1.大阪府 2.河内国

大祁於賀美神社 (大阪府羽曳野市大黒)

更新日:

社号 大祁於賀美神社
読み たけおかみ/おおおかみ
通称 山王権現
旧呼称 山王権現
鎮座地 大阪府羽曳野市大黒
旧国郡 河内国古市郡大黒村
御祭神 高龗神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月6日

 

大祁於賀美神社の概要

大阪府羽曳野市大黒に鎮座する式内社です。「太祁於賀美神社」とも表記され、水神である「高龗神」を祀っています。

元は現在地の東側の丘の上に鎮座していました。明治四十年に壺井八幡宮(当時は八幡神社)に合祀されましたが、昭和三十年に復旧され現在地に再建されました。旧社地は土砂の採取工事により跡形もなくなってるようです。

現在地・旧社地ともに江戸時代は古市郡に属していましたが、『延喜式』神名帳には石川郡とあります。郡境の変遷があったようで、かつて石川の東側は北部が安宿部郡、中部が石川郡となっていたと考えられます。

何故この地に水神が祀られていたのか、不思議です。水越川から石川に沿って、建水分神社美具久留御魂神社、そして当社と水に関する式内社が鎮座しており、これらと共に南河内における河川の流水を司っていたのかもしれません。或いは、丘の上に鎮座していたことから雨乞いの神として祀られたのでしょうか。

旧社地の様子がわからない上、式内社「大祁於賀美神社」が山王権現と呼ばれた当社に比定された理由もよくわかりません。謎多き神社ですが、合祀されつつも復旧された経緯からしても今も地元の崇敬の厚い神社だと言えることでしょう。

 

境内の様子

境内入口。社殿は丘の上にあり、石段を上っていきます。

 

石段を上っていくと社殿のある狭い空間があります。社殿もまた小さなもので、拝殿は平入の切妻造となっています。

 

拝殿前の狛犬。新しめの境内の中にあって、花崗岩製の狛犬はやや古そうな印象があります。

 

本殿は一間社流造。本殿に据えられてあった札には「太祁於賀美神社」との表記がありました。

 

境内は狭く、新しくてさっぱりとした印象ですが、「太神宮」と刻まれた灯籠等、石造物はやや古いと思われるものが配置されています。かつて東方の丘の上に鎮座していた時代に置かれていたものでしょうか。

 

境内からの眺め。やや小高い丘にあるので広く見渡せます。土砂の採取でなくなってしまったという旧社地からの眺めはどんなものだったのか、惜しい気持ちがあります。

 

由緒

案内板「大祁於賀美神社」

+ 開く

大祁於賀美神社

以前は大黒寺の東方丘陵上にあったが、丘陵が土砂の採取工事で消失するに当り、現在地に移転され、大黒地区の氏神となっている。

この神社は、平安初期の延喜式神名帳にも記されている式内の古社であるが、延喜式の編さん当時は石川郡であったために石川郡の項に記されている。

祭神は記紀の古代神話に出ている伊弉諾尊の子供であるという高龗神であって、水神であるが、何故この地に水神を祭っているのかは不明である。おそらく石川流域で早くから開けた土地であり、弥生時代の水田耕作に必要な水神を祭るという風習が残ったものといえるのではないだろうか。

秋の祭礼は10月6日であるが、地元では別名で「山王権現」ともよんでいる。

『河内名所図会』

+ 開く

大祁於賀美神社

大黒村にあり。延喜式に石川郡に属す。今山王と称す。この所の本居(うぶすな)神とす。例祭八月廿六日。

 

地図

大阪府羽曳野市大黒

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.