにくく、そのため寿命が非常に長い樹木として知られています。このことは平成元年六月に環境庁が発表した全国巨樹ベスト10の内9件までがクスノキである事実がよく示しています(全国一は鹿児島県蒲生町の大クスで幹周約24m)。

天神社の社殿東側に威風厳かに存在する「くすの木」は、幹周6mを測る市内で最も太いクスノキです。樹齢900年の伝承は、実際はもう少し若いとしても、東大阪市で最も樹齢の古いクスノキであることは間違いないとみられることから、平成10年10月に市の文化財(天然記念物)に指定されました。

この『くすの木』が芽生えた頃、御厨の地は延喜式に「造雑魚鮨十石、味塩六斗河内国江厨所進」と見える江厨にあたり、神に供える食料を献納した皇室領であったと考えられています。天神社は、古くは延喜式に見える意岐部神社であったとされ、また、神社の付近一帯には寺内、北坊など寺院伽藍のあったことを示す地名も遺されています。数百年にわたり、変遷した幾多の歴史を、この『くすの木』は見守り続けたものと思われます。

平成10年11月

東大阪市

 

クスノキのすぐそばに「智葉神社」が鎮座しています。灯籠に「稲荷社」と刻まれていますが、こちらも稲荷系の神社でしょうか。

 

天神社の前を東西に延びる道路は暗越奈良街道で、古くからある街道です。この道沿いには古い町並みも残り、特に一枚目の写真の家屋は大名の本陣にもなった「植田家住宅」で、東大阪市指定文化財となっています。

案内板『市指定文化財 植田家住宅 一棟』

+ 開く

市指定文化財 植田家住宅 一棟

御厨の村は、古くから大坂と奈良を結ぶ、暗(峠)越奈良街道筋にあたっていて、街道筋の村々には、本陣札を残す家があります。

植田家もその一つで、「松平甲斐守様御本陣」と「片桐石見守様御本陣」と書かれた木札が残されている。江戸時代の御厨の村にはこのような大名が、足を留めた家が他にもあり、街道を行き来する大名が、休憩していったものと考えられます。

現在の植田家は、その頃の建物の内、母屋部分だけが残っています。その規模は、桁行(東西)10間、梁間(南北)5間~5間半からなり、昔は庭を配した別棟の座敷や茶室があって、そこで大名や来客をもてなしたそうです。

家への出入りも、ウチニワ(土間)に入る人達と、玄関(シキダイ)から座敷へ通る人達に分けられ、家屋の中の室と室の境は、四本溝の敷居で区別されていました。ウチニワも広く、米や綿を積み上げたのではないか、と考えられています。

カマヤは、現在は改造されていますが、昔は大きなカマドがあって、釜がかけられていました。シキダイは、力士の羽黒山が踏み割ったので、現在は段と靴脱ぎ石に代わっています。屋根も現在は瓦葺きですが、もとは草葺きであったようです。

江戸時代も文化・文政頃の貴重な民家として、昭和52年5月26日に、市の民俗文化財として、指定を受けています。現在もご家族で居住しながら保存されていますので、一般公開はされていません。

平成13年3月 東大阪市

 

また、街道沿いの西側にこれまた古いお屋敷があり、「御厨巴屋」さんという団子屋となっています。蜜のかかったきなこの団子が串に五つささっており、やわらかく大変美味な団子です。かつて奈良街道をゆく人々がここで一服したことでしょう。

 

タマヨリ姫
式内社かどうかはわかんないけど、御厨があったり古い街道に面してたりと古いところではあるみたいだね。
ええ。今じゃ近くにまっすぐな道路が出来てるけど、古くは神社の前の道が主要な街道だったのよ。今でも古い家や休憩所としての団子屋があったり、その痕跡がいっぱい残ってるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「天神社」

+ 開く

天神社

旧御厨村の中央に位置し、大名持命、少彦名命の二神をおまつりしています。創建年代は文献が無くわかりませんが、延喜式神名帳にみえる意岐部神社がこの神社であるとも伝えられています。古くは御厨神社と呼ばれ、近世以後に現在の社名が使われるようになりました。また、大正4年には新家村の菅原神社と菱屋東の稲荷神社と山科神社、荒本の荒本神社の4社が合祀されました。

境内には、市の天然記念物に指定されている「くすの木」があるほか、本殿東側にある小さな四社の殿前の元禄十年(1697)銘の石燈篭や拝殿西側にある高さが3mもある堂々とした八角形の石燈籠など数々の石燈籠や寛成九年(1797)銘の狛犬、正徳元年銘の手水鉢などの石造物があります。また、枚岡神社から移築された能舞台や村相撲が盛んであったことを示す番付表も保存されています。

ところで、御厨という地名は、朝廷にお供えする魚介類を獲るため、平安時代の延喜5年(905)、付近に拡がる湖沼一体を「大江御厨」と定めたことに由来する。

平成15年3月 東大阪市

 

地図

大阪府東大阪市御厨

 

関係する寺社等

長田神社 (大阪府東大阪市長田)

社号 長田神社 読み ながた 通称 旧呼称 八幡宮 等 鎮座地 大阪府東大阪市長田 旧国郡 河内国若江郡長田村 御祭神 品陀別命、息長足姫命、多紀理毘売命 社格 式内論社 例祭 10月21日 式内社 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.