1.京都府 2.山城国

月読神社 (京都府京田辺市大住池平)

社号 月讀神社
読み つきよみ
通称
旧呼称 御霊社 等
鎮座地 京都府京田辺市大住池平
旧国郡 山城国綴喜郡大住村
御祭神 月読命、伊邪那岐尊、伊邪那美尊
社格 式内社
例祭 10月15日

 

月讀神社の概要

京都府京田辺市大住池平に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳には大社に列せられ、古くは有力な神社だったようです。

社伝によれば、大同四年(809年)に平城天皇が譲位し、政争のために平安京から平城京へと都を戻そうと画策していた際、造宮使が大住山で霊光を拝したのでこの地に神殿を建てたと伝えられています。

当社の御祭神は「月読命」「伊邪那岐尊」「伊邪那美尊」の三柱です。月読命を祀る式内社は少ないですが、同じく月読命を祀る式内社「樺井月神社」がかつて近隣に鎮座していたとされ(洪水により現在は木津川対岸の水主神社の境内に鎮座)、当社と何らかの関係があったことが想像されます。

当地の地名「大住」は『倭名類聚抄』に記載される山城国綴喜郡「大住郷」の遺称であり、古い地名です。この地名の由来は南九州に住んでいた「隼人」の一支族である「大隅隼人」で、現在の鹿児島県の大隅半島に居住していた人々が当地に移転してきたことが考えられます。

正倉院に「山背国隼人計帳」という文書が伝えられており、これは奈良時代に記された山背(山城)国内の隼人に対する課税を管理する台帳です。これに記載された隼人は当地「大住」に住む人々だったと推測され、彼らは大嘗祭などの朝廷の儀式において隼人舞を演じたと言われています。

当社に祀られる「月読命」は彼ら南九州の人々の月への信仰が元になっている可能性があります。「月読み」とは月の満ち欠けによって暦を知り、また潮の干満を知ることであり、航海や漁労など海に携わる人々にとって必須の技術でした。南九州は記紀神話の海宮訪問譚(海幸山幸)の舞台となっているように海に関する神話の元となった地であり、生活の中に海が密接に関わっていた人々の拠点だったことが伺えます。彼らの海への信仰と不可分の形で月もまた信仰されたことが考えられましょう。現在も鹿児島県の大隅地方では桜島や串良などで月読神社が鎮座しています。

また月の神は「変若水(おちみず)」と呼ばれる飲めば若返る霊水を持つと信仰され、『万葉集』には若返りの力を願ってこれを詠んだ歌がいくつも見られます。中でも、

『万葉集』

天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 月夜見の 持てるをち水 い取り来て 君に奉りて をち得てしかも

(訳:天の橋がもっと長ければ、高山がもっと高ければ、「月夜見」の持つ「をち水」を取ってきて君に奉って若返らせるのに)

の歌は有名で、若返ることを悲痛なまでに切望する様子が込められています。

月の満ち欠けが死と再生を象徴すると共に、月が欠けて新月となっても再び三日月として復活する様子はまさに「若返り」の神秘として捉えられたことでしょう。

当社の「月読命」も、元来は記紀神話に登場する「月読命」でなく、このような素朴で神秘に満ちた月への信仰が大隅隼人によってもたらされたものではないでしょうか。

 

境内の様子

境内入口。一の鳥居は東向きに建っています。鳥居の先は石段で下る形になっており、いわゆる「下り宮」の格好となっています。

 

石段を下りて右側(北側)に手水舎があります。

 

境内を進んでいくと途中で小さな水路を渡り、その先に二の鳥居が建っています。

 

月読神社

境内の奥に真新しい社殿が東向きに並んでいます。

拝殿は瓦葺の平入入母屋造。

 

本殿は銅板葺の一間社春日造で、瑞垣に囲まれていますが、正面は中門でなく神明鳥居となっている点が異例です。

 

本殿の左側(南側)に境内社の「御霊神社」が鎮座。御祭神は「少名毘古那神」。クサガミさんと呼ばれ腫物に霊験があると言われています。

由緒は不明ですが、江戸時代以前は本社が「御霊社」と呼ばれていたため、式内社に比定される以前の信仰はこちらが継承しているのかもしれません。

 

社殿前の左側(南側)の森の中には円形の池があり、その中心に浮かぶ島に「辨財天」が祀られています。

かつて当社には神宮寺として法輪山福養寺があり、塔頭として奥ノ坊・新坊・中ノ坊・西ノ坊・北ノ坊・東ノ坊の六坊があったと伝えられます。奥ノ坊の庭園跡が境内に残っているようで、未確認ながらこの池がそうなのかもしれません。

