1.奈良県 2.大和国

御霊神社・落杣神社 (奈良県五條市黒駒町)

社号 御霊神社・落杣神社
読み ごりょう・おちそま
通称
旧呼称
鎮座地 奈良県五條市黒駒町
旧国郡 大和国宇智郡黒駒村
御祭神 井上内親王、大山祇命
社格 式内社
例祭 10月23日

 

御霊神社の概要

奈良県五條市黒駒町に鎮座する神社です。「御霊神社」と式内社の「落杣神社」を相殿として祀っています。

落杣神社」の創建・由緒は詳らかでありません。

当社は吉野川に突き出すような丘の北端に立地していますが、この丘の北東の崖下に巨岩があり、落杣神社はそれを磐座として祀っていたと伝えられています。

落杣神社は明治年間に丘の上に鎮座していた御霊神社の相殿として祀られることとなり、旧地である崖下の岩石には現在は「岩境大明神社」の小祠があるのみとなっています。

旧地の岩石のすぐ側に七世紀初めに築造された円墳の「黒駒古墳」があり、当社との関係性が考えられるかもしれません。

また、黒駒地区の西側に隣接して阪合部町があり、境界の画定に携わった氏族とされる坂合部氏が当地に居住していたことが考えられます。この岩石もまた境界、すなわち文字通り「磐境(いわさか)」であったとされていた可能性も考えられます。

しかしながら、落杣神社についての詳細は一切不明と言わざるを得ません。

 

一方の「御霊神社」は霊安寺町に鎮座する「御霊神社」から嘉禎四年(1238年)に勧請された神社です。

『続日本紀』によれば、光仁天皇の皇后である井上内親王は讒言により御子の他戸親王と共に宇智郡(五條市北部)に流罪となり、幽閉先で他戸親王と共に薨去したとあります。

これ以降に天変地異が頻りに発生し、これは井上内親王らの祟りであるとして恐れられ、いわゆる御霊信仰の一環として京都の「上御霊神社」で祀られた他、配流先であり薨去の地である宇智郡においても「霊安寺」(現在は廃寺)および「御霊神社」で祀られました。

その後宇智郡内ではこの御霊神社への信仰が非常に盛んになり、嘉禎四年(1238年)に当地の豪族である吉原氏と牧野氏の間で論争が発生し、これをきっかけに各地に勧請されることとなりました。この最初に勧請された11社の一つが当社です。

社伝によれば、当社の勧請の際、当初は吉野川の対岸の犬飼村へ勧請する予定だったものの、黒駒の落杣神社のあたりで御神体を載せた馬が動かなくなり、これはこの地で祀るべしとの神意であろうとして当地に祀られることとなったと伝えられています。

また現在は神像を御神体としていますがかつては箒が御神体だったと言われ、神籬として箒に神が宿ると考えられたことが推測されます。各地に妊婦の腹を箒で撫でると安産であるとする伝承があり、箒は神性を帯びた呪具としても信仰されるものです。当地でもそのような伝承があったのかもしれません。

 

現在の御祭神は「井上内親王」「大山祇命」の二柱です。前者は御霊神社、後者は落杣神社の御祭神のようです。

 

境内の様子

当社は吉野川の左岸側(南側)、北側へ突き出している丘の上に鎮座しており、崖や川を背にして立地しています。

 

境内入口の右側(東側)に「国御柱神」「天御柱神」が西向きに祀られています。国御柱神・天御柱神といえば「龍田大社」に祀られている神ですが、何故ここで祀られているのかは不明。

社殿は銅板葺の流見世棚造。

 

黒駒 御霊神社 落杣神社

黒駒 御霊神社 落杣神社

参道を進んでいくと正面に朱塗りの両部鳥居が南向きに建っています。

二つの扁額が掲げられており、左は「御霊宮大明神」、右は「落杣神社」と揮毫されています。

 

鳥居の手前左側(西側)に手水舎があります。

 

黒駒 御霊神社 落杣神社

鳥居をくぐると非常に広い空間になっており、まっすぐ伸びた石畳の先に社殿が南向きに並んでいます。

拝殿は銅板葺の平入切妻造に妻入入母屋造の向拝が設けられたもので、桁方向に異様に長い建築となっています。

 

拝殿前に配置されている狛犬。花崗岩製です。

 

