1.奈良県 2.大和国

平群坐紀氏神社 (奈良県生駒郡平群町上庄)

社号 平群坐紀氏神社
読み へぐりにますきのうじ
通称
旧呼称 辻の宮、椿の宮、春日大明神 等
鎮座地 奈良県生駒郡平群町上庄5丁目
旧国郡 大和国平群郡上庄村
御祭神 天照大神、天児屋根命、都久宿禰、八幡大菩薩
社格 式内社、旧村社
例祭 10月第1日曜日

 

平群坐紀氏神社の概要

奈良県生駒郡平群町上庄5丁目に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳には名神大社とあり、古くは極めて有力な神社だったようです。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、「紀氏」が当地に居住し祖神を祀ったのが当社であったと考えられます。

紀氏について、『新撰姓氏録』には次の氏族が登載されています。

  1. 左京皇別「紀朝臣」(石川朝臣同氏 / 建内宿祢の子、紀角宿祢の後)
  2. 右京皇別「紀朝臣」(石川朝臣同氏 / 屋主忍雄建猪心命の後)
  3. 河内国神別「紀直」(神魂命の五世孫、天道根命の後)
  4. 和泉国神別「紀直」(神魂命の子、御食持命の後)

上記から、紀氏には皇別氏族である1.2.の系統と、神別氏族である3.4.の二系統があることがわかります。またこれらの他にもそれぞれの関係氏族が多数登載されています。

当社と関係するのは前者の皇別氏族の方であると考えられています。『新撰姓氏録』には大和国に登載がありませんが、恐らく漏れているのでしょう。

皇別氏族の紀氏は武内宿禰の子である「紀角(きのつの)」を祖としています。紀角は当地付近を拠点とした平群氏の祖である「平群木菟」の弟であり、系譜上は平群氏と紀氏は同族であると言えます。

現在の当社の御祭神は「天照大神」「天児屋根命」「都久宿禰」「八幡大菩薩」で、この内の「都久宿禰」とは「平群木菟」のことです。

紀氏が奉斎した神社であるのなら紀氏の祖である「紀角」を祀るのが自然ですが、平群氏の祖である「都久宿禰(平群木菟)」を祀っているのは不可解です。紀角と平群木菟は兄弟である上、ツノとツクで紛らわしいため、何らかの手違いで入れ替わってしまったのかもしれません。

本来の御祭神は「紀角」もしくは「武内宿禰」だったものと思われます。

 

神別氏族の紀氏は文字通り紀伊国を本貫とした氏族だったのに対し、皇別氏族の紀氏は当地が本貫だったようで、当社は皇別紀氏の氏神として篤く崇敬を受けたことが考えられます。

祖が兄弟関係にある平群氏もまた当地を本貫としており、皇別紀氏と平群氏は互いに深い関係にあったことも推測されます。

一方で皇別紀氏もまた紀伊国と関係があったとされ、当社の南東500mほどの地にある「三里古墳」は紀ノ川流域に見られる石棚付石室を持つ奈良盆地唯一の古墳であり、当社との関係を指摘する説もあります。

皇別紀氏は奈良時代以降に優秀な人材を多く輩出し、光仁天皇の母が皇別紀氏の出身であったことから外戚氏族としても権力を強め、大いに繁栄しました。

平安時代以降は藤原氏に押されて徐々に衰退していきますが、当社が名神大社に列したのは、それでもなお皇別紀氏が一定の影響力のある大氏族であると評価されてのことでしょう。

貞観十二年(870年)の平群谷における家屋の売買について記した文書に当社についての言及があり、その記述から当社はその当時、現在地から2kmほど南方、椿井地区に鎮座していたと考えられます。

当社がかつて「椿の宮」とも呼ばれていたのはかつて椿井地区に鎮座していた名残なのかもしれません。

一方で式内社「平群坐紀氏神社」は椿井地区から遷座していないとする説もあり、同地区に鎮座している「平群氏春日神社」に比定する説もあるようです。

当社の境内には三棟の座小屋が設けられ、神事の詰所として使用される他、中世において役人を接待したとも伝えられています。

このことから、当社が椿井地区から遷座したとしても、少なくとも当地における歴史は数百年以上になると思われます。

 