 

道を戻ります。参道途中の左側(南側)にある祠には「足之神様」と書かれてあります。

あまりに直接的な神名ですが、恐らくは足を守護し安全な旅を守る道祖神的な神として祀られてきたものでしょう。

 

足之神様の向かい、参道途中の右側(北側)には「天満宮」が鎮座。

 

さらに戻って石段前の右側(北側)に「金比羅神社」が鎮座しています。

 

金比羅神社の向かい、石段前の左側(南側)にちょっとした小高い丘があり、その上に「稲荷神社」が鎮座しています。

 

当社付近の様子。この辺りは圃場整備のされていない昔ながらの歪な形の田圃が今でも広がっています。いつかは失われる光景かもしれません。

 

当社の東方650mほどの地に「大住車塚古墳」があります。田圃の中にこんもりとした塚があり、木々が生い茂っています。全長66mの前方後方墳で、古墳時代中期の五世紀初め頃に築造されたと考えられています。

大住車塚古墳のすぐ南西側に「大住南塚古墳」があります。やや形が崩れていますがこちらの方がやや大きく、全長71mの前方後方墳です。また築造年代もこちらの方が早く、四世紀終わり頃と考えられています。

二つの古墳が並んでおり、恐らく大隅隼人の人々が移転してくる前にこの地を支配した首長の墓なのでしょう。

案内板「史跡 大住車塚古墳」

+ 開く

史跡 大住車塚古墳

国指定 昭和49年6月11日
所在地 京田辺市大住八王子

人々の宝である文化財を保護し、永く未来へ伝えることは現代の私たちの使命です。

この大住車塚古墳は、五世紀はじめごろに造られた前方後方墳で、地元ではチコンジ山古墳と呼ばれています。古墳のまわりには、長方形の周濠があります。主体部(棺をおさめたところ)は、竪穴式石室か粘土槨と考えられています。副葬品は不明です。

南西側に並んであるのが大住南塚古墳で、昭和六十一・六十二年(一九八六・八七)の発掘調査により、四世紀おわりごろに造られた前方後方墳で、長方形の周濠があることがわかりました。周濠の一部は現在でも池として残っています。

ほぼ同じ大きさの同じ形の古墳が二つ並んであることになり、どちらの古墳にも葺石と埴輪があります。

車塚古墳

全長66m、後方部一辺30m・高4.5m、前方部幅18m・高1.5m、周濠長98m・幅60m(数値は現況)

南塚古墳

全長71m、後方部一辺37m・高4.1m以上、前方部幅30m、周濠長103m・幅73m(数値は発掘調査による復元)

京田辺市教育委員会

 

タマヨリ姫
月の神様が祀られてるって珍しいね!ここから見上げるお月様が綺麗だったのかな。
近くにはかつて式内社の「樺井月神社」が鎮座していたとも言われていて、この辺りは月の神への信仰が盛んだったみたいね。地名からして南九州に住んでた大隅隼人の信仰だったのではとも考えられるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「月読神社」

+ 開く

月読神社

京田辺市大住池平三一番地

月読尊・伊邪那岐尊・伊邪那美尊をまつる式内社で、大社に位置づけられていた。

中世にはたびたび兵乱を受け、社殿の焼失・再建を繰り返したという。本社が位置する大住地域の多くは平安時代末期以降、室町時代まで奈良興福寺の領地であった。

神宮寺として、法輪山福養寺が明治初めまで存在した。同寺には奥ノ坊・新坊・中ノ坊・西ノ坊・北ノ坊・東ノ坊の六坊があり、大住小学校は北ノ坊のあった場所と伝えられる。神社境内には奥ノ坊の庭園の跡が残っている。

慶応四年(明治元・一八六八)、伏見鳥羽の兵乱が及ぶのをさけて、八幡の石清水八幡神が当社境内に一時遷座されたこともある。

現在の本殿は、東に面する一間社春日造、銅板葺(もとは檜皮葺)の建物で、明治二十六年(一八九三)に名古屋の伊藤平左衛門により設計された。本殿を囲む玉垣の正面に鳥居を配置する珍しい構造が見られる。春日造は奈良春日大社の本殿の形式で、現在の奈良市を中心に、奈良県・京都府南部・大阪府・和歌山県北部に分布する。

