1.奈良県 2.大和国

神岳神社 (奈良県生駒郡斑鳩町神南)

社号 神岳神社
読み かみおか
通称
旧呼称 牛頭天王 等
鎮座地 奈良県生駒郡斑鳩町神南4丁目
旧国郡 大和国平群郡神南村
御祭神 大己貴神、須佐之男神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月中旬土曜日

 

神岳神社の概要

奈良県生駒郡斑鳩町神南4丁目に鎮座する式内社です。

社伝によれば、聖徳太子が飛鳥より産土神をこの地に勧請し、太子の勅願所として祭祀されたと伝えられています。

聖徳太子が飛鳥より勧請した神が如何なる神であったかは不詳。

この伝承も聖徳太子に仮託して後世に付会されたものと思われ、当社の鎮座する「三室山」を神体山として神を祀った素朴な信仰が当社の始まりであると考えられます。

三室山は竜田川が大和川に流入する地点に聳える標高82mの小さな丘です。

当地の地名「神南」も現在は「じんなん」と読みますが、一説にこれは「神奈備(かむなび)」が転訛して「神南(かむなみ)」となり音読みとなったものとも言われています。

 

当社の西方、立野南地区に鎮座する「龍田大社」も背後の山を同様に「三室山」と称し、同社のすぐ南方に境外末社として「神南備神社」が鎮座しています。

『万葉集』に詠まれたいくつかの「神名備」およびそれとセットで詠まれる「磐瀬の杜」とは一般に龍田大社境外末社の「神南備神社」とされていますが、これを当社に求める説もあります。

「三室(みむろ)山」とは大神神社の鎮座する三輪山の別名である「御諸(みもろ)山」と同根であり、神の宿る山を指します。

大和川に沿って当社および龍田大社背後の二ヶ所に「三室山」があることになります。

大和川を奈良盆地における重要な交通路とした場合、水流の安寧や舟運の安全を司る神の鎮座すべき神がこうした山々だったのかもしれません。

 

中世以降は当社は牛頭天王を祀るようになり、明治の神仏分離により仏教的な神である牛頭天王から神道の神である「須佐之男神」へと祭神を変えて祀っているようです。

 

境内の様子

当社への道は複数あり、今回は集落のある三室山の南方から参拝します。

三室山の南方に当社の社号標があり、この道から参拝することができます。が、こちらの道は車道であり、当社の鳥居へは通じていません。

 

当社の鳥居へは先の道の一本東側にあるこの狭い道を通っていくことになります。

わかりにくい道ですが、徒歩での参拝ならこちらがオススメです。

 

神岳神社

この道を進んでいくと三室山のこんもりとした森の中に鳥居が建っているのが見えます。

 

石段の上に鳥居が南東向きに建っており、ここが当社の境内入口です。

鳥居の先は北東から南西にかけて広い空間となっています。

 

鳥居をくぐって左側(南側)に手水舎があります。

 

神岳神社

神岳神社

鳥居をくぐって右側(北東側)に社殿が南東向きに建っています。

拝殿は桟瓦葺の平入入母屋造で妻入切妻造の向拝の付いたもの。朱などの極彩色が施されています。

拝殿の前の空間は斜面が迫っていて非常に狭く、正面から写真を撮ることは困難です。

 

拝殿前の狛犬。砂岩製で目のくぼんだイカツイ表情。注連縄が掛けられています。

 

神岳神社

拝殿後方に笠木付きの朱塗りの神明造があり、その奥の斜面上に本殿が建っています。

本殿は銅板葺の一間社春日造で朱の施されたもの。文化財等には指定されていませんが江戸時代初期の建築と推定されています。

全体が塀で覆われており固く守られている印象。

 

本社拝殿の左側(南西側)に「稲荷神社」が南東向きに建っています。御祭神は「稲荷大神」。

ほんの小さな祠が覆屋に納められています。

 

境内の南西端には「市杵島神社」が南東向きに鎮座しています。御祭神は「弁財天神」。

社殿は銅板葺の春日見世棚造。

 

稲荷社と市杵島神社の間に絵馬殿が建っています。桟瓦葺の平入切妻造。

中には昭和後期から平成初期にかけての絵馬がびっしりと掲げられています。

 

南側から境内全体を見た様子。

奥の社殿の建っているところは狭い一方、手前側は広い空間になっています。

かつて神宮寺として神南寺観音堂があったと言われ、この辺りにあったのかもしれません。

 