境内の様子

上庄地区の田圃に囲まれたやや土地の高くなったところにこんもりとした森があり、そこが当社の境内です。

 

平群坐紀氏神社

境内入口は境内の西側にあり、鳥居が西向きに建っています。

 

鳥居をくぐった様子。鬱蒼とした社叢の中をまっすぐ参道が伸び、石畳が敷かれています。

 

参道途中、左側(北側)に神饌所があります。

神饌所とは通常神前に供える神饌(食物など)を調理する施設ですが、この小さな建物で調理することは難しそうです。

切る、盛るといった簡単な調理を行い神饌を準備するのでしょうか。

 

神饌所の右側(東側)に手水舎があります。手水鉢に生えた龍の首が吐水となっています。

 

平群坐紀氏神社

平群坐紀氏神社

さらに参道を進むと正面に社殿が西向きに建っています。

拝殿は桟瓦葺・平入切妻造の割拝殿。比較的小規模なものです。

 

拝殿前の狛犬。砂岩製で堂々とした出で立ち。

 

拝殿後方、塀に囲われて本殿が建っています。銅板葺の一間社春日造で朱の施されたもの。

 

座小屋

本社拝殿前の敷地には北側・西側・南側にそれぞれ「座小屋」が囲うように建っており、当社最大の特徴となっています。

これらは神事の際に用いられる詰所で、氏子である上庄・椣原・西向の三地区それぞれの詰所となっています。

このような神事で用いられる詰所は奈良県~京都府南部でよく見られ、神社によって呼び名が異なり「仮舎」「詰所」などと呼ばれています。

当サイトではこれを「座小屋」と定義して分類しており、この名称は当社の呼び方から採っています。

他に「座小屋」と呼ぶ例は私の知る限りではありませんが、「宮座」が神事で用いる「小屋」という意味でその機能をよく表した呼び名であり、当サイトではこの語を採用して分類したいと考えています。

 

当社の「座小屋」を一つずつ紹介していきます。

こちらは北側の「座小屋」。上庄地区の氏子が使用する座小屋です。

トタン屋根の切妻造で床が無く、北側に二カ所の出入口のある簡素な建物です。

 

西側の「座小屋」。椣原地区の氏子が使用する座小屋です。

トタン屋根の切妻造で、当社の座小屋の中で唯一床が張られています。入口は南側に一ヶ所。

床を張っているのは中世に荘園の役人を接待したためと言われています。ただしこの建物が荘園時代にまで遡るとは到底考えにくく、古式を踏襲したものでしょう。

建物自体も非常に簡素なもので、床が張られているとはいえ役人を接待する建物としては粗末なものと言わざるを得ません。恐らく時代と共に簡素化されたものと思われます。

 

南側の「座小屋」。西向地区の氏子が使用する座小屋です。

北側と同じくトタン屋根の切妻造で床がありません。入口は東側に一ヶ所。

この座小屋は他の座小屋よりも壁が高く張られていることが特徴です。

なお、内部はタマネギが乾燥されていました。

 

当社の社殿および「座小屋」を遠くから眺めた様子。

社殿と座小屋で囲われた空間が形成されており、その空間がまさに「祭の場」なのでしょう。

座小屋は簡素な建物ながら、単なる詰所としてのみならず、「場を限る」という意味でも当社の祭祀や信仰の在り方において極めて重要なものと言えそうです。

 

境内社の様子

北側の座小屋の左側(西側)に境内社が南向きに鎮座しています。社名・祭神は不明。

陶器製(?)の小祠が春日造風の覆屋に納められており、何故か埴輪のミニチュアが配置されています。

 

また参道途中の左側(北側)に元禄十五年(1702年)に寄進されたという鳥居が建ち、その奥に「春日神社」が南向きに鎮座しています。

社殿は春日見世棚造で朱の施されたもの。

本社もかつて「春日大明神」と呼ばれ、現在も春日神を構成する天児屋根命を祀っていますが、当社との関係は不明です。

 

春日神社の前に配置されている狛犬。砂岩製でそこそこ古そうなものです。境内社としては厚遇されている印象。

 

タマヨリ姫
なんか社殿の前に建物がいっぱいあるね!珍しい!
これらは「座小屋」と呼ばれているわ。神事の際に氏子の詰所として使われてるみたいね。奈良県や京都府南部にかけては同様のものがよく見られるのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「紀氏神社 平群町上庄」

