1.京都府 2.山城国

上御霊神社 (京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町)

社号 御靈神社
読み ごりょう
通称 上御霊神社 等
旧呼称
鎮座地 京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町
旧国郡 山城国京都
御祭神 崇道天皇、他戸親王、井上大皇后、藤原大夫人、橘大夫
文大夫、火雷神、吉備大臣
社格 旧府社、式内論社
例祭 5月18日

 

上御霊神社の概要

京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町に鎮座する神社です。正式には「御靈神社」と称しますが、中京区下御霊前町に鎮座する下御霊神社に対する神社として「上御霊神社」と呼ばれるのが一般的です。

社伝によれば、はじめ当地に上出雲寺があったところ、桓武天皇の御代の延暦十三年(794年)に早良親王(崇道天皇)の霊を当地に祀ったのが当社の始めであると伝えられています。

その一方、井上内親王と他戸親王の親子の霊を上出雲寺の鎮守社として祀り、後に早良親王(崇道天皇)が加えられたのが当社だとする伝承もあり、当社の創建についてはやや錯綜しています。

賀茂川右岸にあたる当地は平安京の遷都以前には『倭名類聚抄』に見える山城国愛宕郡の「出雲郷」だったとされ、出雲系の人々が居住していたと考えられています。彼らが創建した氏寺の一つが上出雲寺であり、その鎮守社として祀られたのが当社の前身です。

また当社は式内社「出雲井於神社」および「出雲高野神社」の論社となっていますが、これは当地が出雲郷だったからであり、論拠としては極めて薄いものとなっています。

 

当社の御祭神の八柱はいわゆる御霊信仰として祀られたもので、不慮の死を遂げた人物の怨霊が疫病や災害等の祟りをなし、これを鎮めるために祀ったものです。特に当社の御祭神の筆頭である「崇道天皇(早良親王)」「他戸親王」「井上大皇后」は不慮の死によって怨霊となった人物の代表的な存在です。(崇道天皇の詳細は「崇道神社」の記事を参照)

特に崇道天皇は桓武天皇の同母弟であり、藤原種継暗殺事件の連座によって幽閉され憤死しており、桓武天皇と非常に関わりの深い人物でした。彼の祟りは桓武天皇によって造営された平安京を脅かすものと考えられ、彼の霊を鎮めることは殊更に京の安寧に重要だと考えられたものと思われます。

こうした御霊信仰は平安京遷都以来特に強く信じられるようになり、貞観五年(863年)には平安京の神泉苑で不慮の死を遂げた人々の霊を鎮める「御霊会」が行なわれました。対象となった人物は崇道天皇(早良親王)、伊予親王、藤原夫人(藤原吉子)、観察使(藤原仲成)、橘逸勢、文屋宮田麻呂の六柱です。

当社の御祭神は御霊会で祀られた六柱から伊予親王と観察使が除外され、井上大皇后、他戸親王、火雷神、吉備大臣が加えられたものとなっています。(なお、伊予親王は下御霊神社で祀られている)

このことから御霊会の祭祀が当社および下御霊神社に継承されたことが窺われます。

 

当社の御祭神の内、「火雷神」とは崇道天皇以下六柱の荒魂であると伝えられています。しかし御霊信仰自体が人物の霊の荒魂的な要素が表出されたものであり、これとは別に荒魂が祀られるのは不審です。一説に菅原道真のことであるとも言われていますが他の祭神と年代に大きな開きがあるためこれも不自然です。

私見ですが、火雷神とは或いは御霊信仰以前に上出雲寺に鎮守社として祀られていた神だったのではないでしょうか。『山城国風土記』逸文の丹塗矢伝説では丹塗矢は火雷神であるとしており、またそれによって生まれた子を賀茂別雷命とし賀茂別雷神社(上賀茂神社)で祀っています。京都盆地ではとりわけ火雷神を祀ることが広く行われていたことが考えられます。

もしかしたらこの火雷神を祀っていた神社が式内社「出雲井於神社」もしくは「出雲高野神社」だったのかもしれません。

なお、上出雲寺は平安時代以降衰退し、鎮守社だった当社の隆盛に伴いいつの頃か廃れたと言われています。

 

