1.京都府 2.山城国

河合神社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

更新日:

社号 河合神社
読み かわい
通称
旧呼称 河合社(ただすのやしろ) 等
鎮座地 京都府京都市左京区下鴨泉川町
旧国郡 山城国愛宕郡下鴨村
御祭神 玉依姫命
社格 式内社、賀茂御祖神社摂社
例祭 11月15日

 

河合神社の概要

京都府京都市左京区下鴨泉川町に鎮座する賀茂御祖神社の境内南西に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳には名神大社に列せられ、古くは有力な神社でした。現在は賀茂御祖神社の境内社の中で最も重んじられる第一摂社となっています。また、鴨長明の遁世のきっかけとなった神社としても有名です。

当社の創建・由緒は不明ですが、神武天皇の頃の創建と言われています。

当社の御祭神の「玉依姫命」は、どういうわけか賀茂御祖神社の御祭神であり賀茂建角身命の娘である玉依姫命ではなく、神武天皇の母神であり鸕鶿草葺不合尊の后である玉依姫命であるとされています。皇室の祖神の一柱ですが、一方で賀茂氏とは縁の遠い神であると言えます。

賀茂別雷神社の第一摂社である片山御子神社も賀茂建角身命の娘である玉依姫命でなく、神の霊の依り憑く巫女を神格化した神としての「玉依比売命」を祀っていることと、どこか通じるような様相となっています。

ただ、古い資料に当社について「御祖別雷両神苗裔神」とする記述もあり、御祭神については諸説あるようです。

社名の「河合」とは賀茂川と高野川の合流する地に祀られるからと考えられますが、古くは河合と書いて「タダス」と呼び、糺の森の中に鎮座することをも指していたようです。

『延喜式』神名帳では「鴨川合坐小社宅神社」の名で記載されています。小社宅の読みは諸説あり、大凡「オコソヤケ」もしくは「コソベ」と呼ばれています。近隣では摂津国島上郡(現在の大阪府高槻市)に古曽部の地名があることが目立ちますが、コソとは社、森などを表す語で、朝鮮由来の語とも言われています。神を祀るべき森に神を祀った祭祀氏族を部民制に組み込みコソベと称したことが考えられるかもしれません。

一方で「宅」の字を重んじて屋敷神と解し、賀茂県主家の邸宅に祀られた神であるとする説もあります。

現在では女神を祀ることから女性の守護神として崇敬が厚く、特に近年始められた「鏡絵馬」などは好評のようで、女性の参拝客で四六時中賑わう神社となっています。その賑やかさは本社である賀茂御祖神社を凌ぐ勢いを感じられるほどです。

 

境内の様子

当社の入口。賀茂御祖神社の糺の森を入ってすぐ左側(西側)に当社の朱鳥居が建っています。奥側にも入口があることがわかります。

 

鳥居をくぐってすぐ左側(南側)に手水舎があります。

 

鳥居をくぐって進むと右側(北側)に神門が建っています。形式は四脚門。当社の社殿は文化財指定はされていませんが延宝七年(1699年)に修造したものです。

 

神門をくぐると南向きの社殿が並んでいます。正面には妻入入母屋造の舞殿風の拝殿が建っています。拝殿を囲うように吊り下げられている吊り灯籠がアクセントとなって美しい出で立ちです。

 

舞殿風拝殿の後方にはもう一つ拝殿が建っています。こちらの拝殿は平入入母屋造で軒唐破風が付いた一般的なものです。

角度の問題で写真に撮るのは難しいですが、後方には三間社流造の本殿が建っています。

 

拝殿の左右には廻廊が伸び、左側(西側)の廻廊は境内社である貴布禰神社と任部社の拝所となっています。

 

当社本殿のすぐ左側(西側)に鎮座する「貴布禰神社」。御祭神は「高龗神」。古くから当社の境内社だったようです。

賀茂社、特に賀茂別雷神社と貴船神社は歴史的に深い関係があり、賀茂別雷神社にも本社の東側に新宮神社(貴布祢新社)が鎮座しています。賀茂御祖神社でも恐らく貴船神社から勧請され当社の境内社となったのでしょう。

案内板「貴布禰神社」

+ 開く

重要文化財申請社殿

貴布禰神社

御祭神

高龗神

応保元年(一一六一)収録の「神殿屋舎等之事」に、河合神社の御垣内にまつられていたことが収載されている神社で水の神として有名。

 

貴布禰神社の左側(西側)に鎮座する「任部社(とうべのやしろ)」。古くは「専女社(とうめのやしろ)」と称したようです。御祭神は「八咫烏命」。こちらも当社創建のときより祀られている古い神社と言われています。

専女とは年老いた女性、或いは年老いた狐のこととされています。食物神として祀られているようで、賀茂御祖神社本社にも古名を専女社とする稲荷社が境内に鎮座しています。

安元元年(1157年)に「小烏社」と合祀されたことが『百練抄』に見え、現在の御祭神が八咫烏命であるのもこのためであると思われます。

案内板「任部社[古名 専女社]」

+ 開く

重要文化財申請社殿

任部社(とうべのやしろ)[古名 専女社(とうめのやしろ)]