黒駒 御霊神社 落杣神社 本殿

拝殿後方に玉垣に囲まれて銅板葺の一間社流造の本殿が建っており、その手前側には朱鳥居が建っています。

本殿は朱などの極彩色が施されている他、壁には瑞鳥や龍などの絵が描かれており、豪華絢爛なものとなっています。

この本殿は延宝八年(1680年)の造営で、桃山様式も見られるもので、奈良県指定文化財となっています。

 

本殿の左側(西側)に三社、右側(東側)に四社の境内社が南向きに並んでいます。社名を示す札があるものの、写真からは読み取れずどれがどの神社であるかは不明。

社殿は左端の神社が銅板葺の流見世棚造である他は全て銅板葺の春日見世棚造です。

 

拝殿前の右側(東側)に三社の境内社が西向きに並んでいます。左側(北側)から次の神が祀られています。

  • 八幡大神
  • 菅原大神
  • 日吉大神

社殿はいずれも銅板葺の春日見世棚造。

 

社殿の右側(東側)から崖下へ下りる石段があり、その下にある巨岩の傍らに「岩境大明神社」が東向きに鎮座しています

社殿は銅板葺の春日見世棚造。

この地は落杣神社の旧地であると伝えられ、巨岩を磐座として祀っていたと考えられます。現在は落杣神社は御霊神社の相殿として祀られているものの、現在も「岩境大明神社」が小祠として祀られており、神の地であるとする信仰は失われていないようです。

 

岩境大明神社へと下りる道の途中に七世紀初めに築造されたと考えられる円墳「黒駒(くろま)古墳」があり、当地で産する結晶片岩を積み上げた横穴式石室が開口しています。

その構造から奈良盆地よりも紀ノ川下流域の影響の強い古墳と考えられてます。

墳丘は直径約10m、高さ約3m。それほど大きな古墳ではありませんが、当社の信仰に関わる人物の墓だったかもしれません。

案内板「五條市指定史跡 黒駒古墳」

+ 開く

五條市指定史跡 黒駒古墳

五條市黒駒町

北に吉野川を見下ろす丘陵の東斜面、標高120m付近に位置します。鎮守の杜の古墳として古くから知られていましたが、1998年、台風7号により墳丘上の樹木が倒れて半壊したため、1999~2002年度に発掘調査と整備工事を行いました。

墳丘は直径約10m、高さ約3mの規模をもつ円墳です。築造に際しては、傾斜地の広い範囲を岩盤層まで掘り下げ、用地と石材・土を確保していたようです。この造成の結果、古墳の北側から西側にかけての斜面は、墳丘の背後に屏風のようにそびえています。

埋葬施設は南に開口する両袖式の横穴式石室で、当地で産出する結晶片岩を積み上げて造っています。棺を納める玄室は長さ3.0m、幅1.7m、高さ2.0mあり、玄室への通路となる羨道は長さ3.1m、幅1.2m、高さ1.1mあります。玄室の入口(袖)には大型の板石を柱状に建てて玄門とし、羨道壁面より内側に突出させています。このような構造は奈良盆地では見られず、紀ノ川下流域の石室の影響がうかがえます。

石室内は盗掘を受け手いましたが、鉄鏃2点・須恵器4点・須恵質陶棺片2点が出土しました。陶棺片には線刻画が描かれており、馬の絵ではないかとする見方もあります。

須恵器の形式から、古墳は7世紀初めに築造されたものとみられます。五條市内では数少ない横穴式石室をもつ後期古墳として、2003年に五條市指定文化財(史跡)となり、石室の天井と壁面上部の石を積み直して築造当時の姿に復元されました。

五条市教育委員会

 

一方、境内から150mほど南方に「招魂社」が東向きに鎮座しています。

鳥居が建ち、玉垣に囲まれて銅板葺の一間社流造の社殿が建っています。

 

当社に属するものかは不明ですが、招魂社の左側(南側)に隣接して鐘楼が建っています。かつて神宮寺があったのでしょうか。

 

タマヨリ姫
この辺りって御霊神社がとっても多いんだね!
そうね。勧請されたのはいずれも中世以降だけど、その中でも当社は式内社が相殿として祀られてるのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「御霊神社・落杣神社縁起」

