1.奈良県 2.大和国

御櫛神社 (奈良県生駒郡平群町椹原)

社号 御櫛神社
読み みくし
通称
旧呼称 椹原大明神、春日社 等
鎮座地 奈良県生駒郡平群町椹原
旧国郡 大和国平群郡椹原村
御祭神 天津児屋根命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月中旬

 

御櫛神社の概要

奈良県生駒郡平群町椹原に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。

中世以降は春日神が勧請されて春日社となったようで、現在も御祭神は春日神の一柱である「天津児屋根命」を祀っています。

近世~近代の地誌などの資料には祭神を「豊玉比咩」「櫛玉姫」とするものも見えています。

豊玉比咩(豊玉姫)とは海神豊玉彦命の娘であり、この神も一般に海神として信仰されています。一方で八尋鰐の姿でもあるとされ、降雨など水を司る神としても信仰されています。

もし当社に豊玉姫が祀られていたとしたら、海神というよりも水神として祀られていたのかもしれません。当社は集落の奥の谷沿いに立地しており、水源を司り農耕に必要な水を守護する神としての神格を持っていたことは十分考えられます。

一方で櫛玉姫とは、神武天皇に抵抗した長髄彦の妹であり、物部氏の祖であるニギハヤヒの妻である三炊屋媛のこととする説があります。

近隣の越木塚地区に鎮座する「石床神社」や生駒市壱部町に鎮座する「往馬坐伊古麻都比古神社」では饒速日命を祀るとする伝承もあり、平群谷では長髄彦の活躍した地として、長髄彦やニギハヤヒに関する伝承が古くからあったのかもしれません。

なお、北葛城郡広陵町弁財天に式内社「櫛玉比女命神社」が鎮座しています。

また当地から生駒山地を挟んだ大阪府八尾市は物部氏の拠点であり、龍田越えを通して当地にも物部氏が居住した可能性はあると言えなくもないのでしょう。

ただ当社は先述のように長らく春日社として祀られていたため、そのような伝承が近世以降にまで残っていたかは疑問の残るところです。

神宝として慶長四年(1599年)の文書箱や寛文八年(1668年)の湯釜などが伝えられています。

 

境内の様子

当社は椹原(ふしはら)の集落の背後にあるひっそりとした谷筋の奥に鎮座しています。

この谷の奥に民家の長屋門のような建物が南向きに建っており、これが当社の入口となっています。

外からは鳥居や灯籠といった神社を思わせるものが一切見えず、初見ではそこが神社であるとは全くわかりません。

 

この長屋門のような建物をくぐり裏側から見たところ。瓦葺の平入切妻造で、桁行五間で東から二間目が通路となっています。

形式としては通路が東に寄った割拝殿で、神門を兼ねたものといったところでしょうか。当社では「門屋」と呼んでいるようです。

この「門屋」によって外界と境内を完全に分離しており、厳密に場を限るという意味で信仰上の機能においても重要な役割を果たしています。

 

御櫛神社

御櫛神社

「門屋」の通路をくぐって正面に朱塗りの両部鳥居が建ち、その奥の石段上に社殿が南向きに建っています。

拝殿は桟瓦葺の平入切妻造。

 

鳥居の右側(東側)に手水舎があります。手水鉢は宝暦十三年(1763年)に奉納されたもの。

手水鉢には「□宮大明神」と刻まれており、最初の文字は「T」を上下逆にしたようなもので、簡易な字ながら解読不能です。

 

拝殿前に配置されている狛犬。

案内板に「土製の狛犬(寛政五年(一七九三))」があると書かれていますがこれのことでしょうか?

そもそも「土製」とは土を成型して焼き上げた土器のことと思われますが、これが土器とはちょっと思えません。(筆者には砂岩製に見えます)

少なくとも岡山県を中心によく見かける備前焼の狛犬などとは全く異なるように思います。

これとは別に「土製」の狛犬があるのかもしれません。

 

拝殿後方の石垣上に朱鳥居が建ち、その奥に本殿が建っています。

本殿は銅板葺で赤の塗色が施された春日見世棚造ですが、舟肘木や千木に雲形の飾りが設けられるなどところどころで凝ったものです。

 

本社本殿の右側(東側)に隣接して境内社が南向きに鎮座しています。社名・祭神は不明。

こちらも銅板葺で赤の塗色が施された春日見世棚造ですが、本社本殿と比べれば若干簡素な造りとなっています。

 

本社拝殿の左側(西側)にも境内社が南向きに鎮座しています。こちらも社名・祭神は不明。

屋根も含めて全て木造の小さな春日造風の祠が覆屋に納められています。

傍らには瓦製の蝋燭を立てるためのもの(?)が置かれており、珍しいものです。

 

境内の西側の斜面を上っていくと祠があり、岩石が納められて祀られています。詳細不明。

 

「門屋」の右側(西側)に神庫があります。

大して大きくない当社に数々の神宝が伝えられているのはしっかりとした神庫があったからなのでしょう。

 

当社から集落方面を望んだ様子。

集落から離れた背後の地にあると共に、その向こうには竜田川が大和川に合流する奈良盆地が広がっています。

 

タマヨリ姫
外側からだと神社に見えない!なんか普通の民家みたいだね!
初めて訪れたら戸惑うわね。でも「門屋」をくぐれば立派な神社よ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「御櫛神社 平群町椹原」

+ 開く

御櫛神社 平群町椹原

御櫛神社は椹原大字の氏神で、『延喜式』神名帳に記載されている式内社。

現在の祭神は天児屋根命であるが、古記録には豊玉比咩(日本惣国風土記)、玉櫛姫(特選神名帳)等の地域色の強い神の名がみえ、中世に主祭神が変わって春日神社となっていたとみられる。

立地場所から村の後方の谷沿いに、農業用水を守る神として祀られたと考えられる。

入り口の門屋を入ると広庭につながり、右に絵馬殿、正面に割拝殿があり、その奥に本殿が鎮座する。

宝物には、慶長四年(一五九九)の文書箱や寛文八年銘の湯釜がある。土製の狛犬(寛政五年(一七九三))は平群町では珍しいものである。 石造物では宝暦十三年(一七六三)の手水石や宝永七年(一七一〇)の石灯篭等が奉納されている。

山間地の古社として、立地や祭神の変化がその歴史を忍ばせている。

 

地図

奈良県生駒郡平群町椹原

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.