1.大阪府 2.河内国

金山彦神社 (大阪府柏原市青谷)

更新日:

社号 金山彦神社
読み かなやまひこ
通称
旧呼称 八大金剛童子社、山王権現 等
鎮座地 大阪府柏原市青谷
旧国郡 河内国大県郡青谷
御祭神 金山毘古神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月25日

 

金山彦神社の概要

大阪府柏原市青谷に鎮座する式内社です。雁多尾畑の金山媛神社と対になる神社です。

当社の鎮座する青谷地区は、大和川の流れる麓から生駒山地の南端をやや登ったところにある山間の集落です。当社の創建や由緒は詳らかでありませんが、当社や金山媛神社の周辺は鉄滓が採取されるといい、かつて当地付近で製鉄が行われていたことがわかります。当社や金山媛神社は古代において製鉄に従事した集団が祀ったものと思われます。

社伝では当初は嶽山の嶺に鎮座したが中世に現在地に遷ったと伝えています。嶽山というのがどこを指すのか不明ですが、近隣の山のようです。雁多尾畑の高地には御座峰と呼ばれる龍田大社所縁の地があり、風は製鉄に必要な要素であったことから、当社を奉祀していた製鉄集団は風神を祀る龍田大社の祭祀にも関わっていたのかもしれません。

当地の西側、高尾山の麓には鐸比古鐸比賣神社があり、また天湯川田神社も天湯河板挙が製鉄に関する人物だとする説があり、大県郡には製鉄に関する神社が多く分布しています。

 

境内の様子

境内入口。境内は比較的広く、緑に囲まれています。

 

鳥居をくぐると右側に手水舎があります。

 

境内を進んでいくと石垣の上に南向きの社殿があります。拝殿は平入の入母屋造りで割拝殿となっています。屋根が低く安定感のある印象。

 

拝殿前の狛犬。真新しいもので、たてがみが立派です。

 

奥の空間へは入ることが出来ず、わかりにくいですが本殿は春日造のようです。

 

当社では1998年に古代の製鉄実験と刀鍛冶の実演が行われ、27kgの鉄を得ることができたようです。拝殿にはその時に使ったたたら炉の跡が展示されています。

 

社殿の右側(東側)には二棟の境内社が鎮座しています。左側は「廣光稲荷大明神」、右側は「龍王神社」です。龍王神社は「じょうさん」とも呼ばれているようです。

 

当社の鎮座する青谷という地は、生駒山地の南端から信貴山方面へ登る途中にある山間集落です。多くの民家が斜面にへばりつくように建っているのを見ると、こんなところによく集落を作ったものだと思わされますが、実はまだ序の口。ここからまだまだ山の上の方に雁多尾畑、本堂といった集落があるのです。見るからに農耕に不向きな土地のように思えますが、古代の竜田道に沿っているとしても、どうしてこのような集落が形成されたのか不思議に思います。

 

青谷地区には室町時代末期の磨崖仏が祀られています。河内と大和を結ぶ道として往来する人を見守ってきたことでしょう。

案内板「磨崖 地蔵菩薩立像」

+ 開く

磨崖 地蔵菩薩立像

谷尻地蔵尊

この像は国分-青谷-雁多尾畑を結ぶ古道に露出した巨石を削り、地蔵菩薩像を浮彫にした磨崖仏です。像高一〇八センチ。像容は右手に錫杖、左手に宝珠を捧持した声聞、立像形。頭部は比較的大きく、肩部はがっちりとした形態に造られ、衣文は蓮台まで延びて美しいリズムを刻んでいます。蓮台は岩壁の表面に蓮座を線彫しています。また像を岩壁から削り出した際のノミ痕が恰も美しい光背のように残り、本像の大きな特徴となっています。「元亀三年壬申十一月吉日□阿」と銘刻され、室町時代末期の一五七二年に造像されたことがわかります。

一九九〇年三月

柏原市教育委員会

 

