1.大阪府 2.和泉国

火走神社 (大阪府泉佐野市大木)

更新日:

社号 火走神社
読み ひばしり
通称
旧呼称 瀧宮明神 等
鎮座地 大阪府泉佐野市大木
旧国郡 和泉国日根郡大木村
御祭神 軻遇突智神、事代主神、天児屋根命、素戔嗚尊、大年神、稚日女尊
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月10日

 

火走神社の概要

大阪府泉佐野市大木に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。『和泉名所図会』には昔この神を祀る際に男巫が火の上を走ったので火走と名付けられた旨が記されています。

和泉山脈の山間部に鎮座する当社は上流側にある修験道の道場、犬鳴山七宝瀧寺と関わりが深く、境内には瀧本坊という神宮寺が明治の廃仏毀釈までありました。上述の火走の由来は、修験道における「火渡り」が元になっているのかもしれません。

当社は貴重な建築も多く、境内社の「幸社」の本殿が国指定重要文化財となっている他、本社本殿も泉佐野市指定文化財となっています。境内入口に立つ割拝殿状の建物も長床を思わせるものです。

当社付近の大木地区は大阪府における貴重な山間部の農村であり、また中世の日根荘として開発された重要な一帯として重要文化的景観に選定されています。このような中にある当社は、農村集落における祈願の場である一方で、和泉山脈における修験道の一端を担っていたことが想像され、言うなれば「里」と「山」の境界的な場として祀られてきたことでしょう。

 

境内の様子

境内入口。山間部にある大木集落の斜面の迫った地に鎮座しています。入り口には鳥居と大きな割拝殿状の平入入母屋造の建物が建っています。

 

鳥居両脇の狛犬。花崗岩製です。

 

鳥居の右側(北側)に手水舎が建っています。

 

鳥居後方の割拝殿状の建物は開放的な造りで、「長床(ながとこ)」にも似た大型の建築です。長床とは修験道にゆかりの深い寺社に見られる床を張った開放的な建築のことで、行者がそこで休憩したり術を披露したりするための建物です。

『和泉名所図会』の当社の挿絵にはこの場所にこの建物はありません。代わりに南側・東側・北側に長細い建物が描かれています。もしかしたらこれらは七宝瀧寺に属する行者たちが利用した長床で、現在の割拝殿状の建物はその一つを移設して改造したものなのかもしれません。

 

正面に東向きの社殿が建っています。瑞垣の中央に妻入の切妻造の建物があり、壁が無く床があるだけの簡素なものですが、機能的にはこちらが拝殿ということになりましょう。

 

拝殿後方に社殿が並んでおり、真正面に建つ社殿が本社の本殿です。元和八年(1622年)に造営された一間社春日造で、泉佐野市指定文化財となっています。

 

本社社殿の右側(北側)に「幸(みゆき)神社」が鎮座しています。社殿は一間社春日造。こちらは造営年は不明なものの室町時代の特色が見られ、本社本殿よりも古いものと考えられています。貴重な建築として国指定重要文化財となっています。

 

本社本殿の左側(南側)に二棟の境内社が鎮座しています。本社本殿のすぐ左側の春日造の社殿はやや古いもののように見受けられますが、こちらは特に文化財指定はされていません。なお、社名・祭神は不明です。

他に幸神社の右側(北側)にも社殿がありました。(配置の関係上写真は撮れず)

 

当社付近から樫井川の対岸にかけて大木地区の集落が広がっています。この一帯は和泉山脈の中腹にあるちょっとした盆地で、都市近郊にありながらも山間の農村集落の風景をよく残しています。

 

集落内は古めかしい民家も多く、昔ながらの町並みが見られます。

 

大木地区の水田の様子。下流側にあたる集落の北方にはまとまった耕地があります。一部で圃場整備がされていますが景観に配慮して行われたようです。

大木地区付近は中世の日根荘の一部であり、領主の九条家が自ら開発したところです。『日根野村絵図』などの古文書に当時の様子が描かれており、多くが現在まで残っていることが確認されています。旧・日根荘において歴史的な景観を構成している寺社などは「日根荘遺跡」として国の史跡に指定されています。この日根荘遺跡には当社の他、「日根神社」なども含まれています。

また大木地区は、こうした歴史的景観としての重要さに加え、棚田や灌漑施設など農村としての景観も評価され、「日根荘大木の農村景観」として重要文化的景観にも選定されています。

このように、この一帯は大阪府における貴重な景観として大いに評価されています。これからもこの素晴らしい景観を保存し後世に残していくことが期待されます。

 

タマヨリ姫
火走神社って名前は神様を祀る時に男の神官が火の上を走ったからなんだって!
この神社は和泉山脈の修験道の根本道場である犬鳴山七宝瀧寺と関係が深かったのよ。修験道で行われた火渡りの行が由緒として伝わってるのかもしれないわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「火走神社社殿」

+ 開く

火走神社社殿

本殿(中央の社殿)

泉佐野市指定文化財

一間社春日造。建立は江戸時代前期の元和8年(1622)。

彫刻・絵画・彩色に泉南地方の特色をよく発揮している社殿です。

木鼻の種類も多く全面に彫刻をほどこし、頭貫を虹梁形として絵様をつけています。柱や海老虹梁に禅宗様の影響が見られます。壁面には僧侶などを描き神仏習合臭を感じさせます。部材には幾何学模様・金蘭巻等の彩色を施しています。

幸神社(向かって右側の社殿)

重要文化財

一間社春日造。室町時代。

細部に古制が良く保存され、組物は柱にくらべて大きく力量感にあふれています。

部材の大きな面取や繋虹梁・木鼻・蟇股の様式、軒桁の反り増し、刎高欄などに室町時代の特色がよく表れています。正面の扉板、背面の妻組も本殿と比較して古式です。部材・壁面に彩色を施し絵を描いています。

1994年3月 泉佐野市教育委員会

『和泉名所図会』

+ 開く

火走神社

大木村にあり。延喜式内なり。今瀧大明神と号す。この所の土生神とす。例祭八月廿四日。むかしはこの神を祭るに男巫火上を走る故に火走と号るなり。又十年来この祭絶たり。大木村の名産には楊梅(やまもも)なり。甜して蜜の如し。

 

地図

大阪府泉佐野市大木

 


-1.大阪府, 2.和泉国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.