1.京都府 2.山城国

賀茂御祖神社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

更新日:

社号 賀茂御祖神社
読み かもみおや
通称 下鴨神社
旧呼称
鎮座地 京都府京都市左京区下鴨泉川町
旧国郡 山城国愛宕郡下鴨村
御祭神 玉依姫命、賀茂建角身命
社格 式内社、山城国一宮、二十二社、旧官幣大社
例祭 5月15日

 

賀茂御祖神社の概要

京都府京都市左京区下鴨泉川町に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳に名神大社に列せられているのみならず、山城国一宮であり、また二十二社の上七社にも列せられているなど、国内でも有数の極めて格の高い神社です。「下鴨神社」の名で非常に有名で、現在でも多くの参拝客で賑わう神社です。

賀茂氏の氏神として「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」と対になる神社で、由緒も共通しています。詳しくは賀茂別雷神社の記事をご覧ください。

社伝によれば、崇神天皇七年に社殿の瑞垣が造営され、垂仁天皇二十七年に御神宝が奉られたと伝えられています。また綏靖天皇の頃から御生神事(現在の御蔭祭)が行われていたとも伝えられています。

その一方で、当社が賀茂別雷神社と同時に創建されたとは考えにくく、先に賀茂別雷神社が創建された後、当社が創建されたとも考えられています。その理由として、『山城国風土記』逸文には蓼倉里(当社に隣接する蓼倉町が遺称)に鎮座する三井社についての記述はあるものの、当社に関する記述が一切見えないことが挙げられます。

また、『続日本後記』承和十五年(848年)の条に、賀茂御祖神社の禰宜が天平勝宝二年に御戸代田一町を充てられて以降加増が無いため困っていると訴える記事があり、天平勝宝二年(750年)には当社が創建されていたことがわかります。

具体的な記録があるわけでないので不明ですが、以上のことから、風土記が編纂されて以降、恐らくは八世紀前半頃に当社が創建されたことが推測されます。

賀茂社が賀茂別雷神社と当社の二社体制になった理由は不明です。当初は京都盆地の北端あたりの、賀茂別雷神の降臨した神山の近くで賀茂別雷神社として奉斎していたところ、鴨川の治水と土地の開拓が進んだことで南方である当地へ進出したことが考えられるかもしれません。また当地は賀茂川と高野川の合流する地点であり、京都盆地において極めて重要な地であることも神の鎮座に相応しい地と見做されたことでしょう。また一説には賀茂祭(葵祭)があまりにも盛大になりすぎたため、これを抑制するために賀茂社を分けたという説もあります。

ただ、そうすると一つ不可解な点があります。社名にもあるように当社の御祭神は「祖神」、つまり賀茂別雷神からして祖父神にあたる「賀茂建角身命」と、母神にあたる「玉依姫命」を祀っています。『山城国風土記』逸文を見てもわかる通り賀茂社の創建は賀茂建角身命の活躍によるものです。賀茂建角身命は神武天皇の東遷において先導を務めた八咫烏でもあるとも言われ、極めて重要な神です。

そんな賀茂建角身命を差し置いて、当初から賀茂氏の氏神として祀られた賀茂別雷神社には孫神である賀茂別雷神を祀り、後に創建されたと思われる当社の方に賀茂建角身命と玉依姫命を祀っているのは不審です。

一般に任意の神社が近隣に関係社を新たに創建する場合、「若宮」などと称して元の神社の御子神を祀ることがよく見られます。この点からも新たに創建された神社に母神・祖父神を祀る当社はやや異例と言えるでしょう。

このような体制で祀られている理由は不明です。ただ、賀茂別雷神社と当社の関係が歴史的に「主従」でなくほぼ「対等」に併存してきたのは、当社が親神を祀ってきたからと言えるかもしれません。当社もまた賀茂別雷神社と共に皇室の崇敬が厚く、平安時代以降は内親王や女王が「斎王」として奉仕するなど破格の待遇を受けてきました。

現在も近隣住民の憩いの地であるとともに、国内のみならず世界中から多くの参拝客の訪れる有数の神社として栄えています。

 

