1.京都府 2.山城国

久我神社 (京都府京都市北区紫竹下竹殿町)

更新日:

社号 久我神社
読み くがじんじゃ
通称
旧呼称 氏神社、大宮 等
鎮座地 京都府京都市北区紫竹下竹殿町
旧国郡 山城国愛宕郡大宮村
御祭神 賀茂建角身命
社格 式内社、賀茂別雷神社摂社
例祭 4月1日、11月1日

 

久我神社の概要

京都府京都市北区紫竹下竹殿町に鎮座する式内社で、賀茂別雷神社(上賀茂神社)の境外摂社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、江戸時代以前は「氏神社」「大宮」と称していました。一説には賀茂別雷神社が朝廷の崇敬を受け国家的な神社としての性格を帯びるようになったため、賀茂氏が別に祖神を祀って一族の私的な祭祀の社として創建したのではないかとも言われています。

『山城国風土記』逸文には、賀茂建角身命は大和の葛城山から山城国の岡田(現在の京都府木津川市加茂町/「岡田鴨神社」が鎮座する)を経由し、木津川を遡って桂川と鴨川の合流地を経て「久我国の北の山基」に鎮まったとあります。この「久我国の北の山基」とは賀茂別雷神社付近の地を指すと思われますが、そこを中心に広く「久我」と称した可能性もあります。

また、桂川と鴨川の合流地には当社とは別に式内社の「久我神社」が鎮座しています。そちらの久我神社の由緒は諸説ありますが、賀茂氏が創建したとする説もあります。

どのような経緯があったのかは不明ですが、いずれにしても「久我」なる地名は京都盆地における賀茂氏の定着の原点とも言えそうです。

ただし、当社を式内社「久我神社」とする確証はなく、『山城名勝志』はじめいくつかの資料では賀茂御祖神社(下鴨神社)の北に鎮座するとしています。かつて賀茂御祖神社に久我社なる境内社があったようですが詳細は不明です。

なお、当社の側を南北に通る「大宮通」は、かつて大内裏に接していたことに因むとするのが一般的ですが、先述のように当社はかつて「大宮」と呼ばれており、これに因んで名づけられたとする説もあります。

 

境内の様子

境内入口は境内の東側と西側の二ヶ所にあります。当サイトでは西側から。こちらには西向きの朱鳥居が建っています。

 

鳥居をくぐると森に包まれるように社殿が建っているのが見えます。社殿は南向きなので、西側の鳥居をくぐったところから見ると社殿は横向きとなり、参拝順路は右側へ回り込む形になります。

 

手水舎は社殿の前(南側)にあります。賀茂社の象徴であるフタバアオイの鉢が置かれています。

 

拝殿は妻入切妻造の舞殿風拝殿ですが、屋根の左右に庇が付いており、それぞれ一間分の土間が拡幅されています。これは非常に珍しい形式であると思われます。どのような理由でこのような構造になっているのでしょう。拝殿の両側に参集する神事でもあるのでしょうか。

特に文化財に指定されていませんが寛永五年(1628年)年の建立です。

 

拝殿内にはいくつかの古い絵馬が掲げられています。

 

拝殿の後方には一間社流造の本殿が建っています。こちらも寛永五年(1628年)の建立。

 

反対側へ回ってこちらは東側にある境内入口。こちらにも朱鳥居が建っており、建物に挟まれた路地のような参道が社殿のある空間まで続いています。

 

当社と直接関係あるわけでありませんが、近隣にあるのでこちらにて紹介。当社から南東へ100mほど離れた緑町公園には賀茂別雷神社の末社「小森社」が鎮座しています。御祭神は「水分神」。創建・由緒等は詳らかでありません。

 

タマヨリ姫
賀茂川を下っていったところにも同じ社名の「久我神社」があるね!関係あるのかな?
同じ字だけどあちらは「こが」でこちらは「くが」と読むのよ。『山城国風土記』逸文では賀茂建角身命は「久我国の北の山基」に鎮まったとあるわ。関係あるかもしれないわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「賀茂別雷神社第八摂社 久我神社」

+ 開く

賀茂別雷神社第八摂社 久我神社

祭神

賀茂建角身命 一柱一座

御神徳

御祭神が八咫烏となって道案内をされた御事蹟により、航空、交通安全の守り神として広く信仰され、又近隣各町の氏神として敬われている。

御由緒

延喜式内の古社。神武天皇御東進の際、八咫烏と化って皇軍を導き給い、賊徒の平定に功をたて、のち山城国に入り、この地方に居を定めて専ら国土の開発、殖産興業を奨め給うた最初の神であって、賀茂県主の祖神である。

本殿は一間社流造りで、拝殿と共に寛永五年(一六二八年)の造営である。

鎮祭当時より大宮と称えられたので、その前の通りを大宮通りと呼ぶようになったと言う。

京都市の指定史跡である。

祭典

例祭 四月一日、十一月一日
神幸祭 十一月三日
八朔祭 九月一日

案内板「久我神社境内」

+ 開く

京都指定史跡

久我神社境内

この神社は、賀茂建角身命を祭神とする延喜式内社で、現在は上賀茂神社の境外摂社です。神社の創建年代は不詳ですが、「三代実録」の貞観元年(859)正月27日条に祭神を従五位下に叙されているのが初見です。鎌倉時代以降は氏神社と称しましたが、明治5年(1872)に久我神社と元の名称に復しました。

現在、江戸時代に建てられた本殿と拝殿があり、本殿は一間社流造で上賀茂神社の各摂社と同じ造りです。また、拝殿は左右に庇が付く切妻造りで、妻側を正面とする特異なものです。

「雍州府志」によると、この付近は大宮の森と呼ばれ、神社にはその面影を残す巨樹が繁茂し、また、祭神の伝承から古代氏族の賀茂県主との関係も深く、京都の歴史を明らかにする歴史的環境を良好に残している。

昭和62年5月1日 指定
京都市

 

地図

京都府京都市北区紫竹下竹殿町

 

関係する寺社等

賀茂別雷神社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

社号 賀茂別雷神社 読み かもわけいかづち 通称 上賀茂神社 等 旧呼称 鎮座地 京都府京都市北区上賀茂本山 旧国郡 山城国愛宕郡上加茂村 御祭神 賀茂別雷神 社格 式内社、山城国一宮、二十二社、旧官 ...

続きを見る

賀茂別雷神社境内社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

お知らせ 賀茂別雷神社本社については別記事にて紹介しています。そちらも併せてご覧ください。 賀茂別雷神社の境内社 社殿付近の境内社 片山御子神社 「片岡社」とも呼ばれています。楼門の対岸、玉橋のすぐ側 ...

続きを見る

大田神社 (京都府京都市北区上賀茂本山)

社号 大田神社 読み おおた 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市北区上賀茂本山 旧国郡 山城国愛宕郡上賀茂村 御祭神 天鈿女命 社格 式内社、賀茂別雷神社摂社 例祭 4月10日、11月10日 式内社 ...

続きを見る

久我神社 (京都府京都市伏見区久我森の宮町)

社号 久我神社 読み こが 通称 旧呼称 森大明神 等 鎮座地 京都府京都市伏見区久我森の宮町 旧国郡 山城国乙訓郡久我村 御祭神 建角身命、玉依比売命、別雷神 社格 式内社、旧村社 例祭 4月第1日 ...

続きを見る


-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.