1.京都府 2.山城国

賀茂別雷神社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

更新日:

社号 賀茂別雷神社
読み かもわけいかづち
通称 上賀茂神社 等
旧呼称
鎮座地 京都府京都市北区上賀茂本山
旧国郡 山城国愛宕郡上加茂村
御祭神 賀茂別雷神
社格 式内社、山城国一宮、二十二社、旧官幣大社
例祭 5月15日

 

賀茂別雷神社の概要

京都府京都市北区上賀茂本山に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳に名神大社に列せられているのみならず、山城国一宮であり、また二十二社の上七社にも列せられているなど、国内でも有数の極めて格の高い神社です。「上賀茂神社」の名で非常に有名で、現在でも多くの参拝客で賑わう神社です。

当社の由緒は、社伝によれば、当社の北方に聳える「神山(コウヤマ)」に「賀茂別雷神」が降臨し、天武天皇の御代である白鳳六年(678年)に社殿が造営されたと伝えられています。

神山は禁足地であり立入できませんが磐座があると言われています。当社の非公開の重要神事である「御阿礼(ミアレ)神事」は現在当社に近い丸山で行われていますが、古くは神山で行われていたものと考えられています。ミアレとは神の顕現を意味し、御阿礼神事は賀茂別雷神の降臨を再現する神事であると考えられます。

一方で『山城国風土記』逸文にも当社の創建に関する伝説が記されています。それによると以下の通りです。

『山城国風土記』逸文(大意)

日向の曽の峯に天下った賀茂建角身命は神日本磐余彦の御前に立ち、大和の葛城山の峯に宿り、そこから遷って山城国の岡田の賀茂に至り、木津川の沿って下り、桂川と鴨川の合流するところに至って鴨川を見まわして言うには「小さいが石川の清川(スミカワ)である」と。これによって「石川の瀬見の小川」と名付けられた。

その川から上って久我国の北の山基(ヤマモト)に鎮まり、その時から賀茂と名付けられた。

賀茂建角身命と夫婦になった丹波国の神である神伊可古夜日女は、玉依日子、玉依日売を生んだ。玉依日売が石川の瀬見の小川で遊んでいたところ、丹塗矢が川上から流れ下ってきた。これを取って寝床の辺に挿して置いていたところ懐妊して男子を生んだ。

やがて成人し、建角身命が八尋屋を造って酒を醸し神々を集めて宴会した際に、祖父である建角身命が「お前の父と思う者にこの酒を飲ませよ」と問うと、男子は盃を挙げ、屋根を貫いて天に昇った。これによって建角身命の名により男子は可茂別雷命と名付けられた。

丹塗矢は乙訓郡の社に坐す火雷神である。

『山城国風土記』逸文は、賀茂建角身命の鎮まる過程を記す前半と、丹塗矢伝承の後半に分かれています。

前半部分は賀茂建角身命を祖神とする賀茂氏が大和から山城へ至る過程を神話に託したものと言えるでしょう。当初は大和の葛城(現在の奈良県御所市付近)に居住していた賀茂氏は、山城国の岡田(現在の京都府木津川市加茂町:「岡田鴨神社」が鎮座する)を経由し、木津川を遡って桂川と鴨川の合流地(「久我神社」が鎮座する)から鴨川を遡上、「久我国の北の山基」(現在の当社付近か)に定住したことを示しています。

『新撰姓氏録』にはいくつかの系統の賀茂氏が登載されていますが、当社に関わる賀茂氏は神魂命-賀茂建角身命を祖とする系統の氏族です。以下が関係氏族です。

  • 山城国神別「賀茂県主」(神魂命の孫、武津之身命の後)
  • 山城国神別「鴨県主」(賀茂県主同祖)

また、同じく山城国神別に「矢田部」「丈部」「西泥土部」「祝部」も同祖として登載されています。

神日本磐余彦(神武天皇)が紀伊から大和へ入る時に先導した八咫烏は賀茂建角身命が大烏に化身したものといい、賀茂氏は神武東遷において功績を果たした人々の子孫であることが示唆されます。彼らが山城へ進出したのは、このような忠臣であったために朝廷から命を受けて開発の任務を担っていた可能性が考えられるかもしれません。

『山城国風土記』逸文の後半は有名な丹塗矢の伝承です。こちらの詳細は、丹塗矢(火雷神)の鎮まったとされる「角宮神社」の記事に書いているので併せてご覧ください。

さて『山城国風土記』では賀茂建角身命が当地に鎮まったとする一方で、賀茂別雷命は丹塗矢伝承により生まれた孫としています。ところが現状では当地には社名にもあるように賀茂別雷命を祀り、賀茂建角身命および玉依姫命は当社と対になる神社である「賀茂御祖神社」で祀っています。賀茂御祖神社は後に創建された神社であると考えられており、恐らく当社創建当初は三代の神を祀っていたところ、いつの頃か賀茂建角身命と玉依姫命を遷座したことが考えられそうです。