例祭 十月十五日 宵宮には大住隼人舞が奉納される

京田辺市教育委員会
京田辺市文化財保護委員会

案内板「月讀神社々記」

+ 開く

月讀神社々記

月讀神社は月讀尊(天照大御神の弟)とその両親の伊邪那岐尊、伊邪那美尊の三柱を祀り、明治十年に延喜式内の神社と定めらる。

本社は平城天皇の大同四年、天皇譲位の後、宮殿を平安京より平城京に遷されんとせられし時、造宮使がその途、大住山において、霊光を拝し、ここに神殿を造りしに創まるという。

貞観元年八月に月讀宮と称え、承暦元年には天下疱瘡に悩むにつき勅使奉幣ありという。

建久六年、源頼朝が鎌倉より上洛し、当社に神馬を献じ、松井及び河内交野郡招堤を神領として寄進したと。貞應二年二月には鴨武隅命の裔葛野家友によって社殿再建、元弘元年九月には笠置山に後醍醐天皇が遷られし時、大住の一族並に岡本弾正久織等味方に走せ加わり、当地戦乱の巻となり、神殿兵火にかゝるという。貞治三年には葛野義威神殿再興し、至徳三年八月、御牧の伊豆前司基足と大住飛騨守義季と争い合戦のため御霊神社兵火のため焼失し、康應元年四月に大住若狭守義宣が再建、延徳三年八月には岡村城主城五郎左衛門尉伴行宣神殿修理し、天文十一年には大住城主、大住石見守元保と八講寺城主東長門盛章等社前にて勧進能を行ない、江戸時代となっては文久戊年九月十八日神輿再興し、慶應四年正月六日には石清水八幡宮が遷座のことあり。それより神饌料として玄米一俵奉納あるを恒例とした。毎年一月八日これを行い来ったが今は絶えている。

明治時代には明治二十六年十二月に本殿改築し、帝室技芸委員名古屋の伊藤平左衛門の設計により竣工した。これ時の社殿なり。

昭和五十一年十一月拝殿改築。昭和五十四年六月舞殿改築。昭和五十八年十二月社伝改築。これ現在の社殿なり。

昭和六十年三月三日

付記

天照大御神の次に生まれた月讀尊は各地で祀られ式内社でも十社ほどあり、最も有名なのは伊勢の両宮付近に祀る月讀宮である。京都の松尾神社の南にある月讀神社、鹿兒島県の西桜島の月讀神社、大隅の串良町の月読神社も有名である。月読神の信仰は特に薩隅に多く伝承された。月神を祀る隼人の神楽が隼人猿楽であり、それが南山城の大住郷に伝来したことから能楽が発祥した。古事記によれば月讀尊は夜の食国をあ、天照大御神は高天原を治められ、そして須佐之男命は滄海原を分治された。

案内板「隼人舞伝承地」

+ 開く

隼人舞伝承地

京田辺市大住、月読神社

九州南部の大隅隼人が七世紀頃に大住に移住し、郷土の隼人舞を天皇即位にともなう大嘗祭のときなどに朝廷で演じ、また月読神社にも奉納して舞い伝えてきた。隼人舞は岩戸神楽と共に日本民族芸能の二大源流ともいわれ、『古事記』や『日本書紀』の海幸彦山幸彦の神話に起源するといわれている。文学博士志賀剛氏(一八九七~一九九〇)は能楽五座のうち外山座が月読神社の外山神楽座であるという。

更に、隼人舞継承考牧山望氏(一九〇〇~一九九一)によって隼人舞が復元され毎年十月十四日の秋期例祭宵宮に奉納されている。現在では地元の人々を中心に大住隼人舞保存会が結成され大住隼人舞、隼人踊りが継承されている。大住隼人舞は、昭和五十年(一九七五)十二月十九日に田辺町(現在は京田辺市)指定文化財第一号に指定された。

京田辺市教育委員会
京田辺市文化財保護委員会

 

地図

京都府京田辺市大住池平

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

水主神社 (京都府城陽市水主宮馬場)

社号 水主神社 読み みずし/みぬし 通称 旧呼称 鎮座地 京都府城陽市水主宮馬場 旧国郡 山城国綴喜郡水主村 御祭神 天照御魂神、天香語山神、天村雲神、天忍男神、建額赤命、建筒草命、建多背命、建諸隅 ...

続きを見る

月読神社 (京都府京都市西京区松室山添町)

社号 月読神社 読み つきよみ 通称 旧呼称 鎮座地 京都府京都市西京区松室山添町 旧国郡 山城国葛野郡松室村 御祭神 月読尊 社格 式内社、松尾大社摂社 例祭 10月3日 式内社 山城國葛野郡 葛野 ...

続きを見る

-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.