1.大阪府 2.河内国

若倭彦神社 (大阪府柏原市平野)

社号若倭彦神社
読みわかやまとひこ
通称あかざ八幡 等
旧呼称権現八幡 等
鎮座地大阪府柏原市平野
旧国郡河内国大県郡平野村
御祭神建筒草命、若倭彦命
社格式内社、旧村社
例祭10月15日

 

若倭彦神社の概要

大阪府柏原市平野に鎮座する式内社で、山ノ井地区に鎮座する「若倭姫神社」と対になる神社です。

当社の創建や由緒は詳らかでありませんが、当地に居住した「若倭部氏」が祖神を祀ったのが当社だと考えられます。

関係する氏族として『新撰姓氏録』には次の氏族が登載されています。

  1. 左京神別「若倭部」(神饒速比命の十八世孫、子田知の後)
  2. 右京神別「若倭部連」(神魂命の七世孫、天筒草命の後)
  3. 右京神別「若倭部」(火明命の四世孫、建額明命の後)

これら三氏族は一見すると全く別系統の氏族であるように見えます。

しかし物部系の史書『先代旧事本紀』によれば、ニギハヤヒの四世孫に「建額赤命」、そしてその子に「建筒草命」とあり、若倭部連などの祖であるとしています。

1.がニギハヤヒを祖としており物部氏の一族であるのは一目瞭然ですが、2.にしても「天筒草命」は『先代旧事本紀』に見える「建筒草命」に通じ、また3.の「建額明命」はまさに『先代旧事本紀』に見える「建額赤命」と同神と見て良いでしょう。

そもそも『先代旧事本紀』はニギハヤヒとアメノホアカリを同神と見なして「天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊」としており、この点についての評価は諸説あるものの、ニギハヤヒを祖とする物部系氏族とアメノホアカリを祖とする尾張系氏族との間に何らかの関連性があったことが考えられます。

2.が神魂命の後裔としている点に疑問があるものの、こうした点から『新撰姓氏録』に見える三氏の「若倭部」はいずれもニギハヤヒに繋がる氏族であることが示唆されています。

当地が物部氏の本拠地から近いことを見ても、当社が直接的もしくは間接的にニギハヤヒを祖とする物部氏と関係していた可能性は高いと言えましょう。

 

当社は明治四十一年(1908年)に大県地区に鎮座する「鐸比古鐸比賣神社」に合祀されましたが、昭和二十二年(1947年)に再び独立し旧地に復興しました。

小さな神社ですが、この辺りから北は物部系の神社が格段に増えてくるので、俯瞰的に見てみると「ここからは物部の縄張りだ」と示すかのような力強い印象も抱きます。

 

境内の様子

若倭彦神社

若倭彦神社

境内入口。鳥居は無く、一目で全体がわかるほどに小さな境内となっています。

しかしながら境内の隅に聳えるクスノキはアクセントとして狭い社域に彩りを添えているように感じられます。

 

入口の注連柱をくぐって右手(東側)に手水舎があります。

 

注連柱をくぐってすぐ正面に建つ拝殿は南向きで桟瓦葺の平入切妻造。狭い社域に窮屈そうに建っています。

 

拝殿前に配置されている狛犬。花崗岩製です。

 

拝殿後方に建つ本殿は覆屋の中にあり、小さな銅板葺の一間社流造となっています。

 

境内の手前には太鼓蔵があり、社域とは対照的にやや広い空間となっています。

もしかしたらかつてはここも境内で、鬱蒼とした森となっていたのかもしれません。

 

南側から当社の方を見上げたところ。生駒山地の南部、高尾山の裾野に鎮座してることがわかります。

 

当社付近は古い家屋もよく残っています。

 

タマヨリ姫
若倭彦ってなんかいかにも「日本男児!」って感じの名前の神様だね!
よくわからないけど、どうやら物部系の氏族に関係しそうな神様みたいね。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑

若倭彦神社

『河内名所図会』

 

地図

大阪府柏原市平野

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

若倭姫神社 (大阪府柏原市山ノ井町)

社号 若倭姫神社 読み わかやまとひめ 通称 旧呼称 春日八幡、春日白山 等 鎮座地 大阪府柏原市山ノ井町 旧国郡 河内国大県郡平野村 御祭神 若倭姫命 社格 式内社、旧村社 例祭 7月31日、10月 ...

続きを見る

鐸比古鐸比売神社 (大阪府柏原市大県)

社号 鐸比古鐸比賣神社 読み ぬでひこぬでひめ 通称 旧呼称 高尾大明神、比賣春日御前 等 鎮座地 大阪府柏原市大県 旧国郡 河内国大県郡大県村 御祭神 鐸比古命、鐸比賣命 社格 式内社、旧郷社 例祭 ...

続きを見る

-1.大阪府, 2.河内国
-,