境内の様子

当社の一の鳥居は境内の南方200mほどのところに建っています。練塀の側に建つ朱鳥居もまた趣があり、当社参拝に向けての高揚感を盛り立ててくれます。

 

境内入口。ここからは「糺の森」と呼ばれる森が広がっており、古くから歌の名所として知られています。ただ、一般に京都盆地では照葉樹林が極相となりますが、糺の森はどういうわけか落葉樹が多くなっており、極相ではありません。人手が加わっているか、もしくは土壌が森林の発達に良くないことが考えられるようです。

 

糺の森を貫く参道は500mほど続きます。参拝時はイベントが控えていたため、卵型のオブジェクトが左右に配置されていました。

 

参道の左側(西側)、糺の森の中央を流れる川は「瀬見の小川」と呼ばれています。瀬見の小川は『山城国風土記』逸文に登場する川で、鴨長明の歌にも登場します。(ただし『山城国風土記』逸文の「瀬見の小川」は桂川と鴨川の合流地点付近にある)。古くは現在とは違う流路だったようで、江戸時代に現在の流路になったようです。

案内板「糺の森と瀬見の小川」

+ 開く

糺の森と瀬見の小川

糺の森は、鴨川と高野川とが合流する地にあるニレ科の樹木を中心とした森で、山城国一宮賀茂御祖神社(下鴨神社)が鎮座しています。

平安時代から鎌倉時代の賀茂御祖神社社頭の景観を描いた「鴨社古圖」によると、瀬見の小川は馬場の西側を流れています。

さる平成二年から四年(1990~1992)にかけて糺の森発掘調査の結果、流路跡が絵図のとおり検出されました。

また、他の場所で検出された古い流路からは、祭祀で使われる土器が出土しています。

元禄七年(1694)四月十八日の賀茂祭から行粧が再興され、同時に途絶していた朝廷から奉納される走馬十列の儀も復興をみ、そのおりの馬場整備により鴨川を源流とする現在の流路となりました。

「風土記」山城国逸文には、御祭神賀茂建角身命が「瀬見小川」と名づけられたとの縁起を伝えています。また、元久二年(1204)三月撰進の「新古今和歌集」に採録された当神社神官係累鴨長明の歌「石川や せみの小河の 清ければ 月もながれを 尋ねてぞすむ」で広く知られるようになりました。

 

糺の森の参道を進んでいくと二の鳥居が見えてきます。

 

二の鳥居の手前に流れている小川は「奈良の小川」と呼ばれています。境内の発掘調査によって発見された流路を復元したものです。ナラノキの林を流れていることから奈良の小川と呼ばれるようですが、賀茂別雷神社に同名の小川があり、それに倣ったのかもしれません。

案内板「復元された古の小川「奈良の小川」」

+ 開く

復元された古の小川「奈良の小川」

この小川は、境内糺の森の発掘調査によって、この所から幅約三メートル、深さ約〇・四メートルの古代の流れの流路約六〇メートルが見つかりました。平安・鎌倉時代の下鴨神社の様相を伝える「鴨社古図」に描かれた小川の一部です。その流れを復元しました。

この小川の上流に奈良殿神を祀る無社殿社地のナラノキの林を流れているところから奈良の小川と呼ばれています。

 

奈良の小川を渡った先の左側(東側)に手水舎があります。

案内板「御手洗(みたらし)-直澄(ただす)」

+ 開く

御手洗(みたらし)-直澄(ただす)

古代から糺の森は、清水の湧く所、鴨川の水源の神地として信仰されてきました。室町時代の「諸社根源記」に「浮島の里、直澄」と記されており、「糺」の語源の一説として知られています。

現在、なお糺の森地中深くより豊かに湧水し、歴史を伝えています。生命の源である御神水により禊をされ、御生(みあれ)の御蔭(おかげ)をこおむるとともに心身の清浄にお臨みください。