+ 開く

御霊神社・落杣神社縁起

鎮座地
御霊神社

五條市黒駒町三七六番地鎮座

落杣神社

五條市黒駒町三七五番地鎮座

落杣神社は[延喜式内社]にして、御霊神社の右、境内山林斜面を降ると古墳有り、その下の巨岩の前に鎮座す。近年に至り、御霊神社に合せ祀る事となった。

御祭神
本殿

井上内親王 聖武天皇の皇子・光仁天皇の皇后。後、皇后を廃され、冤罪を蒙り宇智郡没官の宅にて暗殺され、他戸親王と共に逝去されたと伝えられる。

大山祇命 大山祇命は、伊邪那岐命・伊邪那美命二神の御子。多くの山の神を総覧する山の神。古代、土地を支配していた豪族阪合部連が崇敬した海上守護神・農神・武神・木の神。

井上内親王の御事
御生誕

井上内親王は、聖武天皇の皇女として養老元年(七一七)御生誕。御母は、県犬養宿禰広刀自。

斎王

養老五年、斎王に選ばれ、十一才にして神官に出仕。天平十七年、任を解かれ、帰京される。

御結婚

白壁王とご結婚・天平宝字五年、他戸親王御生誕。

立皇后

宝亀元年(七七〇)白壁王即位。第四九代光仁天皇である。従って、井上内親王も皇后になられる。翌年、他戸親王も皇太子になられる。

廃皇后

当時、政権を握る藤原百川朝臣は、逼迫した財政を立て直す為、井上皇后、他戸皇太子の失脚を謀り、宝亀三年、巫蠱の罪により、皇后・皇太子を廃し、さらに、宝亀四年、井上内親王母子を厭魅の罪により、大和国宇智郡没官の宅に流罪、幽閉す。配流の途次、宇智の地に至り、火雷大神をお生みになったと伝えられる。

御逝去

宝亀六年、(七七五)四月二五日(二七日の説あり)井上内親王(五九歳)他戸親王(一五歳)にして、母子同日逝去、暗殺されたと伝えられる。

御霊会

その後、都に、天災相次ぎ、悪疫流行した為、朝廷は、内親王母子の霊魂の祟りと恐れ、都では御霊会を営み、墳墓を改葬する等して慰霊に勤めるも異変続く。

霊安寺と御霊本宮の創建

延暦十九年(八〇〇)七月、葛井王、下向し、内親王を皇后の位に復し、御墓を陵とし、霊安寺を建立して御霊を安め奉る。御霊本宮の創建年代は不詳なれど、霊安寺建立とともに御霊本宮も創祀せられたと考えられている。

本社の創建

霊安寺御霊本宮より、宮分けにより、嘉禎四年(一二三八)当地に分祀される。

宮分け

御霊本宮は、宇智郡一円が氏子であったが、四条天皇、嘉禎四年、豪族吉原・牧野両氏の論争に起因し、宮分けに発展したと伝えられる。論争の内容は不詳。当初、十社に、徐々に、宮分けが進み、最後に慶安四年(一六五一)に至り、野原に分社。四百年余の間に、二十余社の御霊神社が、宇智郡内(現在の旧五條市)に分祀された。

宮分伝説

「阪合部郷の村役が、ご神体を駒の鞍につけ、黒駒の里にさしかかると駒は足を止めて動こうとはしない。御霊さんは、此の黒駒の森がお気に召されたと信じ、当初、犬飼に祀る予定を変更し、落杣神社の森に祀った。」と伝えられている。

文化財
本殿

一間社流造。桃山様式。延宝八年(一六八〇)造営。棟札五枚も併せ指定される。県指定文化財。

氏子
阪合部地区

○中町
○黒駒町
○大野町
○樫辻町
○山陰町
○表野町
○大津町
○火打町
○田殿町
○大深町
○相谷町
○上野町
○犬飼町
○大平町

祭典

☆例祭 十月二十三日。中町御旅所(稲荷神社)に神輿渡御あり。現在は十月第四日曜日斎行。
☆新嘗祭 十一月二十三日
☆元旦祭 元日斎行
☆祈年祭 二月中旬斎行
☆月次祭

平成二十三年十月吉日 本殿修復工事竣工を祝しこれを建つ。

御霊神社・落杣神社 社務所

 

地図

奈良県五條市黒駒町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.