1.大阪府 2.和泉国

泉井上神社 (大阪府和泉市府中町)

更新日:

社号 泉井上神社
読み いずみいのうえ
通称
旧呼称 井八神社、井戸ノ森八幡宮 等
鎮座地 大阪府和泉市府中町
旧国郡 和泉国和泉郡府中村
御祭神 神功皇后、仲哀天皇、応神天皇 他45柱
社格 式内社、旧府社、和泉国総社
例祭 10月10日

 

泉井上神社の概要

大阪府和泉市府中町に鎮座する式内社です。

当社の創建は詳らかでありません。社伝によれば、神功皇后が三韓征伐の折、当地に立ち寄ったところ一夜にして泉が湧いたのでこれを霊泉とし行宮を設け、後に神社が創建されたと伝えられています。

この泉は現在は涸れており全く形跡がありませんが、「和泉国」の由来になったと言われており、豊臣秀吉も茶の湯にこの泉の水を用いたと伝えられています。当社の社名もこの泉を井として名付けられたものと思われ、本来は泉を守る水神が祀られていたのかもしれません。

当社(泉井上神社)は後述の和泉国総社と境内を共有し、また式内社の和泉神社も境内に鎮座していますが、この三社の関係は複雑な歴史を辿っています。和泉国の前身である和泉監が設置された際に泉井上神社に隣接して和泉国総社が創建されましたが、いつしか和泉国総社が本社として祀られるようになり、また和泉神社は泉井上神社の境内と接続した御館森というところに鎮座していました。『和泉名所図会』の挿絵には府中社(和泉国総社)を本社としてその右側に八幡の社殿が描かれ、これを泉井上神社としています。明治三年(1870年)に天災に遭い泉井上神社は和泉国総社に一旦合祀されました。この頃は和泉神社が社地の2/3、和泉国総社が社地の1/3を占めていたようです。明治二十八年(1895年)に再び泉井上神社が分離して社殿新築、明治四十一年(1908年)に泉井上神社が本社となり、和泉国総社と和泉神社を摂社としました。

このようにどういうわけか明治年間に三社の主客が頻繁に入れ替わったようで、当地が古い神域なのは間違いないですが、泉井上神社が本社となったのはここ100年のことのようです。

 

和泉国総社

泉井上神社の境内の北東側に鎮座しています。先述の通り、元は当地における本社でしたが今は泉井上神社の摂社となっています。

総社とは、その国において祀られる官社を合祀した神社のことです。律令制では国司が新しく着任すると国内の官社を参拝することになっていましたが、平安時代中頃から国府の近くに総社を置き、国内の官社への参拝を省略するようになりました。

ただ、社伝ではこれよりずっと早くに創建されたと伝えられ、霊亀二年(716年)河内国から大鳥郡・和泉郡・日根郡を分割して「和泉監」(和泉国の前身)が設置された時に当社が創建され、和泉五社を勧請したとしています。

当社は泉井上神社に隣接して創建されましたが、いつしかこちらが本社とされるようになったようです。社殿も慶長十年(1605年)に豊臣秀頼が片桐且元に命じて造営したものが現存しており、国指定重要文化財となっています。

現在は泉井上神社の摂社となっているものの、立派な社殿を持つ威厳ある神社として今も佇んでいます。

 

和泉神社

和泉国総社の本殿のある空間に境内社として鎮座している式内社です。

当社の創建、由緒、御祭神は詳らかでありません。一説に当地が「珍県主」の勢力範囲であったことからこの氏族が祖神を祀ったのではとも推測されています。『新撰姓氏録』和泉国皇別に豊城入彦命の三世孫、御諸別命の後裔であるという「珍県主」が登載されています。根拠の薄い説ですが、当社南東の府中遺跡で「珎縣主廣足(ちぬのあがたぬしひろたり)」と書かれた瓦が出土しており、この氏族が居住していた可能性は高いと考えられます。

当社は本来は泉井上神社(かつては和泉国総社)に隣接した御館森というところに鎮座しており、明治年間には社地の2/3を占めるほど大きな神社だったようですが、泉井上神社の御旅所であったことから主客が逆転して現在は泉井上神社の境内社となっています。