また当社は応仁の乱勃発の地としても知られています。天正二年(1467年)一月十七日に畠山政長が当社境内に布陣し、翌十八日の早朝に畠山義就と激しく合戦を起こしました。「上御霊神社の戦い」として知られるこの戦から10年以上に亘って京都市中を巻き込んだ応仁の乱が始まりました。

このように京都御所の近くに鎮座する神社は京都の歴史と共にありました。怨霊を恐れる御霊信仰が薄れた現在でも京都を守護する神社として多くの人々から崇敬を集めています。

 

境内の様子

上御霊神社

境内入口は境内の西側と南側の二ヶ所があります。西側が表参道にあたるのでこちらから紹介します。

境内の西側に西向きの鳥居が建っています。鳥居の額束や島木には菊花紋があしらわれており、朝廷と関係の深かったことが示されています。

 

鳥居をくぐると左右に狛犬が配置されています。花崗岩製で非常に貫禄ある堂々とした出で立ち。

 

鳥居をくぐって正面に銅板葺・平入入母屋造の楼門が建っています。

 

楼門の左右の部屋に随身像が安置されており、随身門としての機能を兼ね備えています。

 

神門をくぐった様子。広々とした境内に松などの木々が植えられ、石畳の敷かれた境内で、よく整った印象。

 

鳥居をくぐって左側(北側)に手水舎があります。

 

石畳の参道を進むと途中で左右に狛犬が配置されています。こちらは砂岩製でほっそりとした体形。古めかしさも感じられます。

 

上御霊神社

さらにまっすぐ進むと正面に西向きの社殿が並んでいます。

拝殿は銅板葺・妻入入母屋造の舞殿風拝殿。正面三間、奥行三間の大規模な舞殿風拝殿です。

 

上御霊神社

拝殿の後方には拝所としての中門と本殿を囲う透塀が建っています。

中門は銅板葺の妻入切妻造で、唐破風が向拝のように下部に設けられています。

 

中門前の狛犬。花崗岩製で、異様に目の小さいコミカルな顔つきです。

 

透塀に囲われて銅板葺・平入入母屋造の本殿が建っています。京都では入母屋造の本殿はやや珍しいように感じられます。

案内板には「享保十八年(一七三三)に下賜された賢所御殿を復元したもの」とあります。

 

本社社殿の周囲に非常に多くの境内社が鎮座しています。社殿左側(北側)から時計回りに見ていきます。

本社拝殿の左側(北側)に「八幡宮」が南向きに鎮座。

 

八幡宮の右側(東側)に六社の境内社が南向きに一つの覆屋に納められ、一つの拝所を共有しています。左側(西側)から順に見ていきます。

 

覆屋内の最も左側(西側)に「厄除社」「白髭社」の相殿が鎮座。

 

厄除社・白髭社の右側(東側)に「淡嶋社」が鎮座。

 

淡嶋社の右側(東側)に「大舞宮」が鎮座。この神社は三間社の平入入母屋造で唐破風の向拝が付いており、やや豪華な造りであることから特別な地位にあることが窺えます。

 

大舞宮の右側(東側)に「天満宮」が鎮座。

 

天満宮の右側(東側)に「多度神社」が鎮座。

 

多度神社の右側(東側)に「貴舩社」が鎮座。

 

六社の境内社の右側(東側)に三十間社流見世棚造という極めて長い社殿の境内社が南向きに鎮座しています。左から順に次の三十社が祀られています。

春原社」、「荒神社」、「稲葉神社」、「今宮神社」、「熊野神社」、「愛宕神社」、「熱田神社」、「多賀社」、「嚴嶋神社」、「猿田彦社」、「貴布禰社」、「丹生神社」、「梅宮神社」、「八坂神社」、「廣田神社」、「吉田神社」、「日吉神社」、「住吉神社」、「龍田神社」、「廣瀬神社」、「大和神社」、「石上神社」、「大神社」、「大原神社」、「平野神社」、「春日神社」、「松尾神社」、「八幡神社」、「賀茂神社」、「鴨神社