やまとかも うみに嵐の西吹けば いづれの浦に 御船つながむ「新古今和歌集」

御手洗川は、御祭神の神話伝承にちなむ舟形磐座石です。

御神水をそそぐ樋は、糺の森のヌシと呼ばれていた樹齢六〇〇年のケヤキです。

覆屋は、崇神天皇七年(BC九〇年ごろ)当神社糺の森神地に瑞垣の造替を賜った記録をもとに再現した透塀です。

 

正面には二の鳥居が建っています。ここからはいよいよ神域としての雰囲気が増してきます。

 

二の鳥居をくぐると正面に三間一戸の平入入母屋造の楼門が建っています。楼門の鮮やかな朱は広い境内の中でも特に強烈な印象を残すものであり、当社の象徴的な建物となっています。左右の廻廊とともに寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財。左側(西側)の廻廊の一間は「剣の間」と呼ばれています。

案内板「楼門」「剣の間」

+ 開く

重要文化財

楼門

高さ十三メートル

東西の廻廊とも古代様式を伝えている。二十一年ごとの式年遷宮ごとに造替されてきたが寛永度以降は解体修理をして保存している。

剣の間

西廻廊の床張の一間は賀茂祭(葵祭)のとき勅使がここで剱を解かれる間である。

楼門は、東西廻廊とも式年遷宮寛永五年度(一六二八)造替になった。

 

 

楼門をくぐると社殿の配置される広い空間があります。社殿は基本的に素木となっており、朱の鮮やかな楼門と対照的に落ち着いたものとなっています。

正面に建つのは「舞殿」。妻入入母屋造の吹き放ちの建築で、一般的な京都の神社では拝殿に相当するものです。かつて御所の緊急の際は内侍所としても使用されるなど、極めて重要な建物でした。寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財

案内板「舞殿」

+ 開く

重要文化財

舞殿

賀茂祭(葵祭)のとき勅使が御祭文を奏上され東游が奉納される。御所が災害にあわれたとき、臨時の内侍所と定められている。式年遷宮寛永五年度(一六二八)造替後は二十一年目ごとに解体修理が行われる。入母屋造檜皮葺、桁行四間、梁間三間、殿上は、宣命座の設置など柱間ごとに、細かく規定されている

 

舞殿の後方に中門があります。形式としては四脚門です。左右に楽屋があり、共に寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財

 

中門をくぐった正面に蕃塀があります。蕃塀とは社殿を隠すように設置される横に長い塀のことで、神の直視を避ける、悪霊や災厄を防ぐなど、障りを防ぐためのものとも言われています。東海地方では非常に多く見られますが、京都では珍しいものです。

 

蕃塀の後方に幣殿が建っています。平入入母屋造で軒唐破風の付いた建築です。参拝客はここで参拝することになっており、実質的にはここが拝殿的な機能を持っています。寛永五年(1628年)の建立で国指定重要文化財

幣殿の後方に本殿が建っています。通常は拝観することができませんが、特別に公開されることもあります。

本殿は「玉依姫命」を祀る東殿と「賀茂建角身命」を祀る西殿が左右に並んでおり、ともに三間社流造です。文久三年(1862年)の建立で、国宝に指定されています。

 

幣殿の前には、蕃塀を取り囲むように七社の境内社が配されており、これらを総合して「言社(ことしゃ)」と呼ばれています。生まれの干支に対応した守護神として信仰されています。

上の写真の上段の二社は「一言社」で、蕃塀のすぐ裏側に互いを背にして鎮座しています。左側(西側)の御祭神は「顕国魂命」で午歳生まれの守護神。右側(東側)の御祭神は「大国魂命」で巳・未歳生まれの守護神です。

上の写真の中段の二社は「二言社」で、蕃塀の東側に並んで鎮座しています。左側(北側)の御祭神は「大物主命」で丑・亥歳生まれの守護神、右側(南側)の御祭神は「大国主命」で子歳生まれの守護神です。

上の写真の下段の三社は「三言社」で、蕃塀の西側に並んで鎮座しています。左側(南側)の御祭神は「八千矛命」で辰・申歳生まれの守護神、中央の御祭神は「大己貴命」で寅・戌歳生まれの守護神、右側(北側)の御祭神は「志固男命」で卯・酉歳生まれの守護神です。