こうして賀茂氏の京都盆地における拠点として鎮座した当社は、その後延暦十三年(794年)に平安京遷都が行われてから朝廷より非常に厚い信仰を受けるようになっていきます。早くも貞観二年(807年)には正一位の神階を授けられ、当社の例祭である「賀茂祭(葵祭)」は勅祭とされました。また平安時代以降は内親王や女王が「斎王」として奉仕するなど、斎宮を設けた伊勢神宮に次ぐ扱いを受けました。

その後は斎王や賀茂祭の断絶などがありましたが、江戸時代には賀茂祭が再開され、朝廷のみならず庶民からの崇敬も集めました。現在は京都はもちろん全国的にも、また世界的にも知られる神社となっています。

 

境内の様子

境内入口。色鮮やかな朱鳥居が南向きに堂々と構えています。山城国一宮としての貫禄が感じられます。

 

鳥居をくぐった様子。参道の両側には芝生が広がっており、広々として開放的な空間となっています。それでいてその背後には鬱蒼とした森があり、それぞれの空間の対比が見て取れます。

 

参道の途中、右側(東側)には「外幣殿」と呼ばれる建物があります。天皇・上皇の行幸や摂関家の参詣の際に衣服を着替える等の準備をしたり、また葵祭等の神事にも使われる建物です。寛永五年(1628年)の造営で国指定重要文化財

案内板「外幣殿」

+ 開く

外幣殿

法皇、上皇等の御幸 摂関賀茂詣の際の著到殿 又、競馬会神事、葵祭に使用する 寛永五年(一六二八年)造替

重要文化財

 

また、参道の左側(西側)には「神馬舎」があり、中に神馬がいます。

 

さらに参道を進むと二の鳥居が建っています。こちらも鮮やかな朱鳥居で風格があります。ここをくぐると社殿の建つ空間です。

 

二の鳥居をくぐると正面に南西向きの「細殿(ホソドノ)」と呼ばれる平入の入母屋造の建物が建っています。一般的な神社では拝殿にあたる建物ですが、こちらでも天皇・上皇、斎王の参詣の際に装束を着替える等の準備を行ったようです。寛永五年(1628年)の造営で、国指定重要文化財

案内板「細殿」

+ 開く

細殿

行幸の際及斎王の御著殿 寛永五年(一六二八年)造替

重要文化財

 

細殿の前には左右二つの「立砂(タテスナ)」があります。砂を円錐形に盛ったもので、当社の象徴的なものです。当社の御祭神である賀茂別雷神が降臨したという当社後方の「神山」に因んだものといわれ、神籬であるとされています。「清めのお砂」の起源であるとも。

案内板「立砂」

+ 開く

立砂

盛砂とも云い、「たつ」とは神様のご出現に由来した言葉であり神代の昔ご祭神が最初に降臨された本殿の後二kmにある円錐形の美しい形の神山に因んだもので一種の神籬(神様が降りられる憑代)である

鬼門・裏鬼門にお砂を撒き清めるのは此の立砂の信仰が起源で「清めのお砂」の始まりである

 

当社の手水舎は細殿の裏にあり、やや珍しい立地です。この手水舎の水は当社の御祭神が降臨した「神山」のくぐり水を汲み上げたもので、飲用にも適しています。

 

二の鳥居のすぐ東側に「楽屋」と呼ばれる建物があります。神仏習合が行われていた時代に社僧が使っていた建物です。寛永五年(1628年)の造営で国指定重要文化財

案内板「楽屋」

+ 開く

楽屋

神佛習合時代供僧方の用いたもの 一切経楽屋ともいう。寛永五年(一六二八年)造替

重要文化財

 

細殿の右側(東側)に「舞殿」が建てられています。当社境内を流れる「ならの小川」の上に架かるように建てられており、「橋殿」とも呼ばれています。文久三年(1863年)の建立で国指定重要文化財

案内板「舞殿(橋殿)」

+ 開く

舞殿(橋殿)

往古より勅使御拝の殿舎 文久三年(一八六三年)の造替

重要文化財

 

舞殿の右側(東側)には「土屋」があります。神主や社司の装束を整えるところとして使用されていましたが、現在は祓所として使用されているようです。寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財

案内板「土屋」

+ 開く

土屋

往古より神主以下社司の著到殿 現今は祓所として用う。寛永五年(一六二八年)造替

重要文化財

 

舞殿の両脇にかかる石橋を渡ると正面に「岩上(ガンジョウ)」と呼ばれる注連縄の張られた岩があります。葵祭の際には宮司がこの上で蹲踞し、勅使と対面して神の御意思を述べる神事「返祝詞」が行われます。恐らく神山における祭神の降臨をここで再現したものなのでしょう。この場面は葵祭において最も重要な一幕であり、この岩は当社の祭祀において極めて重要な意味を持つ磐座、影向石であると言えます。