御館森がどこにあったかは不明ですが、泉井上神社の南東にある「御館山公園」の辺りでしょうか。

 

境内の様子

一の鳥居は境内の南東側に建っています。鳥居も灯籠も花崗岩製の白く輝く美しいもので、鳥居は延宝七年(1679年)、灯籠は宝暦九年(1759年)の建立です。

 

参道を升形状に進んでいくと二の鳥居が建ち、ここから境内へ入ります。

 

正面に南東向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに千鳥破風と唐破風が付いています。風薫る五月には拝殿前に躑躅が美しく咲き誇ります。

 

本殿は住吉造に似た妻入の切妻造となっています。

 

拝殿前に鎮座する祠は「喜田稲荷神社」。

 

拝殿前の手水鉢。当社はかつて「和泉国」の由来になったという泉がありましたが、現在は涸れて全く跡形もなく、境内の水場といえばここくらいです。

 

境内の北東側に摂社の「和泉国総社」が南西向きに鎮座しています。概要にも書いた通り、江戸時代にはこちらが本社とされていました。今でも泉井上神社と同格の規模で存在感を放っています。

拝殿は平入の入母屋造りに千鳥破風と唐破風が付いた割拝殿となっています。

 

瑞垣で囲われているため普段は見ることが出来ませんが、昔訪れた時に本殿を見せていただきました。檜皮葺の三間社流造で、慶長十年(1605年)に豊臣秀頼が片桐且元に命じて造営した貴重な建築。国指定重要文化財となっています。

 

和泉国総社本殿の空間に多くの境内社が鎮座しています。この中のどれかが式内社の「和泉神社」と思われますが、確認を忘れていました。

 

当社の位置関係を見てみるとこのようになっています。左が泉井上神社で右が和泉国総社。互いに向きが交わる「直交型」の配置です。

『和泉国名所図会』の挿絵は左側に社殿が無く、現在の和泉国総社の右側に並んで泉井上神社(当時は八幡)が描かれています。

 

参道の右側(東側)に北西向きに「勝手神社」が鎮座しています。

 

参道を挟んで向かい側、参道の左側(西側)にもやはり北西向きに境内社が鎮座しています。社名は不明ですが、ネット上には熊野神社であるという情報があります。『和泉名所図会』の挿絵にはこの場所にも池があり、弁天が祀られています。

 

境内の隅に畿内では珍しい板碑が建っています。正平三年(1348年)に建てられたもので、元は近隣の和泉寺跡にあったのを移したものです。大阪府指定有形文化財となっています。

案内板「石造板状塔婆」

+ 開く

大阪府指定有形文化財

石造板状塔婆

昭和四十五年二月二十日指定

砂岩製の板石で造られた塔婆で、一般には板碑とよばれ、供養追善のために建てられたものである。

上部の梵字はバク(釈迦)、マン(文殊菩薩)、アン(普賢菩薩)の釈迦三尊種字をあらわす。下部に刻まれている銘文は、ほとんど消えており判読できないが、わずかに正平三年五月(一三四八年)の年号は読め、南北朝時代のものであることがわかる。

もとは神社南方の和泉寺跡にあったものを昭和七年頃に現在地に移したものである。

府下では数少ない板状塔婆の中で特色ある形式を示しているものであるとして、大阪府文化財に指定されている。

平成十年三月

和泉市教育委員会

 

当社の南東に御館山公園があり、その隅に「和泉國府廳趾」と刻まれた石碑が建っています。この付近一帯は「府中遺跡」と呼ばれる弥生時代以降の遺跡で、奈良時代の文物も出土しており、和泉国府跡であるとも考えられています。

当社に遷座されている式内社「和泉神社」は御館森というところに鎮座していたとされています。正確な場所は不明ですが当地付近でしょうか。

石碑「和泉国由来 御館山国府庁跡」

+ 開く

和泉国由来 御館山国府庁跡

一、和泉地名の由来

仲哀天皇九年神功皇后が行啓なされた時、今の和泉国のある地中(現泉井上神社境内)に突然清水が湧きだし流れて河川となった、汲んで味わうと甘露のごとく人々は皆驚きこの霊泉湧出の地を泉郡と名付けたと伝承されている。

