1.大阪府 2.河内国

金岡神社 (大阪府堺市北区金岡町)

更新日:

社号 金岡神社
読み かなおか
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府堺市北区金岡町
旧国郡 河内国八上郡金田村
御祭神 住吉三神、素盞嗚命、大山咋命、巨勢金岡
社格 旧郷社
例祭 10月10日

 

金岡神社の概要

堺市北区金岡町に鎮座する神社です。仁和年間に住吉大神を勧請したのが当社の創建であると伝えられます。

当社に祀られている「巨勢金岡」は平安時代の絵師で、当時唐風の絵が主流だった時代に日本独自の大和絵の基礎を築いた、「日本がの祖」と評される人物です。この辺りは絵画や彩色の優れた技術を持った「河内絵師」の人々が居住していたといわれ、巨勢金岡はその中でも最高の位を極めたといわれています。

当社には式内社「須牟地曽根神社(勝手明神)」を合祀していますが、その跡地には現在も社殿があり祭祀が行われています

 

境内の様子

境内入口。鬱蒼とした森に朱の鳥居が映え、強い印象を与えます。

 

鳥居をくぐると境内右手(南側)に手水舎があります。

 

社殿は西向きなので夕方になると太陽の光が奥まで差し込んできます。拝殿は平入の入母屋造で唐破風と千鳥破風が付いています。

 

拝殿前の狛犬は目がギョロッとしていて個性的な顔立ち。

 

本殿は唐破風付きの一間社春日造が三棟並んでいます。

 

社殿左側には「稲荷大神」がひっそりと鎮座。

 

境内は緑に恵まれ、巨大なクスノキが数多く生えています。

中でも特に大きな三本のクスノキは堺市指定保存樹木となっていて、見る者を圧倒させます。樹齢900年にもなるといわれています。

 

一方で本殿の右側にあるクスノキは保存樹木ではないですが、こちらには鳥居と祠が設けられ祀られています。大阪市内ではクスノキに龍蛇が住まわれるという信仰がよく見られますが、堺市など隣接する地域でもしばしば見かけます。

祠の前には卵が供えられてあり、龍蛇を祀っているという感覚が根強く残っています。

 

由緒

案内板「金岡神社」

+ 開く

金岡神社

当社の起源は、仁和年間(885年頃)と伝えられ、住吉三神、素盞嗚命、大山咋命などの神々に加え、平安時代前期の絵師・巨勢金岡をお祀りしています。

社名の由来でもある巨勢金岡は、日本画の祖とも言われ、唐風の絵画が主流だった当時に、日本独自の絵(やまと絵)の基礎を築いたとされる人物です。この辺りは、優れた絵や彩色などの技術を持つ河内絵師と呼ばれる人々が住んでおり、金岡はその中でも最高の位を極めました。神社の北東方面には、金岡が筆を洗ったという「金岡淵」の地名が残ります。

その後、明治時代の神社合祀策により、近隣の神社を合祀しました。

例年10月10日には、秋の大祭が行われます。なお、境内の御神木(楠・樹齢推定900年)は、堺市指定保存樹木に指定されています。

『河内名所図会』

+ 開く

金岡神祠

金田村にあり。一説に金田は金岡の誤字なり。祭神 牛頭天王 住吉 山王なり。里諺云 巨勢金岡の霊を祭るなりとぞ。(略)

巨勢金岡故居

金田村にあり。むかし宇多帝御宇寛平年中画工金岡この地に住す。伝云 宮中紫宸殿賢聖障子に中□の名臣三十二人を画せし事今に至て例ありて金岡を規範となすとかや。

金岡淵

同村(金田村)にあり。又巨勢といふ地名あり。

 

地図

大阪府堺市北区金岡町

 

関係する寺社等

須牟地曽根神社 (大阪府堺市北区蔵前町)

社号 須牟地曽根神社 読み すむぢそね 通称 勝手大明神 旧呼称 鎮座地 大阪府堺市北区蔵前町 旧国郡 河内国八上郡長曽根村 御祭神 須牟地曽根命、勝手大明神、毘沙門天 社格 式内社 例祭 式内社 攝 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.