+ 開く

紀氏神社 平群町上庄

『延喜式』神名帳に「平群坐紀氏神社、名神大。月次新嘗」と記載のある式内大社で、近世には辻の宮、椿ノ宮とも呼ばれていた。

祭神は平群木菟宿禰で、紀船守(紀氏もしくは平群氏の末裔)がその祖、平群木菟を祀っている。中世には春日神社にもなっていた。

本殿は春日造りで朱塗り、銅板葺き。延宝七年(一六七九)の石灯篭が最も古く、境内社春日神社の鳥居は元禄一五年(一七〇二)の寄進。

上庄・椣原・西向の3大字の氏神で、境内には3つの座小屋があり、その座小屋は拝殿を囲むように配され、北が上庄大字、南が西向大字、拝殿と相対する西側は椣原大字の座小屋である。

南北の座小屋は土間であるが、中世の荘園平野殿庄の関係で役人を招待した椣原の座小屋だけは床板が張られている。

社地が椿井にあったとの記録もあり、そこから現在地に移された可能性もある。

案内板「紀氏神社由来記」

+ 開く

紀氏神社由来記

祭神

天照大神
天児屋根命
都久宿禰
八幡大菩薩

由来

紀氏神社の名称は、この地の有力豪族平群氏の同族、紀氏の名に由来する。天長元年(八二四年)の奏上にその記載があり、創建はそれ以前と考えられる。平群氏は、雄略天皇の代に「平群真鳥」ら大臣を出すなど勢力を誇ったが、その子、「平群鮪」が武烈天皇と影姫を巡って争い、敗れ、平群氏が衰退するに至ったと伝えられている。

大字三里地区に紀ノ川沿岸の古墳と同型の古墳がある。当社は「辻の宮」「椿の宮」とも呼ばれ、三里に近い大字椿井地区よる遷されたとの言い伝えもある等、紀州との関連が伺われる資料は多い。

例祭は十月吉日で、上庄・椣原・西向が祭祀に預かる。古式ゆかしい神事とともに、太鼓台巡幸は、地域の子どもを乗せて太鼓の音とともに各地を巡り、境内は多くの参拝者でにぎわう。また、正月三ヶ日や八月の盂蘭盆会、秋の例祭には箱灯籠が参道を照らし、七月の半夏生神事には子ども相撲が奉納される。

本殿は、平成二十四年六月修復工事が完成し、新緑に映えて厳かに鎮座されることとなって。鎮守の森を巡る散歩道は、上庄地区の環境美化活動の収益金と篤志家の寄進、地区住民の奉仕活動によって完成を見た。隣接する蛍の里公園には、樹齢参百年と伝えられる樟の神木が高くそびえ、神威の及ぶ地域の発展と安全を願うかのように見守り続けている。

平群坐紀氏神社

案内板「平群坐紀氏神社」

+ 開く

平群坐紀氏神社

祭神

天照大神
天児屋根命
都久宿禰
八幡大菩薩

紀氏神社由来

旧村社「延喜式」神名帳平群郡の平群坐紀氏神社に治定 当社は平群に居住した紀氏の名をとって名付けられたことは大長元年の奏上から明白で創建はそれ以前と考えられる

紀角宿禰は平群都久宿禰の弟であるが紀氏の平群の勢力については明らかではないが大字三里古墳は紀州紀ノ川沿岸に分布する石槨を有した古墳と同形で紀伊との関係がわかるのである

又当社は俗に「辻の宮」「椿の宮」と称し江戸初期の石灯に春日大明神を刻む

例祭は十月吉日で上庄・椣原・西向が祭祀にあづかる

雄略天皇の時代から平群谷臣「真鳥」ら大臣の人物を出した古代豪族平群氏の本拠地であり同族紀(木)氏も同じ平群谷に居住していたようである 地形的には隠口型の自然要塞でしかも盆地中央を流れる(平群川)竜田川は水上の交通機能ももちあわせていたといえる。

平群真鳥の子鮪は武烈天皇と影媛の取りあいで殺され平群族は衰退したのである。

命の全けむ人は 畳薦 平群の山の 熊白橿が葉を 髻葉に挿せその子

 

地図

奈良県生駒郡平群町上庄5丁目

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.