 

先述の通り当社境内の森は落葉樹が多いため、秋には美しい紅葉を楽しむことが出来ます。朱の鳥居に覆いかぶさる紅葉は息をのむほどの美しさです。

 

 

タマヨリ姫
上賀茂神社に負けず劣らずのとても大きな神社だね!でも何で二社に分かれてるんだろう?
それは大きな謎ね。賀茂御祖神社は賀茂別雷神社の後に創建されたとする説が有力よ。賀茂氏の京都盆地への進出に関わってるのかもしれないわね。
トヨタマ姫

 

御朱印・御朱印帳

 

由緒

案内板「賀茂御祖神社(下鴨神社)」

+ 開く

賀茂御祖神社(下鴨神社)

平安時代以前から存在する京都で最も古い神社の一つで、平成六年(一九九四)に世界遺産に登録された。

上賀茂神社の祭神である賀茂別雷神の母の玉依姫命ち玉依姫命の父の賀茂建角身命を祀ることから、正しくは賀茂御祖神社といい、上賀茂神社とともに賀茂社と称される。

平安遷都(七九四)後は王城の守護神として、朝廷をはじめ公家や武家の崇敬を集め、弘仁元年(八一〇)以降、約四百年にわたり、斎院(斎王の御所)が置かれ、皇女が斎王として賀茂社に奉仕した。

江戸末期の文久三年(一八六三)に造替された東本殿と西本殿が国宝に指定されているほか、多くの社殿が重要文化財に指定されている。

また、約十二万四千平方メートル(東京ドームの約三倍)に及ぶ境内の自然林は「糺の森」として市民に親しまれ、平安京以前の原生林を残す貴重な森林として国の史跡に指定されている。

毎年五月十五日には、京都三大祭の一つである葵祭が行われ、御所から当神社を経て上賀茂神社まで向かう行列が、都大路に王朝絵巻を繰り広げる。また、五月三日の流鏑馬神事や七月の土用の丑の日に行われる御手洗祭などもよく知られている。

京都市

案内板「史跡 賀茂御祖神社境内」

+ 開く

史跡 賀茂御祖神社境内

(昭和五十八年三月二十九日指定)

賀茂御祖神社(通称 下鴨神社)は、「山城国風土記」逸文に祭神の賀茂建角身命、玉依媛命の神話伝承が、そして「続日本紀」に賀茂祭のこと、さらに「社記」には崇神天皇時代の記録などが記されているように、古くからの大社であった。また、玉依媛命の御子神は、賀茂別雷神社(通称 上賀茂神社)に祀られている。

境内の糺の森は鴨川と高野川の合流する三角州に山背盆地の植生を残す貴重な森林でその美しさは古くから物語や詩歌にうたわれてきた。

社殿の造営は、「社記」に天武天皇六年(六七七)のこととされ、長元九年(一〇三六)には、二十一年ごとの式年遷宮が定められた。現在の社殿は、江戸時代の造替で、両本殿が国宝、他の社殿五十三棟は重要文化財である。

平安遷都以降は、皇城鎮護の神、賀茂皇大神宮と称され、全国に六十以上の庄園を持ち、山城国の一の宮、全国賀茂神社一三〇〇社の総本社として広く崇敬されてきた。

弘仁元年(八一〇)には、賀茂斎院の制が定められ、皇女を斎王として三十五代約四〇〇年間賀茂社の神事に仕えさせられた。斎院御所は、この糺の森の北西に、常の御所は紫野大宮に設けられていた。

また、桓武天皇が延暦十三年(七九四)平安遷都祈願の行幸をされて以来、歴代天皇、上皇、関白などの賀茂詣も盛んであった。

さらに、毎年五月十五日に賀茂祭(葵祭)が行なわれ、この祭は、「源氏物語」をはじめ王朝の文学、詩歌にその華やかな行列の様子が描かれ、単に祭と言えばこの葵祭を指すほどの盛儀で、その起源は、欽明天皇五年(五四五)にさかのぼる。また、御蔭祭、騎射(流鏑馬)、蹴鞠、歌舞など千数百年伝承されている神事も多い。