 

三十社の右側(東側)に「嚴島神社」が独立して南向きに鎮座しています。

 

本社本殿の後方(東側)に「神明神社」が西向きに鎮座。

独立して神明鳥居、妻入切妻造の拝殿が設けられています。伊勢系の神社と思われますが本殿は神明造でなく流造となっています。

 

本社本殿の右側(南側)に「福壽稲荷神社」が独立して西向きに鎮座。御祭神は「倉稲魂命」。

案内板「福壽稲荷神社」

+ 開く

福壽稲荷神社

御祭神

倉稲魂命

由緒

鎮座年月日は不明であるが元禄十五年(一七〇二)奉納の石燈籠が現存し、享保二十年(一七三五)稲荷社上葺修復と記録にあれば、江戸時代中期以前よりまつられていたことは明らかである。但し、安永九年(一七八〇)刊行の都名所図会によれば本殿南側にまつられており、弘化二年(一八四五)七月福壽稲荷大明神御祠、辰巳角築山(現在地)へ奉遷と社記にある。

御神徳

五穀豊饒 穀物が豊かに稔る
福徳円満 家庭が円満で栄える
長寿延命 健康で長生き
生業繁栄 仕事や商売が繁盛する

稲荷信仰

稲荷は稲生りからきているといわれ、田の神の信仰に基づき、平安時代には既に盛んになり、狐を神使とする民間信仰は中世までさかのぼる。稲荷神社は全国で三万以上あり、神社の中で最も多い。

祭日

二月初午日

和銅四年(七一一)二月七日(壬午)に稲荷神が山城国稲荷山に鎮座された伝承に基づく

 

境内南西には桟瓦葺入母屋造で桁行四間、奥行二間の大規模な絵馬殿兼休憩所があります。屋根裏には新旧問わず非常に多くの絵馬が掲げられています。

 

先述の通り境内南側にも入口があります。こちらには銅板葺・平入入母屋造の四脚門の神門が建っています。

こちらの神門をくぐったところにも手水鉢が置かれています。

 

当社境内の南側から西側にかけて堀があり、ここに多数のイチハツが植えられています、初夏の頃には一面に紫の花を咲かせ、境内を華やかに彩ります。

 

タマヨリ姫
昔の人の怨霊が祀られてるの?何だか怖い!
平安時代には不慮の死を遂げた人の霊が祟りをなすとして恐れられていたのよ。ここは彼らを慰めるための神社で、今は京都の守護神としてありがたいものと信仰されているわ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

案内板「御霊神社(上御霊神社)」

+ 開く

御霊神社(上御霊神社)

祭神として崇道天皇(早良親王)、吉備真備、橘逸勢をはじめ、十三柱の神霊を祭る。

この地には、はじめ付近住民の氏寺として創建された上出雲寺があったが、平安京遷都(七九四)に際し、桓武天皇の勅願により王城守護の神として、奈良時代・平安時代初期に不運のうちに亡くなった八柱の神霊が祭られたといわれ、その後、明治天皇の御願により祭神五社が増祀され、現在に至っている。

平安時代には、天変地異や疫病流行は怨霊のたたりであるとする御霊信仰が盛んで、怨霊をなだめるための御霊会が度々行われ、疫病除けの霊社として名を広めた。朝廷から庶民に至るまで広く信仰を集めたが、特に御所の守護神として皇室の崇敬が厚く、神輿や牛車等、皇室からの寄付品を多数蔵している。

本殿は、享保十八年(一七三三)に下賜された賢所御殿を復元したものといわれている。

また、境内は「御霊の杜」と呼ばれ、応仁元年(一四六七)正月十八日に畠山政長と義就の合戦が行なわれ、応仁の乱の発端となった場所としても知られている。

京都市

案内板「応仁の乱 勃発の地」

+ 開く

応仁の乱 勃発の地

文正二年(一四六七)正月十八日朝、この付近すなわち御霊の森(上御霊神社境内)での合戦から「応仁の乱」は始まった。前日の十七日深夜、畠山政長は自ら屋敷を焼いて、一族郎党や奈良筒井氏の成身院光宣らと兵約二千を率いてここに布陣した。

