1.京都府 2.山城国

天穂日命神社 (京都府京都市伏見区石田森西)

社号 天穂日命神社
読み あめのほひのみこと
通称
旧呼称 田中社、須麻神社、石田社 等
鎮座地 京都府京都市伏見区石田森西
旧国郡 山城国宇治郡石田村
御祭神 天穂日命/相殿:天照大神、大山咋命
社格 式内社、旧村社
例祭 11月3日

 

天穂日命神社の概要

京都府京都市伏見区石田森西に鎮座する式内社です。

江戸時代以前は「田中社」「須麻神社」「石田社」などと称していました。

『神社便覧山州名跡』『雍州府志』などの史料によれば、天武天皇の御代の白鳳年中、この地に一夜のうちに稲の苗が数尺積み上げられ、その上に白羽の矢が置かれており、老翁が現れて「天照大神と日吉神を勧請すべし。さすれば帝都の南方を永く守護するだろう」と告げたので田中社を創建したことが記されています。

またその苗の積み上げられたところを苗塚と称すると記されており、これは今も境内に現存しています。

当社の旧記は焼失し伝えられていませんが、口伝ではかつて氏子の農家の内に「禰宜」と称する家が二戸あったと伝えられ、当社の祭祀に関わる家だったと思われます。

『山城国風土記』残編なる資料によれば、藤岡の頭に神座天穂日命二座を仲冬(旧十一月)に祀り人々は麦を以て神供料としたことが記されているようで、この藤岡とは当地のことであるとの説があります。ただこの『山城国風土記』残編の出典はよくわかりません。

いくつかの史料で当社に関する言及はあるものの、『山城国風土記』残編なる資料を除けば天穂日命を祀っていた記述は見られません。明治年間に式内社「天穗日命神社」は当社に比定されましたがその根拠は明らかでありません。

案内板の記述当地に田中神社があったもののいつの頃か天穂日命神社に合祀されたとしていますが、田中神社が式内社とされて天穂日命神社に改称したのが実際のところだと思われます。

当社の鎮座地は「石田の森」と呼ばれ、『万葉集』に非常に多く詠まれた名所でした(具体例は由緒参照)。このことに加え当社が「石田社」とも呼ばれたことから久世郡の式内社「石田神社」は当社であるとする説がありますが、宇治川右岸である当地が久世郡だったとは到底考えにくく有力ではありません。

古くからの歌枕だった「石田の森」も現在は小さな疎林となり、往時を偲ぶのはやや難しいかもしれません。

 

境内の様子

境内は団地と小学校に囲まれた一画にあり、境内の東側に入口があります。入口には東向きの鳥居が建っています。鳥居は金属の部品が多数取り付けられており頑丈に補強されています。

 

鳥居をくぐった様子。境内の森は「石田の森」と呼ばれ『万葉集』に非常に多くの歌に詠まれた名所でしたが、現在は疎らな社叢となっており名所と呼ぶにはやや物寂しい雰囲気です。

 

参道を進んで社叢を抜けると左側(南側)に手水舎があります。

 

天穂日命神社

参道の先の右側(北側)に基壇があり、社殿や境内社が南向きに建ち並ぶ空間となっています。

石段を上った正面に本瓦葺・平入切妻造に切妻破風の向拝の付いた本殿覆屋が建っています。

本殿の様子は殆ど見えませんが、天明三年(1783年)に建立された檜皮葺の二間社流造で京都市登録有形文化財となっています。

 

本殿前の狛犬。真新しい花崗岩製です。

 

本社本殿の左側(西側)の空間には三社の境内社が鎮座しています。

 

本社本殿のすぐ左側(西側)に隣接して「春日神社」が鎮座。

 

春日神社の左側(西側)に「篭守(こもり)神社」が鎮座。

乳幼児の守護神として信仰されており、灯籠に石を捧げて祈願すると夜泣きが止むと伝えられています。

 

春日神社・篭守神社の後方(北側)には「大黒大明神」が神社。鳥居と覆屋が設けられています。

 

本社本殿の右側(東側)の空間には二社の境内社が鎮座。

 

本社本殿のすぐ右側(東側)に「八幡神社」が鎮座。

 

八幡神社の右側(東側)に「天満宮」が鎮座。こちらにも鳥居と覆屋が設けられており、他の境内社と比べてやや厚遇された形で祀られています。

 

参道の先の左側(南側)、本社本殿と向かい合うようにこのような建物が建っています。用途不明ですが拝殿であるとの情報があります。

この建物にかわいらしい龍が描かれた絵馬(?)が掲げられています。

 

参道を戻ります。参道の途中で左側(南側)へ分岐しており、その先には「苗塚」と刻まれた石碑が建っています。

白鳳年間に一夜のうちに稲の苗が数尺積み上げられてその上に白羽の矢が置かれていたとの伝承があり、ここがその跡であると言われています。

 

タマヨリ姫
社名からしてきっと天穂日命って神様を祀ってるんでしょ!
その通りよ。でも江戸時代以前にはそのような記録は見えなくて、天照大神と日吉神を祀る神社とされていたみたいね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「式内 天穂日命神社 御由緒」