このたびこのような賀茂神社の歴史的意義を重視し、境内全域を国の史跡に指定して保存することとなった。

昭和六十一年三月吉日

文部省
賀茂御祖神社

案内板「賀茂御祖神社由緒記」

+ 開く

賀茂御祖神社由緒記

御祭神

東御本殿 玉依媛命
西御本殿 賀茂建角身命

御神徳

賀茂建角身命を『日本書記』『古事記』では、金鵄八咫烏として表し農耕をひろめ民生の安定に努められた御功績を伝えているところから世界平和、五穀豊穣、殖産興業、病難方厄除けなど他方面に御神徳を顕しておられる。

御子神であられる玉依媛命は、『風土記』山城国逸文に婦道の守護神、縁結び、安産、育児さらに水を司る神として御神威を伝えている。

創祀

『日本書記』神武天皇二年(BC六五八ごろ)条に当神社の御祭神賀茂建角身命を奉祭していたことが記されている。また当神社の最古の祭りである御生神事(現在の御蔭祭)が綏靖天皇の御代(BC五八一ごろ)に始められたこと、崇神天皇七年(BC九〇ごろ)瑞籬の造替、垂仁天皇七年(BC二九ごろ)御神宝が奉られたこと、成務天皇のころ(一三一ごろ)神官に鴨県主の姓を賜るなどの所伝によって二千年以前に創始されたとされている。

社名

正式名称の賀茂御祖神社の「かも」は、古代の国名であり、文字も「鴨」のほか様々に用いられていたが大宝年間のころ(七〇〇ごろ)から「賀茂」となった。また地勢的にみて鴨川の下流にまつられているところから下鴨神社と通称で親しく呼ばれるようになった。

社殿及び境内

全域が世界文化遺産に登録されている。

東西両本殿二棟は国宝。幣殿、出雲井於神社等五十三棟が重要文化財のほか主要社殿十九棟。境内糺の森約十二万平方メートルは国指定の史跡となっている。

主な祭事

五月十五日 葵祭、御蔭祭、流鏑馬神事、土用のうしの日 御手洗祭、立秋の前夜 夏越の神事、中秋 名月管弦祭、正月 歳旦祭、けまりはじめ、節分祭

名所旧跡

賀茂斎院御所旧跡 鴨社神宮寺旧跡 御手洗川 奈良の小川 瀬見の小川 泉川 連理の賢木 何でも比良木 切芝等

主な歴史
欽明天皇五年 (五四四) 葵祭を始められる
白鳳六年 (六七七) 官営神社となる
延暦三年 (七八四) 長岡京遷都により告文
延暦十二年 (七九三) 平安京遷都により告文
弘仁元年 (八一〇) 賀茂斎院の制
承和十一年 (八四四) 当神社の四至制定
元慶四年 (八八〇) 平安京大極殿完成により告文
天禄二年 (九七一) 関白賀茂詣定例の制
長元九年 (一〇三一) 式年遷宮の制
永保三年 (一〇七六) 行幸式日の制
応徳三年 (一〇八四) 院・上皇・法皇御幸の制
治承三年 (一一七九) 参籠御幸の制、等々

『都名所図会』

+ 開く

鴨下上皇太神宮の御社は天武天皇白鳳五年の造営にして下の社御祖の神は加茂健角命の御娘玉依姫にてまします。ある時瀬見の小河のほとりに斿びたまふに丹塗の矢ひとつ流れ来りしを拾ひ取り屋のうへにさし置きしばしへて孕身となり終にをのこゝ゛をまうけたまふ。一日里人をあつめ宴を催し杯をかの男子にあたへ汝が父にさしたまへといひ聞せ侍るに盃を虚空に投げうち神とあらはれ天に昇りたまふ。是なん上の御社別雷太神宮なり。丹塗の矢は火雷命なり(松尾大明神是なり)。
葵祭りは卯月中の酉日欽明帝の御宇に始る。大内より御車出でて公卿みな〱騎馬にてあふひかづらをかけ音楽を奏し其儀式厳重にして美麗の行粧他にならびなき祭礼なり(まつりとばかりいふはあふひ祭りのことなり)。