翌十八日早朝、畠山政長と畠山家の家督を激しく争っていた畠山義就が兵三千余で攻撃をしかけ、十八日は終日激しい戦いが続いた。義就方には朝倉孝景、ついで山名持豊(宗全)の命を受けた山名政豊が加勢した。しかし政長方には頼みの細川勝元がこの時点ではまだ動かず、まる一日の合戦の結果、政長方は持ちこたえられず退去した。これが「応仁の乱」の最初の合戦である。

その年の三月、年号は「文正」から「応仁」と改まり、細川氏・山名氏の両陣営はそれぞれに味方を集めて戦時体制をかため、五月から上京を中心に、将軍・足利義政の後継者争いも絡み合う、東西両軍の全面的な戦に入った。この戦は京の都を疲弊させ、室町幕府の権威を失墜させたが、厭戦の風潮の中、細川・山名両氏の間に和睦が成立し、文明九年(一四七七)、十一年間に渡る大乱はようやく収束をみた。

なお、宗全の墓は南禅寺の真乗院にある。

京都市

『都名所図会』

+ 開く

上御霊社は平安城鞍馬口通の南にあり。祭る神は早良親王 伊予親王 藤原夫人 文太夫 橘逸勢 藤原広嗣 吉備大臣 火雷神 等の八所御霊なり。朱雀院の御宇天慶二年に鎮め奉る。いにしへこの地は上出雲寺なり。故に出雲路の御霊ともいふ。例祭は八月十八日。中御霊は京極通蘆山寺の南にあり。当社の御旅所なり。

○早良親王は光仁帝第二の皇子なり。延暦四年九月朝廷を傾奉らんと議をめぐらしける。其聞へありければ淡路国に左迁し同国高瀬に至り気絶て薨じ給ふ。怨霊祟をなしければ同十九年七月に崇道天皇の追号を宣下し給ふなり。紀伊郡藤森神社と同神なり。

○伊予親王は桓武天皇の御子なり。平城帝の御時逆心あらはれしかは川原寺において飲食を通ぜず終り給へり。

○藤原夫人は崇道天皇の后吉子と号す。伊予親王の御母なり。

○文屋宮田丸は承和十年十二月に謀叛の企によつて伊豆国へ配流し卒し給へり。

○橘逸勢は右中弁従四位下入居の子なり。嵯峨帝の御時の能書にして本朝三筆の其一人なり。仁明帝の御字承和元年七月に謀叛の事ありてこれも伊豆国に流罪せられ九月に死し給へり。

○橘広嗣は藤原宇合の第一子なり。大宰府において叛逆ありしかば大野東人宣旨を蒙り馳向ひて戦けり。広嗣敗北して自刀を以て首を落す。其頸忽ち天に昇り空中にして赤鏡となる。見る人ことごとく即死す。豊後国鏡宮肥前国板櫃明神等この霊をまつれり。

○吉備大臣は右大臣正二位なり。本朝無双の才人。元正天皇の遣唐使なり。唐土にして野馬台の文を読んとするに文議暁しがたし。時にわが朝初瀬の観世音を心中に念ぜり。其時蜘蛛くだりて糸を引て教ければ容易よめりとかや。天平五年に帰朝し光仁帝宝亀六年薨じ給へり。年八十二歳。

○火雷神は北野天満天神なり。

観音堂の本尊は聖徳太子の作にして聖観世音なり。是則ち出雲寺の本尊といふ。

 

地図

京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

下御霊神社 (京都府京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町)

社号 下御霊神社 読み しもごりょう 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町 旧国郡 山城国京都 御祭神 吉備聖霊、崇道天皇、伊予親王、藤原大夫人、藤大夫 橘大夫、文大夫、 ...

続きを見る

猿田彦神社 (京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊前町)

社号 猿田彦神社 読み さるたひこ 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊前町 旧国郡 山城国京都 御祭神 猿田彦大神、天鈿女命 社格 旧村社、式内論社 例祭 5月5日 式内 ...

続きを見る

-1.京都府, 2.山城国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.