御祭神

八咫烏命

河合神社創祀のときよりまつられている社である。古名専女とは、稲女とも書き食物を司る神々がまつられていたことを示している。のちに「百練抄」安元元年(一一五七)十月二十六日の条にある「小烏社」と合祀された。昭和六年(一九三一)、御祭神の八咫烏命が日本の国土を開拓された神の象徴として日本サッカー協会のシンボルマークとなって以来、サッカー必勝の守護神として有名である。

 

舞殿風拝殿の左側(西側)に「六社」と呼ばれる六つの神社の相殿の社殿が建っています。ここに祀られている神社は左(南側)から次の通り。

由木社(御祭神「少彦名神」)
印社(御祭神「霊璽」)
竈神(御祭神「奥津日子神」「奥津比賣神」)
稲荷社(御祭神「宇迦之御魂神」)
衢社(御祭神「八衢毘古神」「八衢比賣神」)
諏訪社(御祭神「建御方神」)

元々は別々に祀られていたのを江戸時代に一棟にまとめられたようです。なお、諏訪社は式内社「須波神社」の論社の一つとなっています。

案内板「六社」

+ 開く

重要文化財申請社殿

六社(むつのやしろ)

[北方より]

諏訪社 御祭神 建御方神

衢社 御祭神 八衢毘古神・八衢比賣神

稲荷社 御祭神 宇迦之御魂神

竈神 御祭神 奥津日子神・奥津比賣神

印社 御祭神 霊璽

由木社 御祭神 少彦名神

第八回、建仁元年(一二〇一)十二月十日式年遷宮のために描かれたとみられる「鴨社古図」によると、河合神社の御垣内にそれぞれ別々にまつられていた。江戸時代の式年遷宮のとき各社が一棟となった。

いずれも、衣食住の守護神である。

 

舞殿風拝殿の右側(東側)は鴨長明が隠遁生活で営んだ「方丈」を再現したものがあり、内部は資料館となっています。

鴨長明は賀茂御祖神社の禰宜の家系に生まれ、当社の禰宜として就くことを望みましたが叶わず、俗世間を逃れ遁世の道を歩むことになります。このように当社と鴨長明は深い関係がありました。

案内板「鴨長明、長明の方丈」

+ 開く

鴨長明

久寿二年(一一五五)、下鴨神社禰宜長継の次男として泉の館(現在の京都大学北方一体)において生れた。応保元年(一一六一)、七歳のとき、下鴨神社の第六回式年遷宮が行われ、長明も神職の道につき、従五位下に叙せられた。幼少から学問に秀で、特に歌道に優れていた。安元元年(一一七五)(二十一歳)、高松女院歌合わせ和歌を献じ注目をあつめた。治承四年(一一八〇)六月、二十六歳のときには、福原へ都が遷され、宮中に奉仕する長明も新都へ赴いたが、八月、源頼朝の乱により平家は滅亡し、再び平安京へ遷都され帰洛した。正治二年(一二〇〇)四十六歳のとき、後鳥羽院から召されて院の歌会や催しに和歌を献じることになった。翌、建仁元年(一二〇一)和歌所の寄人に任せられた。また琵琶や笛、琴にもたけた演奏の記録が随所にみえる。しかし、元久元年(一二〇四)、五十歳の春、宮中の席を辞して出家し、洛北大原に隠とんする。元久二年三月、「新古今和歌集に」

石河や 瀬見の小川の 清ければ 月も流れを たずねてそすむ

をはじめ十首が採録された。「瀬見の小川」とは、この河合神社の東を今も流れる川のことである。建暦二年(一二一二)三月、「方丈記」ついで「無名抄」を著した。建保四年(一二一六)閏六月八日、六十二歳で歿した。

長明の方丈

鴨長明は、五十歳のときすべての公職から身をひき大原に隠とんした。その後、世の無常と人生のはかなさを随筆として著したのが「方丈記」である。大原からほうぼう転々として、承元二年(一二〇八)、五十八歳のこと(現在 京都市伏見区日野町)に落ち着いた。各地を移動しているあいだに「栖(すみか)」として仕上げたのが、この「方丈」である。移動に便利なようにすべて組立式となっている。

広さは、一丈(約三メートル)四方。約二・七三坪、畳、約五帖半程度。間口、奥行とも一丈四方というところから「方丈」の名がある。さらにもう一つの特徴は、土台状のものが置かれ、その上に柱が建てられていることである。下鴨神社の本殿もまた土居桁の構造である。

この構造は、建物の移動ということを念頭に柱が構築されるからである。下鴨神社は、式年遷宮により二十一年ごとに社殿が造替される自在な建築様式にヒントを得たものといわれている。

 

当社では御祭神が女神であることに因み、近年「鏡絵馬」というものが奉納されるようになりました。女性が普段使用している化粧品で絵馬を「メイク」し奉納することで祈願するもので、現在これは大変好評を博しているようです。これを奉納するために全国から絶え間なく多くの女性が訪れ、本社以上の賑わいすら感じられるほどです。

