1.大阪府 2.河内国

石切劔箭神社上ノ社 (大阪府東大阪市上石切町)

更新日:

社号 石切劔箭神社上ノ社
読み いしきりつるぎや うえのしゃ
通称
旧呼称 天王社 等
鎮座地 大阪府東大阪市上石切町
旧国郡 河内国河内郡神並村
御祭神 饒速日命
社格 式内社
例祭 10月21日

 

石切劔箭神社上ノ社の概要

大阪府東大阪市上石切町に鎮座する神社です。石切剣箭神社本社の奥宮的な位置付けとなっています。

詳しい由緒は石切剣箭神社の記事に記していますが、物部氏が祖神を祀ったとされています。

社伝では当社の背後の宮山を物部氏の祖神・饒速日尊が降臨したという「哮ヶ峰(たけるがみね)」としており、そこが本来の祭祀場であったと考えられます。当地の旧村名「神並(こうなみ)」は神の宿る聖地を指す「神奈備」が訛ったものと言われ、宮山の祭祀場を神奈備としたことによると思われます。元々は宮山の祭祀場を上ノ社としていましたが、慶安三年(1650年)に光堂山(当地)に遷宮してこちらが上ノ社とされるようになったようです。

当社は江戸時代には牛頭天王を祀る神社となっていたようです。明治以降は本社への合祀と独立を繰り返し、現在は再び分離して社殿は昭和四十七年(1972年)に再建されたものとなっています。年中多くの人で賑わう本社とはうってかわって、当社は生駒山の山腹でひっそりと鎮座しています。

 

境内の様子

境内入口は西側と北西側の二ヶ所あり、北西側の入口に鳥居が建っています。低地にある本社に対して、当社は生駒山の尾根筋の小高いところに鎮座しています。

 

双方からの参道の合流地点に手水舎があります。

 

ここからさらに石段を上っていきます。

 

石段上の空間に西向きの社殿が建っています。南向きの本社と比べて当社は山岳信仰らしさが残っているように感じます。拝殿は平入の入母屋造りに向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。

 

拝殿前には神輿台もあります。このような山上で神輿を担ぐのはなかなか大変そうです。

 

本殿は春日造。ガラス張りになってます。

 

社殿左側(北側)に「石切剣箭神社上ノ社址」と刻まれた石碑が建っていますが、これの意味するところはよくわかりません。合祀されてた時代のものならわかりますが、それにしては真新しい印象です。かつて上ノ社とされた宮山への遥拝所でしょうか。

 

社殿から左奥(北東)へ進んでいくと池や境内社のある空間があります。社殿のある尾根筋に対し、こちらは谷筋の地形となっており水場の多い空間となっています。

 

池の前に石祠があり、亀の置物が整然と置かれています。本社の方でも同様のものがありましたが、こちらは「御礼亀」と呼ばれています。古い習俗ではなさそうですが、生き物の像を祠に向けて置くというのはあまり類を見ないので珍しいものかと思います。

 

池の隣に「婦道神社」が鎮座しています。御祭神は「弟橘姫命」。現在は後述のように登美霊社に祀っていた「御炊屋媛(登美夜比賣)」もこちらで祀っています。弟橘姫命は物部氏の一族である穂積氏の祖、忍山宿禰の娘であり日本武尊の妃です。また御炊屋媛は物部氏の祖、饒速日命の妃であり可美真手命の母です。いずれも物部氏に関わりの深い女性(女神)となります。因みに穂積氏は代々当社の神職を務める木積氏の祖でもあります。

 

池の奥には滝行場があります。生駒山地の麓や山腹の神社ではよく見かけるものです。生駒山の修験道と結びついたものでしょう。

 

池の北側に変わった建物がありますが、こちらは「登美霊社」です。「御炊屋媛(登美夜比賣)」を祀っていましたが、2019年現在建物が激しく既存しているようで、先述の通り婦道神社の方に遷しています。

 

登美霊社から少し下ったところに「八代龍王社」が鎮座しています。御礼亀の池とは別にこちらも池があります。案内板には慶安三年(1650年)に宮山から当地に上ノ社が遷宮されるより前から祀られていたのではとあります。滝行場と共に生駒山の修験道と結びついたものかもしれません。

 

当社の社殿前から西側を見たところ。眺めが良いわけではありませんが、標高の高いところに鎮座することがわかります。

 

新しい住宅地の多い本社と違って、こちらは生駒山地の麓の地らしい古い町並みも残っています。

 

御朱印

 

 

地図

大阪府東大阪市上石切町

 

関係する寺社等

石切劔箭神社 (大阪府東大阪市東石切町)

社号 石切劔箭神社 読み いしきりつるぎや 通称 石切神社、石切さん 等 旧呼称 鎮座地 大阪府東大阪市東石切町 旧国郡 河内国河内郡神並村 御祭神 饒速日尊、可美真手命 社格 式内社、旧村社 例祭 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.