+ 開く

京都市伏見区石田鎮座

式内 天穂日命神社 御由緒

祭神

天穂日命大神

相殿

天照皇大神 大山咋命

一、延喜式神名帳……山城国宇治の郡天穂日命神社とあり、同神名帳考には『三代実録によれば、清和天皇が今より千百余年前の貞観四年六月十五日に、天穂日命神社に六位を、さらに十八に従五位を授けた』とある。

一、山城誌……田中神社は石田村石田の森にある。

一、万葉集……山科の石田の杜の皇神に弊(※原文ママ)取り向けて我は越え行く逢坂山を。

一、都名所図会……石田の森は醍醐の南にあり。石田社は民家の中にあり。

一、山城国風土記残編……藤岡の頭に神座天穂日命二座、仲冬(陰暦11月)にこれを祭る。住民は麦を以て神供料となす。藤岡は石田の森のことで、藤の名所である。

一、神社便覧山州名跡……今より千三百余前の白鳳年中、天武天皇の御代のこと。この地に一夜のうちに苗が数尺積み上げられ、その上に白羽の矢が置かれていた。老翁が現れ、この地に天照太神、日吉両社を勧請すべきとし、帝都の南方は永く守護するだろうと告げて去った。その由縁により祀られたのが境内の「苗塚」だという。ここから考えると、かつて石田の社には天穂日命神社が鎮座し、老翁のお告げにより祀られた田中神社もあったはずだが、何時の頃かに合祀されたとおmを荒れる。

一、京都府……宇治郡 第二組 石田村 村に鎮座する田中明神は、延喜式内の天穂日命神社に間違いないことを考証確定する。明治十六年六月 京都府

一、当神社の旧記は焼失したが、言い伝えによれば、昔から氏子農民のうちに「禰宜」と称する家が二戸あった。

一、当神社の本殿及び拝殿は江戸中期に建てられた。

一、また、境内には天満宮をはじめ数社を祀る。なかでも子守神社は、乳幼児の守り神であり、燈籠に石を捧げて祈願すると不思議なことに夜泣きがやむとされ、近郊からの参拝者が多い。

一、神器・祭具などは、数百年前に美濃や京都の敬神者より寄進されたものが数種ある。

一、古より有名な歌人によって詠まれた和歌が数多く伝わる。

一、当神社は以上のように由緒正しい神社である。

萬葉集

山科の石田の小野の柞原見つゝか君が山路越ゆらむ 宇合卿
山科の石田の杜に布麻置かばけだし吾妹に直に逢はむかも
山きはの田中の杜にしめはえてけふ里人の神まつるらん 前大納言為家
みしめ縄ひくは早苗のためならで田中の社の神もうくらん
山品の石田の森を踏越せばけだし吾妹に直に遭はむかと 千載集
秋といへば石田の森のはゝそはら時雨もまたず紅葉しにけり 覚盛法師
ひぐらしの涙やよそに余るらん秋と石田の森の下風 順徳院
山城いはたのもりのいはずとも心の中を照らせ月かげ 藤原輔尹朝臣
初時雨日毎にふれば山城のいはたの杜はいろづきにけり 衣笠内大臣 藤原家良
雉子なくいはたの小野の壷菫しめさすばかりなりにけるかな 修理大夫 藤原顕季
色かはる柞の梢いかならむいはたの小野に時雨降るなり 後鳥羽院御製
はゝそ散る石田の小野の木枯に山路しぐれてかゝるむら雲 中務卿親王
霧はればあすも来て見む鶉鳴く岩田の小野は紅葉しぬらん 順徳院御製
柞原色づきぬらし山城のいはたの小野にしかぞなくなる 惟宗忠景
しるやいかにいはたの小野の篠薄思ふ心は穂に出でずとも 正三位知家
時雨するいはたのをのゝ柞原な〱にいろ変わりゆく 前中納言匡房

案内板「天穂日命神社」

+ 開く

天穂日命神社

当社は延喜式神名帳に載る天穂日命神社に比定されており、天穂日命を祭る。現在の本殿は天明3年(1783)の造営で、造営当時は天照太神と日吉山王を祭り、田中神社と呼ばれていた。屋根は檜皮葺で、身舎正面の柱間が2間という、京都市内にはほとんど例のない二間社流造形式の建物である。柱間は正面に蔀戸、東側面前方に板扉を構え、他は板壁である。内部は棟通りに板扉を設けて、手前の外陣と奥寄りの内陣に分ける。細部に装飾的要素が見られるが、彫刻がおとなしく、派手なものではない。かなり早い時期から覆屋に入っていたようで、保存状態は良好である。平成15年4月1日、京都市登録有形文化財に登録された。

境内は「万葉集」などで和歌の名所として知られた「石田の杜」に比定される。本殿以下の建物が樹林の中に建ち、良好な環境を保っており、本殿の登録と同時に文化財環境保全地区に指定された。

京都市

 

地図

京都府京都市伏見区石田森西

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.