新古今  みあれに参て社の司おの〱あふひをかけけるによめる
跡たれし神にあふひのなかりせば何に頼をかけて過ぎまし  加茂重保

五月五日の競べ馬はいにしへ大内裏武徳殿において騎射の事ありこの例によるとかや。
朔には足揃へあり。神官達黒赤の装束を着し左右に別れ勝負楓とて馬場の左にあり。是より中にて落ちたると乗りおくれたるとを負けとす。六月十九日より晦日迄は夏越祓とて御洗川の辺に諸人斿宴するなり。晦日には上鴨の神前において猿楽あり。

新古今  鏡にもかげみたらしの水の面にうつる斗の心とをしれ
この歌は加茂へまうでたる人の夢に見えけるといへり。

日蔭山二葉山は上鴨神殿の東にありて御生山の別名なり。石川瀬見の小川鴨の羽川などは皆みたらし川をなづくるとかや。

続古今  君が代も我世もつきじ石川やせみの小川の絶えじと恩へば  鎌倉右大臣

家集  降雪はみたらし川に影見へて空にぞすめるうと浜の声  定家

続後撰  さかのぼる鴨の羽川のその上を恩へば久し世々のみづかき  前太政大臣

岩本橋本の杜は住吉和歌の二神ともまた業平実方の化現なりともいひ伝ふ。書記にいはく平安の京は百王不易の都なり。東に厳神あり西に猛霊をあほぐ則厳神は鴨太神宮なり。猛霊は松尾の霊社これなり。二神の鎮護によつて万代平安の福を蒙るもこの御神の威徳なりとぞ。

 

地図

京都府京都市左京区下鴨泉川町

 

関係する寺社等

賀茂御祖神社境内社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

お知らせ 賀茂御祖神社の本社および河合神社については別記事にて紹介しています。 賀茂御祖神社の境内社 境内東側の様子 境内の東側を流れる御手洗川の上に架かるように「橋殿」があります。妻入入母屋造の建築 ...

続きを見る

河合神社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

社号 河合神社 読み かわい 通称 旧呼称 河合社(ただすのやしろ) 等 鎮座地 京都府京都市左京区下鴨泉川町 旧国郡 山城国愛宕郡下鴨村 御祭神 玉依姫命 社格 式内社、賀茂御祖神社摂社 例祭 11 ...

続きを見る

賀茂別雷神社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

社号 賀茂別雷神社 読み かもわけいかづち 通称 上賀茂神社 等 旧呼称 鎮座地 京都府京都市北区上賀茂本山 旧国郡 山城国愛宕郡上加茂村 御祭神 賀茂別雷神 社格 式内社、山城国一宮、二十二社、旧官 ...

続きを見る

御蔭神社 (京都府京都市左京区上高野東山)

社号 御蔭神社 読み みかげ 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市左京区上高野東山 旧国郡 山城国愛宕郡高野村 御祭神 賀茂建角身命荒魂、玉依姫命荒魂 社格 式内論社、賀茂御祖神社摂社 例祭 5月12日 ...

続きを見る

賀茂波尓神社 (京都府京都市左京区高野上竹屋町)

社号 賀茂波爾神社 読み かもはに 通称 赤の宮 等 旧呼称 赤宮稲荷大明神 等 鎮座地 京都府京都市左京区高野上竹屋町 旧国郡 山城国愛宕郡高野河原村 御祭神 波爾安日子神、波爾安日女神 社格 式内 ...

続きを見る

角宮神社 (京都府長岡京市井ノ内南内畑)

社号 角宮神社 読み すみのみや 通称 旧呼称 鎮座地 京都府長岡京市井ノ内南内畑 旧国郡 山城国乙訓郡井之内村 御祭神 火雷神 社格 式内社、旧村社 例祭 5月1日 式内社 山城國乙訓郡 乙訓坐大雷 ...

続きを見る

 


-1.京都府, 2.山城国
-, , ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.