由緒

案内板「金山彦神社略記」

+ 開く

金山彦神社略記

御祭神

金山毘古神

金山彦神社はおよそ千数十年前(醍醐天皇延長五年)の平安時代に制定された延喜式神名帳に登載された式内社です。

御祭神の金山毘古神は、およそ千三百年前(元明天皇和銅五年)に太安万呂によって書かれた古事記によりますと、伊邪那伎、伊邪那美、二柱の神様よりお生まれになったと記されています。

この神様は古代、嶽山の嶺に奉祀されておりましたが中世にいたり、今の場所に遷座されました。かつては山王権現、八大金剛童子社とも称されたこともありましたが、明治八年、金山彦神社と改められました。

古代、当地の嶽山・竜田山を中心とする地域は製鉄業で栄えていましたので、製鉄の守護神として奉祀されたのがはじめではないかと思われます。北方の高地は製鉄を営むのに最も適した風か得られるところで、風神をお祀りしたと思われる風神降臨の聖地として御座峰が伝承されています。

文化発展の上からこの地方の製鉄を考えてみると、鉄の重要性が増してきた弥生時代後期より応神河内王朝に至るまで続けられ、多くの富を人々にお授け下さった御神徳は偉大なものがあります。この神様は火の神様との御関係が深く、炊事を司る婦人の健康と安金を、加えて近年では鉄工、金属業、農土木産業、金融業や火に携る諸事の安全と繁栄をお守り下さる神様でもあります。

今も尚、当地の氏神様として、その信仰は脈々と受け継がれ、御神名、金山の名の通り黄金の山の如き富と幸福をお授け下さる事を信じ、各地より参詣する人々も多く、毎年の例大祭には、地車の巡行もあり、華やかな賑わいを見せております。

柏原市青谷 金山彦神社

案内板「古代たたらの復元」

+ 開く

古代たたらの復元

平成一〇年一一月六・七日、この金属の神を祀る金山彦神社の境内で、古代の製鉄実験と刀鍛冶の実演が行われ、一〇〇〇人ほどの参加者・見学者がここに集いました。

製鉄実験は国選定保存技術保持者の木原明村下や山本祐忠刀匠の指導で行われました。高さ一メートルほどの円筒型の「たたら炉」が築かれ、細かく砕いた鉄鉱石砕片の投入や送風など一昼夜かけて作業が行われた結果、炉の底に二七キロの鉄塊を得ることが出来ました。刀鍛冶の実演では刀鍛冶の炉(ホド)が築かれ、河内國平無鑑査刀匠によって日本刀の鍛錬作業が行われました。

なお神社の拝殿には、鉄塊を取り出す際に壊された「たたら炉」の一部が展示されています。

二〇〇八年三月

柏原市教育委員会

『河内名所図会』

+ 開く

金山孫神社

延喜式内。古は青谷村の山頂にあり。旧跡に老松あり。八大金剛童子社と称す。この地の土生神とす。

 

地図

大阪府柏原市青谷

 

関係する寺社等

金山媛神社 (大阪府柏原市雁多尾畑)

社号 金山媛神社 読み かなやまひめ 通称 旧呼称 山王、天王、八大金剛童子社 等 鎮座地 大阪府柏原市雁多尾畑 旧国郡 河内国大県郡雁多尾畑村 御祭神 金山毘売神 社格 式内社 例祭 7月25日 式 ...

続きを見る

鐸比古鐸比賣神社 (大阪府柏原市大県)

社号 鐸比古鐸比賣神社 読み ぬでひこぬでひめ 通称 旧呼称 高尾大明神、比賣春日御前 等 鎮座地 大阪府柏原市大県 旧国郡 河内国大県郡大県村 御祭神 鐸比古命、鐸比賣命 社格 式内社、旧郷社 例祭 ...

続きを見る

大狛神社 (大阪府柏原市本堂)

社号 大狛神社 読み おおこま 通称 旧呼称 山王権現、富士権現 等 鎮座地 大阪府柏原市本堂 旧国郡 河内国大県郡本堂村 御祭神 大狛連祖 社格 式内社、旧村社 例祭 10月25日 式内社 河内國大 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.