 

当社の神門の南側に、北向きに「三井社」が鎮座しています。別名を「三塚社」とも呼びます。御祭神は左(東側)から「玉依媛賣命」「賀茂建角身命」「伊賀古夜日賣命」です。

本社境内社の三井神社と同じ社名であり、同じ神が祀られています。案内板は『山城国風土記』逸文の「蓼倉里三身社」とは別であると書いていますが、式内社「三井神社」の論社の一つとなっています。

案内板「三井社[別名 三塚社]」

+ 開く

重要文化財申請社殿

三井社[別名 三塚社]

中社 賀茂建角身命
西社 伊賀古夜日賣命
東社 玉依媛賣命

古い時代の下鴨神社は、古代山代国愛宕、葛野郷を領有していた。その里には、下鴨神社の分霊社がまつられていた。この社は、鴨社蓼倉郷の総(祖)社としてまつられていた神社である。摂社三井神社「風土記」山城国逸文「鴨社」の条の「蓼倉里三身社」とは別の社である。

 

賀茂御祖神社の南方、賀茂川と高野川が合流する地。当社の社名「河合」とは恐らくこの地形を指していたのでしょう。

 

タマヨリ姫
下鴨神社の境内にあるけど、結構広くて一つの独立した神社みたいだね!
ここは賀茂御祖神社の第一摂社と言われてるわ。古くから境内社でも重要な神社で、鴨長明もここの神職を志望していたのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「河合神社」

+ 開く

第一摂社

河合神社

《ご祭神》

玉依姫命(ご祭神は神武天皇のご母神)

●例祭日 十一月十五日

ご神徳

神武天皇のご母神として日本建国に貢献されました。内助のご功績は、日本の婦人の鑑として仰がれています。また、すべての女性が一層美しくなりたいという願望と安産・育児・縁むすびなどをかなえてくださる神さまとして広く知られています。

由緒

ご鎮座の年代は詳しくは、わかりませんが、神武天皇の頃と伝えられています。『延喜式』に「鴨河合坐小社宅神社」とある神社です。「小社宅(こそべ)」は、「日本書紀」に社戸ともよまれ、それはご本宮の賀茂御祖神社(下鴨神社)のご祭神と同じ神々との意です。延喜元年(九〇一)十二月二十八日の官符に「河合社、是御祖、別雷両神の苗裔神也。」とあります。

天案二年(八五八)名神大社に列し、寛仁元年(一〇一七)神階正二位。

元暦二年(一一八五)正一位に列せられました。明治一〇年(一八八七)には、賀茂御祖神社(下鴨神社)の第一摂社となりました。

社殿

ご本殿の式年遷宮にああわせご造替がおこなわれてきました。現在のご社殿は、延宝七年度(一六九九)式年遷宮の古殿舎をご修造したものです。

美人の神さま

ご祭神・玉依姫さまの美麗により、ご自身のお顔を絵馬にたくして奉納し、ご祈願していただきます。

末社・任部社には、サッカーの神さま・八咫烏神がおまつりされています。

昭和六年、ヤタガラスの神が日本サッカー協会のシンボルマークとなりました。

河合神社と鴨長明

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」という文で始まる『方丈記』の作者鴨長明は、当神社の祢宜(神職)の家系でした。年少より和歌にすぐれ、後鳥羽院に見いだされ御和歌所の寄人となり、宮廷歌人として活躍したことで知られています。

-石川や瀬見の小川の清ければ、月も流れをたずねてぞすむ- 長明

 

地図

京都府京都市左京区下鴨泉川町

 

関係する寺社等

賀茂御祖神社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

社号 賀茂御祖神社 読み かもみおや 通称 下鴨神社 旧呼称 鎮座地 京都府京都市左京区下鴨泉川町 旧国郡 山城国愛宕郡下鴨村 御祭神 玉依姫命、賀茂建角身命 社格 式内社、山城国一宮、二十二社、旧官 ...

続きを見る

賀茂御祖神社境内社 (京都府京都市左京区下鴨泉川町)

お知らせ 賀茂御祖神社の本社および河合神社については別記事にて紹介しています。 賀茂御祖神社の境内社 境内東側の様子 境内の東側を流れる御手洗川の上に架かるように「橋殿」があります。妻入入母屋造の建築 ...

続きを見る

御蔭神社 (京都府京都市左京区上高野東山)

社号 御蔭神社 読み みかげ 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市左京区上高野東山 旧国郡 山城国愛宕郡高野村 御祭神 賀茂建角身命荒魂、玉依姫命荒魂 社格 式内論社、賀茂御祖神社摂社 例祭 5月12日 ...

続きを見る

賀茂波尓神社 (京都府京都市左京区高野上竹屋町)

社号 賀茂波爾神社 読み かもはに 通称 赤の宮 等 旧呼称 赤宮稲荷大明神 等 鎮座地 京都府京都市左京区高野上竹屋町 旧国郡 山城国愛宕郡高野河原村 御祭神 波爾安日子神、波爾安日女神 社格 式内 ...

続きを見る


-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.