当社は本来は神山にある磐座で祭祀が行われたと考えられますが、いつしかこの岩で祭祀が行われ、後に現在地に社殿が造営されたとも言われています。この岩は古代の祭祀と現代の祭祀を繋ぐものであると言えるかもしれません。

案内板「岩上」

+ 開く

岩上

賀茂祭(葵祭)には宮司この岩の上に蹲踞、勅使と対面し、御祭文に対して神のご意思を伝える「返祝詞」を申す神聖な場所である。

太古御祭神が天下りされた秀峰神山は本殿の後方約2kmの処に在り、頂きには降臨石を拝し、山麓には御阿礼所を設け厳粛な祭祀が斎行されてきた。

この岩上は神山と共に賀茂信仰の原点であり、古代祭祀の形を今に伝える場所である。神と人との心の通路でもあり、『気』の集中する場所である。

案内板「岩上」

+ 開く

岩上

葵祭にあたり宮司、岩上に蹲踞し勅使に返祝詞を申す。(原初神道の形をよく保存し貴重なものである。)

 

岩上を脇目に進んでいくと朱塗りの鮮やかな三間一戸の平入入母屋造の楼門が建っています。寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財

 

楼門前には「玉橋」と呼ばれる木造の反橋が架かっていますが、注連縄が張られており通常参拝者は渡ることができません。国指定重要文化財

 

参拝者は反橋の右側(東側)にある「片岡橋」を通って楼門の建つ空間へ渡ります。片岡橋は向唐破風の屋根の付いた橋となっています。国指定重要文化財

 

楼門をくぐると正面に幣殿が建っています。一般の参拝客はここで参拝することになっており、実質的にはここが拝殿的な機能を持っています。寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財

幣殿の後方には三間社流造の本殿が建っています。写真を撮ることはできませんが、拝観受付を申し込むことで本殿を拝観することができます。文久三年の造営で国宝に指定されています。

また本殿の左側に隣接して本殿と同様の造りの権殿が建てられています。式年遷宮などで本殿の御神体を一時的に遷して祭祀を行うための建築です。こちらも文久三年の造営で国宝に指定されています。

 

境内の西側から、賀茂別雷神の降臨したと伝えられる「神山(コウヤマ)」を望むことが出来ます。円錐形の美しい山です。

 

上賀茂神社の紅葉

上賀茂神社の紅葉

上賀茂神社の紅葉

秋には境内の楓が染まり、美しい紅葉を楽しむことができます。

 

 

タマヨリ姫
やっぱり有名なだけあってとても広くて大きい神社だね!
山城国一宮で、京都で最も格の高い神社だったのよ。江戸時代には上賀茂・下鴨神社と松尾大社で京都を守ってたと言われてたほどだったわ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

案内板「ようこそ、世界文化遺産・上賀茂神社へ」

+ 開く

ようこそ、世界文化遺産・上賀茂神社へ

神社の名称

正式には「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」ですが、通称「上賀茂神社(かみがもじんじゃ)」として皆様に親しまれています。

ご祭神

賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)

神様のお力

賀茂別雷神は、雷のような強い力で私たちに怒る全ての災いを祓い、幸せに導いて下さると共に、電機産業・農耕守護・国家安泰の神として崇敬されています。

賀茂別雷神をお祀りする神社が全国各地にあり、当神社と同様、地域の氏神として信仰されています。

神社のはじまり

賀茂別雷神は神代(かみよ)の昔、本殿の後方約2キロメートルにある秀峰「神山(こうやま)」の頂上にある磐座(いわくら)にご降臨になりました。天武天皇(てんむてんのう)の白鳳(はくほう)6年(678)に神山を拝む形で現在の本殿の基となる建物<遥祭殿(ようさいでん)>が建てられました。

二の鳥居を入った正面にある「立砂(たてすな)」は神山を表しており、本殿が無かった時代の祭場のなごりで、当神社の象徴です。

社殿(建物)

境内23万坪(76万㎡)の中心である本殿と権殿(ごんでん:常設の仮殿)は文久3年(1863)造替(ぞうたい)で、「流造(ながれづくり)」と呼ばれる神社建築様式の代表建造物として国宝に、他の60棟程の桧皮葺(ひわだぶき)屋根の建物は寛永(かんえい)5年(1628)造替で、ほとんどが国の重要文化財に指定されています。

社殿他を維持継承するために定められた「式年遷宮(しきねんせんぐう)」の制度によって、平安時代とほとんど変わらない佇まいを今に伝えていることにより、平成6年に境内全域が世界文化遺産に登録されました。