三室山は散策道が整備されており、山頂には三室山と関係の深い「能因法師」の供養塔とされる五輪塔があります。

能因法師は平安時代中期の歌人で、神南集落の三室堂に住んでいたと伝えられています。

案内板「三室山と能因法師」

+ 開く

三室山と能因法師

三室山は、竜田川と大和川との合流に近い龍田川右岸にある小高い丘で、標高約82メートル。県立竜田公園の一部に含まれ、桜の名所として知られ町のいこいの場となっている。

古く「みむろ」「神南備」は、神のおられる場所とされている。一説によれば、聖徳太子が斑鳩の宮にうつられたとき、飛鳥の神南備をこの三室山にうつされたという。

また、竜田川は古くから紅葉の名所として知られ、在原業平や能因法師などの歌人に多く詠まれている。

山頂の五輪塔は、平安時代中期の歌人・能因法師の供養塔と伝えられている。この五輪塔は、公園整備をする際に転移された。

いい伝えによれば能因法師は、下方の神南集落の三室堂に住んでいたといわれ、三室山へはしばしば遊びに来ていたという。

嵐吹く 三室の山の もみじ葉は たつ田の川の 錦なりけり 『後拾遺集・巻5』能因法師

≪通訳≫

山嵐が吹きあらす三室の山の紅葉は、それが散り落ちて竜田川の水面の流れ、錦織るになるのだなぁ。

*能因法師(988-1052)

平安中期の歌人で、中古36歌仙の一人でもある。26歳頃出家し、甲斐・陸奧・伊予などの各地を旅し、独自の歌境を深める一方、皇族などの歌合せにも出詠するなどした。

 

タマヨリ姫
神様のおられる丘の神社だから神岳神社って名前なのかな?
おおむねそうなんじゃないかしら。当社の鎮座する「三室山」は神様の宿る山としてよく付けられる名前よ。龍田大社の背後の山もそうね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「延喜式内 神岳神社の由緒」

+ 開く

延喜式内 神岳神社の由緒

摂社 大己貴神

境内 末社 市杵島弁財天
末社 稲荷神社

当神社は法隆寺の西南にあたる三室山の中腹に位置し古代は社殿などの建造物はなく自然の森や山を神地としての信仰であったといわれている。

聖徳太子は飛鳥より産土神(神名不詳)をこの地に安置し、 太子の勅願所として祭祀されていたがいつしか祭神は須佐乃男命を奉祀している。

須佐乃男命は別名を「牛頭天王」と呼び、内陣鳥居前には「牛頭天王社」と刻んだ 四基の 石灯篭がその歴史を今日に伝承させている。

旧村社、神岳神社は延喜式神名帳巻九(延長五年)に平群郡神岳神社と、また大和国平群郡神社明細帳(明治十二年七月調)にも社格を明記されている。

この社殿を構えるにあたり、拝殿より一段高い所に小規模の社殿は一間春日造り(春日大社と同じ) の桧皮葺(老朽化により昭和六十一年銅板葺に改修)で身舎は円柱で前後に二分し、四面に 花鳥の透彫蟇股を組み随所に極彩色を施してる。組物は出三斗組で二軒繁棟木をうけている。向拝部は一間とし中備に蟇股を入れ身舎間は繁虹梁を用いず 手挟みで納めているのは 小規模な社殿としては類例が少ない。

縁は跳高欄とし、登高欄、袖高欄とも宝珠仕舞としてまとめてある。

向拝垂木のほか浜床部分の壁板等一部の補修はしてあるが殆ど構造時の部材を残し木鼻、虹梁、 蟇股の絵様及び構造形式よりみて江戸時代初期を下らない構造物であるとの学者説である。

なお、古文書によれば境内地には神佛が習合する神宮寺の神南寺観音堂(通称上ノ堂ともいい今も残っている小字上ノ堂の意味)があったが、神佛分離令によって本尊地蔵菩薩、聖観音菩薩の佛像は神南融念寺(恵宝殿)に安置されている。堂跡地とみられるあたりから「神南寺」 と刻印した屋根瓦片の出土があり保存していることを縁起にあわせて附記する。

平成十六年十一月吉日
神岳神社委員

 

地図

奈良県生駒郡斑鳩町神南4丁目

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.