一、和泉国の創設

続日本紀に、元正天皇霊亀二年(七一六年)「三月癸卯割河内国和泉日根両郡令供珍努宮」又「夏四月甲子割大鳥、和泉、日根三郡始置和泉監」とあり河内国より三郡(大鳥・和泉・日根)を割って始めて和泉監と言う行政府を現在の和泉府中の地に置いた。

その後孝謙天皇の天平宝字元年五月(七五七年)には正式に国司をおいて国号を和泉国として後世に及んだ。又国司として紀貫之、凡河内躬恒、源順など著名な歌人が多く赴任してきた。

昭和六十二年十一月

和泉南ロータリークラブ

 

タマヨリ姫
和泉国の由来となった泉があったのに涸れちゃったんだ!めっちゃ残念。
そうね。でも和泉国総社があったり、和泉国府の跡とされるところが近くにあったりと、ここが和泉国の中心だったことは十分偲べるわ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「泉井上神社」

+ 開く

泉井上神社

当神社は井八幡社・井戸ノ森八幡宮と称されることもあり、国土守護神又殖産興業の神として御神徳を示す。

神功皇后・仲哀天皇・応神天皇のほか、神功皇后にしたかって朝鮮にわたった神々四十五座を加えた計四十八座を祭神とし、その神像四十八躯を蔵す。

境内の清水は神功皇后渡韓の途次、一夜にして湧出したので霊泉と名づけられ、国名の源となる。

のち王子神社・八幡神社・菅原神社・式内社和泉神社が合祀されていまにいたっているが、特に和泉国衙内の神社であるところから和泉の総社(大鳥・穴師・聖・積川・日根の五社合祀)が勧請されて国司以下官人の崇敬をあつめでいた、

総社本殿は慶長十年(西暦一六〇五)豊臣秀頼が建立したもので重要文化財に指定されている。

和泉市

案内板「泉井上神社境内社和泉五社総社本殿」

+ 開く

国指定重要文化財

泉井上神社境内社和泉五社総社本殿

泉井上神社は、「和泉」の地名の発祥となったと伝えられる「和泉清水」を祭っている神社である。

五社総社は、奈良時代に河内国から分離し、和泉国が設置された際、国府の所在地府中に、国内の五大社である大鳥、穴師、聖、積川、日根を総合して勧請し、参拝の便を図ったといわれている。

現在の本殿は、慶長十年(一六〇五)に、豊臣秀頼が片桐且元を奉行として再建したと伝えられるもので、国の重要文化財に指定されている。

正面桁行三間、身舎側面二間、屋根が一間分前へ延びて庇をなす。「三間社流造」と呼ばれる形式で、桧皮葺である。正面と両側面には縁を廻して組高欄を設ける。向拝位置は浜床を張つて半高欄を置き、五級の階段にも宝珠柱の立つ登高欄を設けている。また、内部は内外陣境を三枚の両開き板戸で分かつ。

主要部分は丹塗りで極彩色を施し、よく当時の様式を残しており、造営年期が明確な社殿として貴重である。

平成3年3月30日 和泉市教育委員会

案内板「和泉清水」

+ 開く

大阪府指定史跡

和泉清水

昭和五十二年三月三十一日指定

古くから「国府清水」または「和泉清水」とよばれ、霊泉として祭られるとともに、農業用水として周辺の農地を潤してきた泉である。

社伝によると、泉は、神功皇后の新羅出兵の際、一夜にして涌き出たことから霊泉として祭られるようになったという。

水は常に清らかに澄み、その味は甘露であるとして広くその名を知られ、豊臣秀吉も大坂城に運ばせて、茶の湯に用いたという。

ここは古来、和泉国和泉郡和泉郷とよばれた地であるが、「和泉」という地名も、また「泉井上神社」の社名もこの泉に由来すると伝えられている。

平成十年三月

和泉市教育委員会

 

地図

大阪府和泉市府中町

 


-1.大阪府, 2.和泉国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.