『都名所図会』

+ 開く

鴨下上皇太神宮の御社は天武天皇白鳳五年の造営にして下の社御祖の神は加茂健角命の御娘玉依姫にてまします。ある時瀬見の小河のほとりに斿びたまふに丹塗の矢ひとつ流れ来りしを拾ひ取り屋のうへにさし置きしばしへて孕身となり終にをのこゝ゛をまうけたまふ。一日里人をあつめ宴を催し杯をかの男子にあたへ汝が父にさしたまへといひ聞せ侍るに盃を虚空に投げうち神とあらはれ天に昇りたまふ。是なん上の御社別雷太神宮なり。丹塗の矢は火雷命なり(松尾大明神是なり)。
葵祭りは卯月中の酉日欽明帝の御宇に始る。大内より御車出でて公卿みな〱騎馬にてあふひかづらをかけ音楽を奏し其儀式厳重にして美麗の行粧他にならびなき祭礼なり(まつりとばかりいふはあふひ祭りのことなり)。

新古今  みあれに参て社の司おの〱あふひをかけけるによめる
跡たれし神にあふひのなかりせば何に頼をかけて過ぎまし  加茂重保

五月五日の競べ馬はいにしへ大内裏武徳殿において騎射の事ありこの例によるとかや。
朔には足揃へあり。神官達黒赤の装束を着し左右に別れ勝負楓とて馬場の左にあり。是より中にて落ちたると乗りおくれたるとを負けとす。六月十九日より晦日迄は夏越祓とて御洗川の辺に諸人斿宴するなり。晦日には上鴨の神前において猿楽あり。

新古今  鏡にもかげみたらしの水の面にうつる斗の心とをしれ
この歌は加茂へまうでたる人の夢に見えけるといへり。

日蔭山二葉山は上鴨神殿の東にありて御生山の別名なり。石川瀬見の小川鴨の羽川などは皆みたらし川をなづくるとかや。

続古今  君が代も我世もつきじ石川やせみの小川の絶えじと恩へば  鎌倉右大臣

家集  降雪はみたらし川に影見へて空にぞすめるうと浜の声  定家

続後撰  さかのぼる鴨の羽川のその上を恩へば久し世々のみづかき  前太政大臣

岩本橋本の杜は住吉和歌の二神ともまた業平実方の化現なりともいひ伝ふ。書記にいはく平安の京は百王不易の都なり。東に厳神あり西に猛霊をあほぐ則厳神は鴨太神宮なり。猛霊は松尾の霊社これなり。二神の鎮護によつて万代平安の福を蒙るもこの御神の威徳なりとぞ。

 

地図

京都府京都市北区上賀茂本山

 

関係する寺社等

賀茂別雷神社境内社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

お知らせ 賀茂別雷神社本社については別記事にて紹介しています。そちらも併せてご覧ください。 賀茂別雷神社の境内社 社殿付近の境内社 片山御子神社 「片岡社」とも呼ばれています。楼門の対岸、玉橋のすぐ側 ...

続きを見る

賀茂御祖神社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

社号 賀茂御祖神社 読み かもみおや 通称 下鴨神社 旧呼称 鎮座地 京都府京都市左京区下鴨泉川町 旧国郡 山城国愛宕郡下鴨村 御祭神 玉依姫命、賀茂建角身命 社格 式内社、山城国一宮、二十二社、旧官 ...

続きを見る

久我神社 (京都府京都市北区紫竹下竹殿町)

社号 久我神社 読み くがじんじゃ 通称 旧呼称 氏神社、大宮 等 鎮座地 京都府京都市北区紫竹下竹殿町 旧国郡 山城国愛宕郡大宮村 御祭神 賀茂建角身命 社格 式内社、賀茂別雷神社摂社 例祭 4月1 ...

続きを見る

大田神社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

社号 大田神社 読み おおた 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市北区上賀茂本山 旧国郡 山城国愛宕郡上賀茂村 御祭神 天鈿女命 社格 式内社、賀茂別雷神社摂社 例祭 4月10日、11月10日 式内社 ...

続きを見る

貴船神社 (京都府京都市左京区鞍馬貴船町)

社号 貴船神社 読み きふね 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市左京区鞍馬貴船町 旧国郡 山城国愛宕郡貴船村 御祭神 高龗神 社格 式内社、二十二社、旧官幣中社 例祭 6月1日 式内社 山城國愛宕郡 ...

続きを見る

角宮神社 (京都府長岡京市井ノ内南内畑)

社号 角宮神社 読み すみのみや 通称 旧呼称 鎮座地 京都府長岡京市井ノ内南内畑 旧国郡 山城国乙訓郡井之内村 御祭神 火雷神 社格 式内社、旧村社 例祭 5月1日 式内社 山城國乙訓郡 乙訓坐大雷 ...

続きを見る


-1.京都府, 2.山城国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.