1.大阪府 2.河内国

八尾神社 (大阪府八尾市本町)

更新日:

社号 八尾神社
読み やお
通称
旧呼称 天王社 等
鎮座地 大阪府八尾市本町
旧国郡 河内国若江郡西郷村
御祭神 可美麻治命、品陀和気命
社格 式内論社、旧村社
例祭 10月15日

 

八尾神社の概要

大阪府八尾市本町に鎮座する神社です。式内社「栗栖神社」は当社に比定されています。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、『新撰姓氏録』河内国神別に神饒速日命の子、于摩志摩治命の後裔であるという「栗栖連」が登載されており、この物部系の氏族が祖神を祀ったのが当社であると考えられます。『新撰姓氏録』には他にも右京諸蕃の「栗栖首」、和泉国諸蕃の「栗栖直」といった渡来系の氏族が登載されていますが、当地が物部氏の拠点であることを鑑みて河内国神別の「栗栖連」の神社と見てほぼ間違いないでしょう。

ただし、牛頭天王を祀っていた当社が式内社の「栗栖神社」とされた論拠は明らかでないようです。中世には近隣に八尾城があり、当地も城の一画とされたようで、南北朝時代や室町時代には兵火に罹り神宝や伝承も失われていると思われます。

中世以来、八尾における中心的な神社として厚く崇敬されたようです。明治に至り社名を変更する際に、栗栖神社でなく八尾神社と名乗ったのもその表れかもしれません。ただ、現在は商店街の裏側に鎮座しているためやや忘れかけられた神社ともなっています。

一つ言えることは、八尾という地の盛衰を見てきた神社だということでしょう。物部氏の興亡、南北朝の争い、戦国時代の戦乱、大和川の付け替え、それに伴う綿花の栽培による繁栄など、八尾には紆余曲折の歴史がありました。こうした変化の中に当社が存在し人々に様々な願いを託されたことと思います。

 

境内の様子

境内入口。商店街の裏側にあり、人の往来の多い商店街とは全く別世界というような、雑居ビルや民家に囲まれた閑静な地となっています。

 

鳥居をくぐって左側に手水舎があります。

 

参道を進んでいくと正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は瓦葺き平入の入母屋造に向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。

 

本殿は銅板葺きの一間社春日造です。

 

社殿の左側(西側)の祠に「玉姫大神」「玉光大神」が祀られています。

 

また、境内の西側に「菅原道眞公」「須佐之男命」「武甕槌命」を祀る社殿と「白龍大神」を祀る小さな祠が鎮座しています。

 

白龍大神の隣に「八尾城趾」の石碑があります。南北朝時代には当初南朝方に与したものの、北朝方に城を奪われ、攻め返した南朝方により焼失したと言われています。当社も恐らく被害に遭ったのでしょう。

 

タマヨリ姫
式内社とはいえ、商店街の裏で忘れられた感じの神社だねぇ。
でも古くは物部氏の興亡、南北朝や戦国時代の戦乱、さらに大和川の付け替えによる景色の一変も見てきた歴史ある神社でもあると思うわ。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「八尾神社」

+ 開く

八尾神社

祭神は宇麻志麻治命で延喜式内社である。

この地を本拠とした物部氏の一族、栗栖連がその祖神を祀ったものであろう。古くから西郷 木戸両村の氏神で明治四十一年(一九〇八)に八尾神社と改めた。

八尾は、古くは矢尾 矢生 箭尾とも書かれ、物部氏の一族で矢作に従事した「矢作部」がいたといわれ、また尾先が八枚に分かれた鶯の名所であったことから地名となったとも伝えられる。

社殿の横には「八尾城址」碑がある。

八尾市教育委員会

『河内名所図会』

+ 開く

栗栖神社

八尾西郷村にあり。延喜式出。三代実録云 貞観四年授従五位下。同十一月勅預官社。今天王と称す。この地の生土神なり。

 

地図

大阪府八尾市本町

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.